劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 大木茂実

なんでこんなにいそがしいのか2019/04/12

大木です。

 

 

徳島演劇ネットワーク合同公演『鯖の頭』を終えて2週間が経とうとしております。

改めて、ご来場いただいたお客様、

おしむらくも当日急用等で来られなかったお客様(マメに事前ご連絡いただけるのが嬉しい限りです。次回公演はぜひ!)、

様々なご援助・ご協力してくださった皆様、

そして参加してくれた皆さん、

本当に本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんな参加人数・ご来客者のお化けプロジェクトを行い、達成出来たのは、ひとえに皆様のお力添えあっての物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、故・今治さんのお力添えもあったのでしょう。

今治さん、改めてありがとうございました。

そしておつかれさまでした。

貴方が灯し続けたお芝居の灯は消しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな公演を終えしっかり休んで次

 

と行きたかったのですが、そうも言えない状態。

早速、忙しい。

 

しかも後手後手にまわってしまって早くも後が無い状況。

ただただ自身の力不足のせいです。しんどいのは。

 

 

なんでこんなにいそがしいのか

 

 

自身の力が無いからです。

ありとあらゆる力が、足りていない。

そのせいでしんどい思いをさせている人がいる。

すまない。

すみません。

 

 

 

 

 

ただ、

ただ、自身のしんどいのはどうでも良いです。

良いものを作ることの喜び・欲求には勝てません。

 

 

 

 

客観的には「しっかり休まないと良いものは作れないよ」と思いますが、(逆の立場なら言いますが)

自身にそれは当てはまりません。

その程度のモチベーションで僕は動いておりません。

寝ん!!!

 

 

 

逆境は慣れっこです。

子供の頃から「表現」したいという発作を起こさせる代物を舞台に起こせるチャンスがきたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの大木は、鬼・演出モードです。

とはいえ役者にキレまわる訳ではありません。

自身の中にダイブしていく所存です。

深く、深く、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい仲間もいます。

どこまでも行けますし、行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご期待ください!

『鯖の頭』参加者紹介special ~広報・楽団まんまる編~2019/03/30

大木です!

先日最後の参加者投稿と言いましたが

広報を残しておりました!

そして広報は参加者の清水さんメインで行いつつ、

清水さんプロデュースのアイドルグループ

「楽団まんまる」のメンバーも広報活動を行っておられました!

 

 

※広報活動に勤しむ風の清水さん (いや普通に彼女が働いている写真です。実際は関係各所に連絡を取りまわったりする地味で大変な仕事でもあります)

彼女はラジオパーソナリティーをされておりますので、表面でも常に広報を(まんまるに限らず徳島・四国の演劇関連等も)されておりますが、それだけでなく裏面でのお仕事も多々あったりするのです。

パイプを繋いでいくという、今回だけに限らず今後のネットワークも繋いでいく、お仕事をされています!

 

そして、メンバーのやっちは今回の参加者でもありますが、

宮井ちゃんやづっきーは不参加ながらも各種イベントにて「鯖」を宣伝してくれておりました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※楽団まんまるのみなさん

 

 

 

 

イベントでは「鯖」のワンシーンを3人で演じられたりしてて、演出の大木に確認の映像送って来られたのを見たのですが、なかなかの精度にびっくりしました!(宮井ちゃんの精度が異様に高く、その当時の本役超えてました(笑))

 

チケットも売ってくれたり何かと助けられております!

楽団まんまるのみなさんありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鯖」メンバー内外の広報活動も実を結んでか、かなりの集客を見込めている本公演!

まだまだ滑り込みでチケットもございます!

今日・明日は是非とも文化の森イベントホールへ!

 

『鯖の頭』参加者紹介vol.16 ~デザイン・衣装・制作~2019/03/29

大木です!

スタッフ紹介も本日で最後となります!

・・・紹介忘れてる人おらんやろうか(汗)

 

 

・・・おらんやろうということで!いきまーす!!!

 

 

 

 

まずは、チラシ・チケット・パンフのデザインをしてくださった

咲ちゃんこと椎葉咲さん!!

※昨年のネットワーク公演「四月になれば彼女は」のデザインも彼女が担当

 

 

 

 

 

大木の伝えた最高のイメージの少し斜め上をいくスタイルで

今回の鯖の絵にも細かいこだわりをもたれ、

大木の会社の同僚のN君をして「この鯖の絵美味そうっすね」と言わせていました☆

※彼女とのLINEのやりとりではよく「レベル〇」のスタンプが使われておりました。

ちなみにイメージの斜め上などではなく、本当は遥か上、です!

 

 

今後もネットワークにお付き合いいただければと思います!

 

 

 

 

 

 

衣装は鯖味噌・長子役の

みずほっちこと三原瑞穂!!

※彼女は今年走ってましたよ

 

30名オーバーの衣装を取りまとめるのも大変ですが、

合わせて得意の(プロなんで得意とかいうレベルではない)ヘアメイク等も考えていただいており

めちゃめちゃ助けられております!

 

あと、稽古場の掃除に余念がない。

彼女が参加することにより稽古場のクリーン度は増す一方です。

大木もゴミの忘れが無いかプレッシャーを常に感じております。

 

あとあと、これは役者の方の話ですが、本役の役者がいない時の代理の再現度が高く

稽古時何度も助けられました。来年もやろうな。

 

 

 

 

 

 

ほんでお次は制作(舞台監督寄り)!

劇団まんまる・森田君こと森田貴!!

※安定の細さ くっつんと共にまんまるきってのガリガリ団員。(大木にとっては過去の話)

 

 

大木の依頼する面倒くさい書類作成などを嫌な顔一つせず何でもやってくれます。

あの嫌な顔のしなさ具合はなかなかのものです。

これからも更なる嫌な顔のしなさ具合に磨きがかかることを期待しております。

 

 

 

いや、マジで。

これからもヨロシク!!!!!

明日からの舞監も、ヨロシク!!!!!

 

 

ちなみにリーチよりもダマが多いタイプです。「ダマ師」とも呼ばれております。

※大木はリーチしがち

 

 

 

 

 

最後に制作寄りの政策(つまり制作)

塩鯖・しず子役でもあるテアータ‘80の

西浦真弓!!

※晩御飯はプロテインだけで済ましたりもします。

 

 

・・・いや、今回はメインどころであるしず子をやってもらいつつ、

制作を始めいろんな仕事をしてくれて本当に助かっております。

公演終了後にケーキバイキングを確約しております。

打ち上げで金使いすぎないよう倹約していきまーす。

 

 

本当にありがとうね☆

 

 

 

また、鯖味噌・川西役のですやんと共に音響操作もお願いしております。

本番もどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・・・はい!

16回も頑張って書き続けてきたブログ祭り、いかがでしたでしょうか?

 

※搬出準備が整い中央に物が無くなった稽古場。明日から頑張ってくるけん。

 

 

 

 

 

 

お楽しみいただけていた方がいらしたら感謝感激です!!

 

 

 

そしてそれ以上に、本番の舞台をお楽しみいただければ

これより幸いなことはございません。

 

 

 

 

その空気を味わうため。お客様と共有するため、

座組一同、心を一つに週末会場でお待ちしております!

そう。椿〇也さんの如く・・・

 

 

 

 

「お待ちしています!」

 

 

 

 

 

『鯖の頭』参加者紹介vol.15 ~美術・小道具編~2019/03/27

大木です!

 

今回は美術・小道具の紹介です!

以前、久子役の紹介の際にも触れさせていただきましたが、

今回の美術・小道具のデザインはさおりんとえみこさんにお願いしておりまして。

 

 

※美術鋭意作成中のさおりん デザインも笑顔もステキな感じはマスク越しでも伝わります。

 

 

美術は主に舞台装置のコーティングを行っているというような感じで、

しかも一旦取り付けるとなかなか取り外しが難しいので写真でお見せ出来ずにすいません!

そちらは劇場にてご覧いただければと思います。

※個人的にはふんわりした柱時計が味わい深く思います。

 

 

 

※改定前の糸喜看板の素地(改定後はさらに味が出ていますよー☆)

 

 

 

えみこさんの作成中の写真は、彼女の「決して除かないでください」という家で一人で作るという

鶴の恩返しスタイルのためございません。悪しからず。

 

※笑うところではないですが、くっつんの迫りくるお芝居で笑いをこらえ切れないえみこさん。

 

 

 

 

 

また、今回の2次元の小道具は必要に応じて立体になってもらう必要がございまして、

その辺りの作業を金庫屋・佐久間役のてこげさんにお願いしております。

 

※フライング中のてこげさん。  生き方はあまりフライングしないことを願っています。

 

 

 

 

 

小道具はちょっとチラ見せ。

 

 

 

 

・・・かわいらしいですね!

受話器がちょっと寝込んでる感じですが、本番では良い感じに生まれ変わっておりますので!

 

 

 

 

他にもいろんな美術・小道具作品が「鯖」の世界を色づかせております!

ぜひぜひ舞台でお楽しみいただければと思います☆

 

 

次回はデザイン・制作・広報を取りまとめて紹介させていただきます!

そちらもどうぞ☆

 

 

 

 

※おまけ 正しい位置で電話をする一太郎役・丸山君

 

 

※不可解な位置で相手先の声を聞く木下役の来島君。お前の耳はどこにあるのか。

 

 

『鯖の頭』参加者紹介vol.14 ~装置・大道具編~2019/03/25

大木です!

通ししまくりの本番前の週末稽古を終え、何とか一つ目途がようやくついたかな、といったところでございます。

目途と言えばこの参加者紹介もキャスト編が終了!

今回から公演を裏から下から支えてくれる、地神・ガイアのようなスタッフを紹介させていただきます!!

 

 

んで、今回は大木の無理なお願いを嫌な顔一つせず(見せず?)応えてくれる、

強力な装置・大道具のお二人を紹介!!

 

 

 

 

まずは、劇団テアータ‘80

釘打ちは2発で決める!

通称まーくんこと小川征志!!

※右手の物は海外のワン〇ースのサ〇ジならロリポップに変えられてますが、大木はそんなことはせずそのまま記載します。

 

 

 

 

 

次に、

舞台装置を抱き!ライトバンと眠る男!

岡山からの刺客!通称タニィさんこと谷本勝!!

※ライトバンで寝る時は缶チューハイも欠かしません。

 

 

 

 

今回は主に、タニィさんプランニングの小川さん作成スタイルでして。

いわゆる大木演出のイメージをタニィさんが汲んでいただけたことにより

一つのヴィジュアルイメージがタタキとなりました。

 

 

―――大木さんのプロフィール写真でカバン持ってるのあったじゃないですか

ダンボールで作ってた―――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・よくそんなの見てて、覚えてるなーと!(驚)

 

 

そこから舞台美術のイメージ、機能、予算等をミックスした話になり

あれよあれよとプランが定まっていきました。

僕のふにゃふにゃした舞台イメージに輪郭をつけ、色彩を、地盤を、

キッチリ形にしてくれる流れは、「吃音ヒーロー」の時と同じでした。

 

※吃音ヒーロー 舞台装置

 

 

 

 

 

・・・頼りになるなぁ。

 

 

 

 

 

そして、そのプランを下地に小川さんが建てこみ・・・バラシ・・・

ペンキ塗り・・・バラシ・・・またペンキ塗り・・・作り替え・・・

 

 

演出の人を人とも思えない地獄の要望に「ええよ~」と実にふんわりと

しかし迅速に応えてくれるのです!

 

 

 

※上手側から見た図

 

※下手側から

 

 

ちなみに清水さんが乗っている台はお二人の競作でして、これまたややこしいものをお願いしていましたが

いい塩梅に機能してくれております。

本当にお二人には数々の無理を聞いてもらって足を向けて眠れませんが

どの方角に住んでられるのか知らないのであきらめました。

残り日数!よろしくお願いいたします!!!

 

 

 

 

 

ん・・・機能とは?

 

 

 

それは当日、会場にて!

お楽しみに!!

 

次回は今回お話に出たダンボール美術・小道具を作ってくださっているお二人です!

そちらもよろしくです☆

 

 

 

『鯖の頭』参加者紹介vol.13 ~金庫屋・佐久間編~2019/03/23

大木です!

いよいよ参加者紹介・キャスト編最後となります!

 

ラストを飾るのは、金庫屋・佐久間役のこのお二人!!

 

 

 

チーム鯖味噌・佐久間役

劇団まんまる・てこげさんこと高下徹士!!

※劇団まんまるの河村隆一とも呼ばれる(上記撮影日限り)

 

 

 

チーム塩鯖・佐久間役

フリーの中のどフリー・中浜雅弘!!

※月曜から夜○かしの株主優待の方ではございません。

 

 

 

 

はーい!

まずは、てこげさんの紹介!

※しにがみ 公演時  虚無の眼(まなこ)

 

 

 

・・・はーい!やばいですねー!死神役のてこげさん。

この作品僕はめっちゃ好きで、てこげさんはやたら吠えているだけの役でしたが

存在感とか、鎖じゃらじゃら引きずりながら裏へハケて行くシーンが印象的でした。

 

 

※六文銭 公演時

 

えらく剛毛になっておりますが、間違いなくてこげさん。

これは奪衣婆の役ですね。

この役もひたすら謎の咆哮をあげていました。

 

 

 

 

 

 

 

いや魔物ばっかやん。

 

 

 

 

いやいや、今回は違います!

ちゃんと人です!人!

 

極力叫び声を封じて(何言うてるかわからなくなるから)動じず、

安定感のある役を演じていただくように日々頑張っております!

流れを、しっかり、意識して、

慌てず、動じず、

動じず、

動じず・・・からの、爆発力に期待度上昇中!

 

 

 

 

 

 

はーい!

お次は中浜君!

※お祝い 公演時

 

 

 

・・・いやあ絵になるなあ。

 

え?思いません?

 

 

なんなのかはわかりませんが、「キャラ」が

立っていると思いませんか?

 

内面から作るお芝居はとても良いですが、

物言わずとも醸し出されてくるヴィジュアルって、それはそれで大事だと思うのです。

 

 

 

※煙が目にしみる 公演時

 

 

口を開いても、独特のふにゃらふにゃふにゃな声の感じがさらに哀愁を漂わせます。

これが彼の持ち味だと思います。

 

 

なかなか仕事で稽古に来られない彼なのですが、

こないだ稽古に来た時はいっちょ前に役作りしてきやがってました。

 

 

・・・いや、笑えました。

・・・・・・なんか上手なってるやーんと。

 

そんなハズはないのに(失礼)良い持ち味のキャラを立ててきていたのです。

これでウィスパーヴォイスな笑い声が改善されたら完璧なのになあと思います。

 

 

 

先程も出した言葉ですが、

「哀愁」

 

この二人の共通点はこの言葉かと。

それを持ってしてキャスティングさせてもらったような気がします。

※決して、別の、共通点があって、決めた訳ではないのです。

自身の深層心理まではわかりませんが。

 

 

面白くも悲しい彼らの顛末を、

劇場にてご覧ください。

 

ご来場おまちしております。

 

 

 

 

 

 

はーーーーーーーい!!!

謎のしんみり感は投げ放って、次回からは鯖メン・スタッフ紹介とさせていただきます!

 

スタッフ紹介第一回目は大道具&装置のお二人!!

こうご期待でございます!!

 

 

 

 

 

『鯖の頭』参加者紹介vol.12 ~林・およし編~2019/03/21

大木です!

 

先日のお約束通り今回は女性のみのご紹介です!

しかも4人!!

各々、銀行員 林・うどん屋 およしと2役を演じてもらっております!

 

 

林の出演順でいきましょう☆

 

先ずは、

チーム鯖味噌(30・15時)・林役(およしは塩鯖30・19時)

劇団まんまる・やっちこと村上弥生!!

 

 

お次は、

チーム塩鯖(19時)・林役(およしも塩鯖31・13時)

四国大学演劇クラブ・田中凛佳!!

 

 

 

そのまたお次は、

チーム塩鯖(31・13時)・林役(およしは鯖味噌31・16時)

劇団テアータ‘80・増岡香織!!

 

 

 

 

最後は、

チーム鯖味噌(31・16時)・林役(およしも鯖味噌・30・15時)

フリー・森野瑛梨!!

 

 

 

華やかですねー!

こちらの4名でそれぞれ2役演じていきます!

 

 

 

それではやっちのご紹介!

彼女は主に役者をやっておりますが、時には戯曲執筆、時には演出、

時にはイラストレーター、そしてアイドルと、複数のわらじを履いているマルチに活躍している女性です!

 

いろいろ迷いながら(笑)

 

・・・って大木に書かれたらプレッシャーに感じるような奴ですが、やってることに自信持っていかなあかんけん、

マルチ商法女優として頑張っていきなされー

 

※吃音ヒーロー 稽古時

 

商法ではないですが。

 

おっさんから見たら何か一つに絞る方が無駄なくていいんやないかなーって思ったりしますが、

ピストルさんも俺も含め誰のいう事も聞くなよとおっしゃってますし、やりたいこと何でもやっていきなさいな!

たのしんでね!

 

 

 

今度は田中さん!

 

彼女も大学に入って演劇を始めたくちですが、大学の学園祭公演では本当に初心者?

と思わせる勢いで演出をやられておりました!

・・・いやびっくりしました。

 

なんだろう、最近の若い子はイメージを具現化する力が僕なんかが若い時より比較的高い?強い気がしますね。

行動力もあったりしますし―――

 

※そつぎょう 公演時

 

ヤバい、おっさんが何か語りだしたんで止めておきます。

彼女は今回参加している四大生のなかでも「こう」と決めた時の意思表示が特に強い気がしますね。

 

そういう若い力は時に徹底力。時に融通の利かなさだったりを生んだり、様々な流れを作っていきますが、

願わくば、楽しくお芝居、やっていってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

・・・真剣におっさん臭がしてきたので歳が近い方を(失礼)。

増岡さんとはもう10年前後、大木はいろんな形でお芝居にかかわっておりまして。

 

最近ではうちの会社のドラマに2度ほど出ていただいております。

いつもいつも本当にありがとうございます!!

※四月になれば彼女は 稽古時

 

容貌によく合った優しい女性役を演じられることが多く、観客だけでなく

参加者にも温かい空気感をいつも提供してくれています。(これはみんな同感ですよね☆)

 

・・・

 

・・・そんな増岡さんですが、

今回の、およし役、

えらいことになっております。

 

みなまでは言いませんが、大木はクリーチャーという呼称をつけております。

 

・・・こうご期待(ニヤリ)

 

 

 

 

そして森野さん!

 

彼女は以前、都市伝説級の存在があやふやな劇団orangecycleの作品(野田秀樹作・「赤鬼」)に出ていただいたことがございまして、

それからもしょっちゅう声をかけさせてもらっていましたが中々都合が合わず、

今回久々に一緒にお芝居が出来ることと相成りました☆

※今作・鯖の頭 稽古時  (「赤鬼」の写真出てこなくて。スマホ以前・以後を考えさせられますねー)

 

ドラマの方にも出ていただいたことがあり、「これが欲しい」って役をシュッとやっていただける

かゆいところに手が届くタイプの役者さんです。

よくわからないですね。大木のニュアンスではしっかりくる呼び名です。すいません。

 

 

ちなみに森野さんのおよしもヤバいのですが・・・

 

いやいや、やっちも田中さんのも

それぞれ個性を際立たせた役になっております!

 

およしだけでなく林も!

 

嫌味タイプ・ドSタイプ(ちなみに大木はドS・ドMって言い方嫌いです)・ぶりっ子タイプにラブラブタイプ(なんやそれ)

 

 

・・・全部見るには4公演観るしかない!!!

 

 

・・・いやさすがにそこまではと思いますが、

せめて一日で塩・味噌両方の鯖を味わいやすい通し券なるものがございます。

 

鯖の頭

 

↑にて、ぜひぜひお求めくださいませ!!!

 

さて、次回は役者編はいよいよラスト!

文字通り物語のカギを握る存在!(そうか?)

金庫屋役の二人を紹介させていただきます!

よろしくです☆

『鯖の頭』参加者紹介vol.11 ~クリーニング屋役・坂井巡査役~2019/03/19

大木です!

今回は3役紹介!!!・・・といこうとしていましたが、銀行員の岡崎課長役の大木の紹介はですやんがしてくれる様子

(ブログの下書きにて発見)でしたので、2役のみの紹介とさせていただきます。

かわいい劇団員のかわいい気遣いを優先する奥ゆかしく人の好い大木ですので。

 

 

 

・・・はああああいっ!!

 

 

ってことで二役紹介させていただきます!

今回は塩・味噌共通4公演とも出演予定のお二人です!

 

 

 

まずは、

クリーニング屋の御用聞き役

劇団テアータ‘80・中西淳!!

 

 

 

 

 

 

お次は、

坂井巡査役

こちらも劇団テアータ‘80・澤光太郎!!

 

 

 

中西君は社会人になってからお芝居を始めた変わり種で、テアータさんの公演「煙が目にしみる」では

主演を務めた経験もございます!

※煙が目にしみる 公演時   こう見えてちゃんと彼は生きています。

 

 

ちなみに大木とは大学の学部学科が一緒だったりします。

だからどうということは無いですが、世間は狭いなあ、と。

そんな彼に演出をつけたりするのは何だか変な感じもします。

※お祝い 公演時

 

 

独特の節回しで個性の際立つ存在。

今回の登場シーンは少なめなので、印象に残せるかどうかは彼次第。

本当に少なめですがちゃんとチケット売ってくれてます!

出演シーン増やそうかな、売れてないやつの出番減らして。

 

 

・・・なーんてね(ニヤリ)

とにかく印象強く残れるよう頑張ろう!頑張って!

 

 

 

 

澤君は、実は「鯖の頭」の出演は2回目で、

前回は今回大木が演じる岡崎課長を演じられていました。

当時学生とは思えぬ貫録で、堂々と不敵な銀行員を演じておりました。

彼の巨体からくり出される安定の低音ヴォイスは今なお健在。

今回は巡査役で主婦層のハートを打ち抜きます。

※ 澤君の写真が本当に見つからなくて、彼の親戚の写真を載せておきます。

 

 

 

・・・まあ上記はおふざけですが、本当に背が高い!

今回男性陣はなかなか高身長の人材が揃っていますが、周りが進撃や鎧や女型だとすれば

超大型位の印象がございます!!

 

 

 

・・・まあ大げさに言ってますが、彼の高身長を活かしたお芝居、

何やかし見られると思いますので、お楽しみにしていてくださいませ。

また、あまりに堂々としてるので、稽古中に本人台詞を忘れてもそう感じさせない自身に満ち溢れています。

 

 

いやまあそこは覚えてもらうけども!頑張りましょう!

※写真無いのに見かねて清水さんから送られて来た写真。

逆にこれは何の写真なのか。巨大なイメージましまし。

 

このお二人は4つの回すべてに出演しておりますのでご安心をば!

 

 

ちなみにですやんも宣伝してくれてますが、大木の岡崎課長も4本全部出ます。

ほんで4つとも違うタイプの岡崎を演じてみようかと思います。

通し券購入されている方は、定食についてくる漬物が変わった位にはお楽しみあられませー。

 

 

 

はい!

ちょっと野郎ばっかのむさい紹介が続きましたねー。

次回は岡崎の部下の林・うどん屋およしを演じらる女性をなんと4名!

紹介させていただきます!!お楽しみに!!!

『鯖の頭』参加者紹介vol.10 ~小川編~2019/03/18

 

大木です!

 

用言実行に定評のある大木、連続ブログアップやらせていただきますよ!

・・・すいません、いつもできてなくて。

 

しかし今回は本当にアップしますよ☆

店員役では最後ですね。新人店員小川役の紹介ですー!

 

 

まずは!

チーム鯖味噌・小川役

劇団まんまる・はなぶんこと英佑有紀!!

 

 

チーム塩鯖・小川役

こちらも劇団まんまる・シンセイ君こと北條真晟!!

 

 

 

 

それでははなぶんから!

独特の空気感が持ち味の、彼の独自の世界観に見るものを引き込んでいくスタイルは今回も健在。

・・・オーソドックスが苦手なところも(笑)

 

今回はコメディなので、小気味よいテンポ感を役者に求めているのですが

彼はその辺りがどうも苦手で四苦八苦しておりました。

しかし彼は「自分が出来ない」ことに関して「目を背けない」勇気を持つものであるので、

少しづつですが着実に、出来ることを模索し、身に着けていっております。

 

※四月になれば彼女は 公演時

 

オーソドックスを身に着け、お客さんを安心させた所に彼の「間」の世界に引きずり込めたら

勝ち!

ですね。勝てるよう残りの期間がんばってきましょう!

※なにもかけてない 上演後

 

 

 

 

 

お次はシンセイ君(脳内変換カタカナ)

 

今回の小川という役は新人の、仕事が出来ない役でありまして

彼の「イケボ」がその役と乖離しているところが難点でした。

※その辺ははなぶんも一緒でしたねー。

ラジオで鍛え上げられた巧妙なテンポの台詞まわしも新人の「それ」とは違っており

あえて「下手に」しゃべることに戸惑っておりました。

※吃音ヒーロー 公演時

 

 

最近ではその辺のバランスが取れるようになってきており、

公演時には「しょぼい新人・小川」を演じきれることを約束します。

いや、なんで俺が約束せなあかんのや?

シンセイ君、約束するそうです。

可愛い見学者が来たら必要な集中力が欠け違う集中力が発揮されるシンセイ君。

 

期待しとるよ☆

 

※楽ガキ帖 公演時  ※※余談ですが21(木)・(祝)の楽一楽座さんの公演にも彼は出演します。詳細はググってどうぞ。

 

 

実ははなぶんとシンセイ君は大学の先輩後輩でして、

そんな二人を二人一役という形でやっていってもらっております。

 

彼らに関わらずなのですが、今回こういうスタイルにしているのは

「ライバル関係」に似たような関係性を作り出すことも狙っております。

人間だもの。自然とそうなってくるものですよね。

 

この二人は最近の若者特有の闘志があんまり見えて来ない感じなのですが、

おっさんには気づけない何かがあるのかもしれませんね。

・・・ないならないでこのブログで煽ってやれと思ってもおります☆

 

まあ、頑張りなはれや!!

 

 

 

はい!次回はなんと3役紹介といきます!

こうご期待!

 

 

『鯖の頭』vol.9参加者紹介 ~木下編~2019/03/18

大木です!

 

 

週末の稽古に次ぐ稽古やらその中で県をまたいでの観劇ツアーなどなどで時間が無くブログアップ出来ませんでしたー!

「言い訳すんな!」といったところですが、本当に時間がありませんでしたのです、、、

ということで、連撃アップしていきます!うおおおおお!!

 

今回は腹ペコお調子者店員の木下役を紹介!

 

 

 

まずは!

チーム鯖味噌・木下役

劇団まんまる・暑来島(代表命名)こと来島正悟!!

※このドヤ顔。なかなかの暑苦しさです。

 

 

 

 

チーム塩鯖・木下役

こちらも劇団まんまる・鵜戸昌実!!

※一人鍋ではございません。

 

 

 

 

 

ほんでは来島君の紹介を!

「話が長い」ことで悪名高い大木を凌ぐとも言われる来島君。

東京でお芝居の勉強をしてきただけあって持っているものはかなりいい!

・・・んが、使い方を知らない様子で、今回の稽古中ダメにつぐダメをあたえまくりくさりまわりました。

愛情あふれるダメを結構ボロクソに伝えたのですが、彼は真摯に受けまくりくさりまわり

着実にその実力を発揮していきまくりくさりまわっています(もういい)

 

※爆心ツアー7 上演後の来島スマイル

 

 

瞬発力に関しては断内ピカイチですが、どうも一人で芝居しがちな彼でしたが

「受け」の演技に開眼しつつあり、めきめきその実力を発揮しつつあります。

ぜんぜんおもんないネタを持ってくることがタマにキズですが、

彼は今日も元気です。

 

※爆心ツアー7 稽古時 彼はオフショットの方がとてもいい顔をしています。

 

 

 

 

ほんでお次はうど君!(脳内ひらがな変換)

 

彼も昨年のネットワーク公演時から演出でよくかかわり続けておりますが、

伸び悩み組(大木の中での)の一員です。

しかし、一公演一公演着実に力をつけていっているのを大木は知っております。

 

※四月になれば彼女は 稽古時

 

 

ほのぼのしてる外観とは裏腹にとても熱いモノを秘めている男なのです。

・・・出し方を知らない(というか苦手)なのがたまにキズですが。

追い詰められると殻を破り良いものが出てくる「いやできるなら最初からやれよ」タイプの役者ですが、

本当に一公演一公演、脱皮スピードが上がってきています。

今後の彼も注目していきたいと思っております。

 

※吃音ヒーロー 公演時

 

実は今回の「木下」役は縁の下の力持ち的な役で、大木は難度の高い役として受け止めておりまして。

 

そんで、正直来島・鵜戸両名には荷が重いかもと思っていたところが正直なところでありました。

 

・・・ありました、です。本番では力を発揮できるものと信じております。

 

 

別に「腹ペコ」役というヴィジュアルイメージで決めたわけではないのです。

※それでも鵜戸君のBODYには説得力があまりにありますが。

 

 

 

信じとるけんな。

残りの日数がんばってこう!

 

 

ブログ書き出す前、おっさんの写真ばかり集めてテンション低めでしたが、

なかなかの長さになってしまいました。なんでや。

 

 

 

ほい!

次回は新人のぼんさん店員・小川役です!ご期待を!!

 

1 / 5123...Last »

2015 劇団まんまる All right reserve.