劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 清水宏香

2021アロングロング振り返り2021/12/31

2021年が終わろうとしています!

待って!早い!清水でーーーす!!!

 

いや、別に世界が終わるわけではないので、ただの一区切りってだけで、明日からもそうは変わらない新しい一日が続いていくだけなんですけどね。

毎年、年末年始に思う事です。

仕事柄、多分人よりも暦に敏感ではあるかと思うんですが、暦はあくまで目安であって、大事なことはその中で一日一日を生きる私たち自身のあり方です。

 

 

 

 

そんな私はどんな年末年始を過ごしているのかというと・・・

「龍が如く0」を夫がひたすらプレイするのを見ています。

 

クリスマス以降、我が家は治安が悪く喧嘩が絶えません(超大人気任侠ゲーム)

神室町と蒼天掘を行ったり来たりしています(舞台は東京と大阪モチーフの繁華街)

街行く柄悪い人をバットで殴ってカツアゲしたり、キャバクラ経営してしのぎをあげたりしています(ゲームマネーは数十億)

まあ、こんな休みもあっていいのでしょう。

 

そんな感じで夫が神室町でしのぎを上げているのを背後に聞きながら、今年を振り返ります。

 

 

 

いかんせんコロナ禍がこんなに続くとは思ってませんでした。

今年も本公演が出来なかったというのが非常に残念な点というのは去年と変わらず言えるでしょう。

しかし、新しくチャレンジできた事、継続してチャレンジした事がありました。

継続した物としては、「演劇大学」ですね。
2019年に初年をあわぎんホールで開催、以降3ヶ年計画でここ徳島で開催する予定でしたが、コロナ禍の下、全国の演劇大学がオンラインに切り替えざるを得なくなりました。

しかし、劇団まんまる座長丸山が跳梁跋扈し(大げさなようですが結構そんな感じ)、去年から今年の各地のオンライン演劇大学のサポートをして来ました。来年も早々に大阪に行くみたいです。

演出者協会員として、また関西支部役員として、かなり頑張った一年でした。
もちろん、オンラインと対面のハイブリッドで開催した「演劇大学in徳島2021」最終年も無事終了、関係者の皆様や参加者の皆様には本当にお世話になりました。
この動きは3年で終えることなく、各々で今後の活動に活かしていけるといいなと思っています。

 

そして、この演劇大学の流れから「家族草子」の公演をオンラインで去年も2回行いました。
(最後に収録した「しあわせやあ」については只今絶賛編集中、公開をお待ちください、忽那ファン!)

そして、念願叶って12月には、本家「家族草子」の皆さんと一緒に徳島で公演を行うことが出来ました。

これは本当に本当に嬉しかった!!!
これまでオンラインでしかお話していなかった青山さんと会えた!ずっと一緒に演劇大学の朗読講座を担当して頂いた明樹さんと一緒の舞台に立てた!
そして、プロの世界で活躍される俳優やスタッフの皆さんと、集中して舞台を創り上げる事が出来た。私にとって、これ以上ない経験となりました。
継続から得られた新しいチャレンジという事ですね。

 

また、新しいチャレンジとしては、2月、演劇×音楽コライトプロジェクト「BIRTHDAY」に参加しました。

座長丸山が脚本を書き、劇団員が出演、初めての音楽アーティストとのコラボはすっごく刺激的でした、そして物を創る人の目線はどんなジャンルでも違わずシャープなんだなという事も実感しました。本当にまたやりたい!

 

5月には初めて劇団まんまるから2人、ずっと仲良くしてくれている香川県の劇団「マエカブ」本公演に出演させていただきました。
私は途中参加ではあったのですが、久しぶりに元劇団員トニーとタッグを組めて楽しかったです。新人上野君も頑張ってました、早く本公演でもデビューしようね!鵜戸君はリベンジしようぜ!

 

とまあ、本公演は無くともたくさんのチャレンジをしました

 

 

コロナ禍で、何かを諦めたり、断念した人も多かったはずです。実際、劇団まんまるからも退団したメンバーがいます。

今は演劇の事は放っておいてもいいです。命や生活より大事な演劇はありません(演劇が命や生活になっている人は別です)。

でも、きっといつか、人はこの困難を乗り越えるから。

その時に、また演劇を、劇団まんまるを思い出して、この熱源に集まってくれたら嬉しい。

だから、来年も、情熱を掲げて、走り続けます!

 

 

以上、今年の振り返りでした!

Related Post

1 / 11

2015 劇団まんまる All right reserve.