劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 高下徹士

人形遣いの夢2018/09/21

こんにちは。

 

音響をやるとフェダーやらアンプ、スピーカーにマイク、各種ケーブル類を。

大道具を組むと、ナグリやインパクト、カンナなどなど、大工道具を片っ端から揃えてしまいそうになる

凝り性な高下です。

 

 

いや本当に、現場で経験を積めば積むほどに

ここでアレがあったら…なんて感じるシーンも多くて

かと言って、備え付けやらなんやら、会場で用意されている機材には限りがあって

ほんなら自分で手持ちの機材を…

なんて気にもなるんですが、自分の持てる機材にも限りがあって、嗚呼ジレンマ!

なんて状況に陥ったりしている私です。

 

はてさて、そんな私は、他のメンバーもここのブログに書いていますが

10月7日に徳島のあわぎんホールで上演される舞台『曽根崎。情交』に人形浄瑠璃の人形遣い役として出演します。

ここのところの劇団の公演では舞台の裏方として、黒子に徹することも多かったのですが

今回は、舞台に立っても人形遣いという黒子役でございます。

 

正直、自分の中で「人形遣い」って今回の芝居で触れるまでは

↓みたいな西洋のマリオネット的なイメージしかありませんでした

 

 

はい、この人形遣いなんですが

頭と右手を遣う「主遣い」と、左手を遣う「左遣い」

足を動かす「足遣い」の3人が、息を合わせて一つの人形を操ります。

 

で、私は、「徳兵衛」という男の人形の「足遣い」をやらせていただきます。

聞くところによるとこの人形遣い

「足遣い」10年、「左遣い」20年、「主遣い」一生なんて言われたするらしく

それを演劇のワンシーンだとしても演じようというのですから

凝り性の性分だけではなんともし難い部分ではあったりもします。

えぇ、精進いたします。

 

 

あ。。。私事ですが、この公演のある10月7日ですが、

私の親の兄弟の息子の従兄弟の41歳の誕生日でして。。。

さぁ、みんな!会場で僕と握手!

君は夢かマボロシ~2018/09/02

「えへっ!来ちゃった!」てな感じで
台風が来て通り過ぎたかと思えば、
「ええっ?まだいいじゃん!?」
なんて無邪気にまとわりつく残暑に
ラストサマーの名残を感じながら、
「あらっ?いらっしゃい♪」
てな感じでSeptemberと突入です。

覚えてらっしゃいますか?
「吃音ヒーロー徳島公演」

あれからまだ1ヶ月しか経ってないんですよ?

 

あ、どうも、最近やたらと蚊にモテる
高下です。
猛暑やら酷暑と言われた今年の夏に
あまりお見かけしなかったのですが
ちょっと過ごしやすい陽気なってやたらと
刺されまくりマクリスティ…
お肌の衰えを感じ始めてるアラフォー男子
刺されるとめっちゃ腫れるし、痒くてかくと、
傷になってなかなか治らないし、
最悪、痕が残るし…

そんなこんなで、今年の夏を振り返ると、
本当に芝居、しかも裏方のスタッフワークに
明け暮れて更にその大切さを再認識した
年じゃなかったかなと。
ほら、あれですよ、前線に出て戦う戦闘機乗りが
目に見えて功績を上げやすいので昇進も早いけど
その陰には作戦を立案した指揮官や、日夜機体を
整備しているメカニックがいるんだぞ!
てな話ですよ。ほんまスタッフ力、裏方力大事!
んで、もっと効率よく立ち回れたら、もっと
色んな事が出来るんじゃないか?
あれや、これや出来たら、もっと面白いことが
出来るんじゃないか?なんて欲目も出てきたり…
んで、この業界、周りに手本となるすんごい方々が
ゴロゴロいらっしゃるので、これかもいろいろと
勉強させていただきます!

さて、劇団としての次のイベントは、
9/8、9/9に香川高松の玉藻公園、飛雲閣で
開催されるビックフェス、『カブフェス』
への参加です。

9月「長月」は「夜長月」とか「寝覚月」とか
言われるようですが、眠ってられませんよ!

踊ろぉ~♪らいららららいらい♪

ヘビーなメタルはお好き?2018/07/27

くーれないにそーまったーこーのおーれーをー

あ、どうも高下です。

音楽はディストーション多めのメタルが好きです。
そう言えば、メタルとロックの違いってなんでしょう?
音の重み、ひずみやゆがみのかかり具合、曲調、テンポ
などなどいろいろと語られます。
でロックの中にもアートロックやハードロック、
ポップロックにパンクロックなど
んで、メタルにもデスメタルがあれば、シンフォニックメタルに
ヘビーメタルにパワーメタル。
細分化していくととことんまで細分化出来てしまうもなのです。
では、そのジャンルを分けているものはなにか、
そこにあるのは、演奏者の主張と矜持、
そして聞き手、受け側のに感性と認識。
そう、たとえゴリゴリの演歌であっても、演奏者が
メタルだと主張すれば、メタルであり、
聞き手が、ロックだと感じればロックなのです。

 

あぁ、毎度の事ながら、何言ってるかわかんなくなってきたw

この辺の話をしだすと、三日三晩語り尽くせるくらいの
ネタを持ち合わせておりますので、もしご興味のある方は、
酒でも飲みながら一晩中でも語りましょう。

さてさて、演劇の話。気がつけば目前に迫った
劇団まんまるの徳島公演「吃音ヒーロー」
そのビラにある主張、「これは悲劇か、喜劇か。」
劇団の演者、スタッフ一同、全力でこの主張を伝えていきます。
ぜひ、観客としてそして同じ空間、世界をを共有する仲間として
主張を観て、感じて、自身の答えを見つけていただければ嬉しいです。

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

ジレンマの向こう側2018/07/11

こんにちは、高下です。

 

このたびの豪雨により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災されました方々に心よりお見舞いを申し上げます。

被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

私自身、以前ブログの記事でも触れたかもしれませんが

今回の豪雨で大きな被害を受けた広島県の出身です。

私の実家のある地域は幸いなことに被害も少なく

家族や友人・知人の大半からは、無事の連絡を受けています。

かといって、決して被害がない訳ではなく

何よりも、報道やメディア、SNSなどで日々伝え聞く

縁も縁もあり、見知った地域の被害の情報にざわつく心。

今すぐにでも駆けつけたいという衝動にかられながらも

駆けつけてもきっと何も出来ないだろうという無力感とジレンマ。

 

そんな中で今の自分の指針となっているのは、かつて知人が言っていた、

「今いる場所で成すべきことを全力で成す。結果的にそれが一番多くの人々のためになる。」

という言葉。

だから、今私は自身の仕事に全力で立ち向かい、

仲間とともに全力で芝居を作っています。

 

 

そんな全力の想いをかけた『吃音ヒーロー 徳島公演』

ぜひ御覧ください。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

ちょこっとミント2018/06/26

こんにちは、趣味は自称「音楽鑑賞」の高下です。

あ、先に言っときますけど、タイトルはあまり関係ありません。

メンズですが結構チョコミントが好きです。

あの妙なまでにグーリーングリーンした見た目に若干の抵抗感は感じますが、味は好きなんです。

 

 

あ、さて~、ちょっと前にネットを見ていたら、

「新しい音楽を探さなくなる年齢について調べた調査結果」

なんていうのが出てました。

調査した機関が仏の音楽配信サイトで、英国のリスナー1,000人を対象に行われたアンケートですから

世界中の人々が「この調査通りだ」なんてことは言えませんけどこの調査によると

「音楽的無気力」とも言える現象が実際にあるとし、そうなると新しい音楽を探さなくなるという。

そしてその現象が平均すると30歳6ヶ月を迎えた頃から始まるらしい…。

で、この現象が始まると、昔聞いた音楽や決まったジャンルの曲ばかり聞くようになるらしい。

 

 

このアンケートを見て、なんとなく身に覚えを感じる齢40の私。

そう言えば、ケータイなんかに楽曲入れて移動中に聞いていても、ついつい耳障りのいい10年近く前の曲を聞いていたりするし…

 

 

若いメンバーの多い劇団なのでもうちょっと感性尖らせていかんといかんかな~

なんて思ったりもする気がする今日このごろです。

 

さてさて、劇団としては、高知公演から、一部の脚本やキャストに手を入れて、

徳島公演に向けて動き始めていますよ~

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

音出しま~す!2018/06/10

音響のチェックをする時はフェーダーの

音は絞り気味にしてそろ~っと探り探り出さないと

スピーカーの前にいる人がびっくりしちゃうからね!

気をつけよう。

 

あ、こんにちは、高下です。

 

 

今回の公演では、舞監補&演出補という裏方の大役をいただいておりました。

しかしながら、公演当日は、ほぼ音響の補佐をしておりました。

舞台音響の音源と言えば、CDが一般的なんて話も聞きます。

今回使った音源は手持ちのiPadのみ。

ここに「M-TANK KLANG2」というサンプラーアプリを入れて使いました。

 

 

有料アプリですが、音楽のポン出しはもちろん、SE個別の音量調整

頭出しなど軽度の編集、オートフェードアウトやクロスフェード

なんてことも出来てしまうので、サンプラー専用の機器を用意することを

考えた結構お値打ちなのかも?なんて思ってみたりもします。

 

ただ、これがあれば全編大丈夫!なんてことではありません。

今回の公演で実際使ってみて使いづらいなぁ~と感じたのは

2分を超える長めのMEを流すとコントロールがききにくくなるとか

曲の早送りや巻き戻しが出来ないとかとか…

なので、SEみたいな差し込む音をこちらで流して、メインのMEはCDなど

他の機材で流す。みたいなやり方がいいように思います。

 

一期一会のお芝居で空間演出に不可欠な一要素である音楽

これを司るのですから、確実でミスのない機材を

チョイスするのが一番ですよね。

 

さて、劇団は徳島公演に向けて動き始めした。

高知とはひと味もふた味も違うお芝居になりそうな予感です。

乞うご期待!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

芝居は好きか?2018/05/24

「トシ、サッカーは好きか?」

 

ども、高下です。

 

ロシアワールドカップまであとわずか。

日本で代表招集を控えた中での突然の監督解任劇。

世界に目を向ければ、東アジアをはじめとする国際情勢などなど

様々な不安や問題を抱えながら開催される

今回のワールドカップ、はてさてどうなるのでしょう。

 

さてさて、上の言葉ですが、30代後半~40代前半位の方々には

懐かしいサッカー漫画『シュート』のワンシーン

 

 

主人公の憧れの先輩、久保さんが、主人公をサッカー部に

勧誘した際にかけた言葉、そして紆余曲折ありながらも

精神的にも、肉体的にも、成長した主人公たちはこの言葉にこう答えるのです。

「ええ、こわいくらいに」

ええ?ご存じない?某ジャ〇ーズアイドル主演で実写映画にもなった

名作ですよ~興味があればググってみてください(笑)

 

 

そんなこんなでわずか1週間余りに迫ってきた劇団まんまるの高知公演。

寝ても覚めても芝居のことが頭から離れないそんな中で

ほぼ毎日稽古場に集まってくるメンバーの熱意や意気込み

意見や思いをぶつけながらも必死に前に進もうとする姿

「ああ、みんな本当に芝居が好きなんだな」と感じる日々

駆け抜けますよ!

まだ見ぬ場所を目指して!

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 高知

Related Post

置かれた場所で2018/05/11

こんにちは、高下です。

ゴールデンウィークなんていう長期連休に浮かれて
最近、気になっているmade in AUSTRALIA のPOP・PUNKやら、
昔懐かしいJapanese Metal、北欧の技巧派Thrash Metalなどなど、
気になったPVやら関連動画やらを片っ端から、スマホでのほほんと
見ていたら、5月第2週目にしてスマホのデータ容量制限に
引っかかる、なんて失態をやらかしまして、
まるで5月病にかかったかのように、ゆっくり、のっそりとしか
表示しなくなってしまったスマホに、「いやん!まいっちんぐ!」
となってる今日この頃です。ホンマにWifiは大事やわ~~~

あ~そういえば、普段からのほほんと陽気にしているせいなんかな

とある代表に「自分、精神的に打たれ強いやん?」みたいありがたい評価を
頂いているようなんですね。ホンマにありがたい。

私自身はそんなに打たれ強いなんて意識したこともないですし、
人一倍に凹みやすい性格だな~なんて自己評価していたりして、
劇団の公演に際しても、役者よりも裏方メインの役割にあてられる事が多く、
舞台に立ちたいなぁ~と、ちょびっとだけ、すねたり、やさぐれたり。

そんな私が周りの人から見て「打たれ強い人」として見えているのであれば、
それはきっと与えられた場所、その場所で、自身の役割ややりがいを見付けて
楽しもうとしているから…なんじゃなかろうか?

何年か前に読んで感銘を受けた渡辺 和子さんの著書「置かれた場所で咲きなさい」に

以下のような1節がありました。

『結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかった」と思うことが、
次から次に出てきます。そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。

どうしても咲けない時もあります。雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には
無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。
次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。』
ホンマにソレやと思います。

さてさてそんな私ですが、今回の高知公演では、「舞監補 兼 演出補」という
結構な役割を拝命しております。より良い作品を作るべく日々劇団の仲間たちと
切磋琢磨して参りますので、その成果、ぜひ高知に見に来てください!

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 高知

鍛練の日々2018/04/24

こんにちは、劇団まんまるの”てこげ”こと高下(こうげ)です。

私事ですが、先日、スマホのデータが遠いお空に飛んでいきました(泣)

日々のバックアップってやっぱり大切なんですね…

 

さてさて、劇団まんまるは6月2日(土)&6月3日(日)の

アートゾーン藁工倉庫 蛸蔵(高知)での公演に向けて

稽古、稽古、稽古の日々です。

公演まで40日を切り、役者の熱量も上がってまいりました!

 

 

…って、おい、ちょっと、あと40日もないのね!?

自分で書いててチョットビビリマシタ。

 

今回の公演、私は裏方メインでの参加となる予定なのです。

役者じゃないスタッフは日々の稽古で何してるの?

なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、いろいろとあるんですよ、これが!

仕事などの都合で稽古に参加できない役者の代役として立ち位置や導線の確認、

役者が演技を客観的に確認するためのチェック動画の撮影など、役者や演出の

補助やバックアップ的な役割。

そして、役者の立ち振る舞いや、演出としての舞台の作り方など、

ものづくりの現場で体感して、舞台人、演劇人、なれるよう自身も鍛練を

重ねたりしています。

いや~本当にものづくりの現場って素敵ですね!

 

 

おっと、ちょっと話がそれましたが、6月の公演では、キレッキレの演技を、
みな様にお見せできるよう、役者、スタッフ、一丸となって鍛練していきます。

是非その成果を、会場でご覧下さい!

 

 

チケットご予約受付中!
特設サイトから、又は劇団員までお気軽にお声かけ下さい!

 

よろしくお願い致します。

 

【吃音ヒーロー in 高知蛸蔵】ご予約はこちらから!>>

まんまるのおじいちゃん?2016/04/19

は~い、みなさんこんにちは♪
お久しぶりの団員紹介のお時間です。

今回フューチャーする団員は、私…

koge

高下(こうげ)さんだぞっ♡

広島出身の38歳(S52年生)

学生時代を広島で過ごし、仕事の都合関東やら関西を転々とするかたわら

夢見たり、某声優養成所のオーディションを受けてみたり、

ギターをかじってみたり、ビジュアル系バンドに憧れて髪に無茶してみたり、

恋をしたり…あれやこれやしながら、めぐりめぐって徳島の地にたどり着き、

丸山代表に出会って、劇団まんまるの仲間に加えてもらいました。

正直、まんまるに入るまで、芝居の経験もほとんどなくて、

舞台での動きや、しゃべり方、などなど、

まだまだ至らぬ点も多々ありますが、

徹頭徹尾精進していきますので

どうぞよろしくお願いします!

Pf

あ、ちなみに私、団員や友達には「テコゲ」と呼ばれております。

なのでどこかで見かけたら、気安く「テコゲ!」って声をかけて下さね!

ぷりぃ~ず こ~る みぃ~ テコゲ(・∀・)

ROKUMON

1 / 11

2015 劇団まんまる All right reserve.