劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 忽那一樹

まんまるのゼラスウィーラーこと忽那です!2022/04/21

どうも!
まんまるのゼラスウィーラーこと忽那です!
まともに打たんけどムードメーカー忽那です!

 

 

 

重大発表ー!

 

重大重大発表ー!!!

 

この度、劇団まんまるは!!!
長引くコロナウィルスの影響による演劇公演が打てない現状に嫌気が差し!!!

 

劇団を解散!!!

 

そして!!!!

 

草野球チーム「徳島まんまるテアトルズ」として生まれ変わりました!!!

今後とも!!!
まんまるテアトルズをよろしくお願いします!!!!

次回試合予定は未定です!!

 

 

以下、メンバー発表です。

 

 

1番 上野晋作(遊)

まんまるのリードオフマン。足は速いが女には奥手。やたらめったらよく打つが未だに野球のルールが曖昧で、打った後三塁に向いて走るため打率は低い。

 

2番 谷本勝(左)

元々遊撃手だったが年には勝てずレフトへコンバート。バントには絶対の自信があるが8番忽那、9番清水、1番上野が決まって凡退するため見せる機会はほとんどない。可哀想。

 

3番 安藝大輔(中)

ブンブン丸。どんな球でもブンブンするので三振率は高いが長打率も高い。あと、どんな女でもブンブン。

 

4番 丸山裕介(三)

キャプテン。打順が4番以外になると拗ねる。自称スイッチヒッターだが左の打率は.031。右の打率も.031。

 

5番 鵜戸昌実(捕)

眠れる大砲。その巨軀から放たれる打球は天をも貫くとされるが未だそのバッティングは眠ったまま。

 

6番 茂嶌マミタソ(右)

爆肩。異常に肩が強くイチローも斯くやの返球を度々見せる。しかしバッティングフォームは種田仁にそっくりな上、打てない。

 

7番 小川麻友子(二)

クセ者。パンチこそないものの攻走守揃ったベテラン。とにかく相手の嫌がるプレイを心掛けており誰も聞き取れないスラングで相手を罵倒することもしばしば。

 

8番 忽那一樹(一)

打てない守れない走れないが、持ち前の明るさでチームを盛り上げるムードメーカー。やたらとガムを噛みまくる。

 

9番 清水宏香(投)

遅い荒れ球を武器に打たれまくるまんまるのエース。下半身が異常に弱いため走り込みを命令されるがロードワーク中は基本的に居酒屋でビールを飲んでいる。

 

監督 いっちー

誰もその姿を見たことがない幻の監督。誰も気が付かない内にベンチに大量のカレーを置いて帰る。

 

代打 田中凌星

ドラ1ルーキー。野球に関するありとあらゆる知識を持っているが実戦に活かすフィジカルはゼロ。今後に期待。

 

Related Post

いざ新年度!2022/04/09

気付けば新年度です!

元気ですか!

落ち込んだりもするけど私は元気です。

清水宏香です。

 

 

新年度明けるまで公に言えなくてもどかしかったですが、今年度はのんびり仕事する一年になります。

なってしまいます。

 

 

私はフリーアナウンサーなので、毎日毎月毎年同じ様に仕事をする訳ではなく、海賊の様に案件の賞金稼ぎをして何とか口に糊をしています。

今年度は、毎週2日出演していたレギュラーラジオ番組が1日になるので、他の平日5日は他の仕事を探していく事になります。

 

3月は、特に焦っていました。

放送局訪問したり、連絡したり、動画制作会社に営業メールを送ったり…

ずっとお世話になってる司会の先生はとても親身になって相談に乗って貰えました、ありがとうございます。

 

 

そうこうする内に4月が始まって。桜も散り始めて。

私はソファーに座って、こうしてブログを書いています。

 

 

残念ながら電波に乗る時間は週に3時間と、2011年以来の短い時間になってしまいますが、また何かご縁があれば巡ってくる仕事もあると信じて勉強を続けていこうと思っています。

 

劇団の中には、新しく仕事に就いた人、仕事を探して奮闘している人、仕事を辞めて夢を追いかけに行った人、仕事が辛くて悩む人、様々です。

どんな環境でも大変な事に変わりはない。

それをどう捉えるか次第です。

私は落ち込みがちな3月でしたが、切り替えて4月、今の自分に出来る事を新たに見つけていきます。

 

 

その新たな取り組みの一つが、

AWAP公式ブロガー

です!!!

 

昔から文章を書くのが好きな私、まんまるブログも座長の軽く倍ほどは書いてるのでは無いでしょうか。

 

それを活かして、もっと多くの人に演劇を広めよう、時間ならたっぷりある。

そう思い立候補させていただきました。

AWAPさんと言えば、そう、2021年2月の演劇×音楽コライトプロジェクト『BIRTHDAY』で大変お世話になった徳島のフリーマガジンさんです。

同じ徳島のおもっしょい事を見つめる仲間として、少しでもその活動に加わりたい!

 

…そして、もし、もしね、文章を読んで1ミリでもいいなと思って貰えれば…ライターの道もあるかも知れない!?それは分かりませんが(笑)

どんな事も自分の将来に繋がると信じて、頑張っていきます!

 

 

転んでもタダでは起きない。

「清水宏香」はまだまだ死なない。

Related Post

1 / 11

2015 劇団まんまる All right reserve.