劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

雷に打たれる瞬間2018/05/14

平日の仕事終わりで撮影の打ち合わせ、
別の日は夜のテスト撮影、休日は人と会う予定だったり、
何らかの撮影だったり、GW明け以降バタバタと過ごしております。
こんにちは安藤です。

 

仕事に関しては連休前の駆け込み需要が多い職種なのですが、
趣味の写真活動の方は「連休明けたしそろそろ動こか」という人が多く、
なかなか息つく暇を与えてくれません。

 

SNSやブログを見ての撮影依頼はまだ無いのだけど、
馴染みの人や久しぶりの人からチラチラと連絡を貰っています。
やっぱり何かしら言葉に残したり、誰かの目に触れられるようアウトプットしてると良いことあるんかな?
とプラスの方向に捉えています。

 

現状最新ではこういう写真を撮っていますというポートフォリオを準備中。
まずはTwitterにて近日公開予定です。

 

 

忙しい日々が続くとどこかでガッツリと休息の時間をとらないと
スッカラカンになってしまう人もいて、僕も長年そっち寄りの人間だったけど、
ここ最近は割とバタバタしてる方が頭の回転や行動も速くなる傾向にあります。
イメージや考えを転がしやすい状態が出来てきているのかもしれません。

 

今回はこれが実現できたから次はこれをやってみたいとか、
今はこれが足りないから近いうちにこういうものが欲しいとか、
次はこういう雰囲気の写真を撮ってみたいとか、
熱が上がるのと一緒にお湯の沸くサイクルも速くなるような感覚。
脳から脊髄を通って指先までの神経が行き届いてくるあの感覚。

 

 

勿論いつも神経が冴え渡ってるという訳ではなくて、
良い考えが浮かんだりアイデアを閃くまでには、
いつもまとまった「寝かしつけ」が必要になります。

 

息つく時間に別のことを考えたり、Youtubeで動画を見たり、
音楽を聴いたり雑誌を読んだり、好きなものを食べたり、
仕事中に職場内をウロウロ歩いたり、夜には外を散歩したり、
その内にまた椅子に座って机に向かったり、人と話をしたり、
モニタを眺めて手を動かすのに飽きてウトウトしていると、
いつの間にかハッとイメージが降りてきたり。

 

突然雷に打たれたような感覚。
実際に雷に打たれたことは無いけれど、頭の中のモヤモヤに一撃が走って晴れ間が見える瞬間。
何かしら動きながら考え事をしていると必ず訪れる瞬間です。

 

 

日々のトレーニングを続けて、第一次、第二次ピークを迎えた後、
積み重ねたものを一旦ぐちゃぐちゃにして混ぜ合わせたり、
要素と要素を掛け合わせてもなかなか自然な仕上がりにならなくて、
イメージを心の片隅に置いたまま一旦放って寝かせておくと、
数日経った時にしっくりくる形になってひょっこり現れたりする。
今求めている丁度いい形に加工されて定着したりする。

 

もっと面白くしたい。今の自分の限界を打ち破りたい。
目標に向けてレベルアップしたい。ひとつ向こう側の感覚へ行ってみたい。
全て雷に打たれる瞬間を待つ人達の願いです。

 

日々の鍛錬を続けて、練って、捏ねて、
充分に寝かせた後に見えてくる景色があります。

 

新しい景色を見たくて、
今は僕も地面を這いずり回っています。
感覚としてはあともうちょっとだなー!

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 高知

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.