劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 谷本勝

尺に触れる話。2020/06/28

四国のお芝居に見る舞台装置の面白さ わりと真面目に装置の話

 

演劇の話ってやっぱり役者さん関連の話題が多いと思うんですけど、僕の場合はやっぱり装置関係の話が良いかなと。

 

演劇の舞台装置って長さの単位が尺貫法が多いんですよ。

 

「尺貫法って何よ?」

 

うーん、詳しくはwikipediaで調べて貰うと間違いないと思うんですけど、簡単に言うと日本で昔から使われていた長さの単位です。

 

ですが僕の場合は本業が機械の枠組みとか作ってる仕事なのでメートル法でモノを作ります。

なので舞台でよく使われる“サブロク”は909ミリ×1818ミリです。

 

よくわかんないですね。

 

このように基本は尺貫法なんですが、作るひとによって独自の技術とか製法があるよっていうのが今回のお話です。

 

たとえば同じ四国の香川の劇団さんはバッキバキに尺貫法で物作りされてます。

以前お手伝いをさせてもらった経験があるのですが手持ちのJIS企画のメジャー(と言わずに僕はスケールと言う)

じゃ訳わかんないんでそのために尺貫法のメジャーを買いました。

 

かと思えば高知のある劇団さんは本業で店舗設計をされている方が舞台装置を作っていらっしゃてて、こちらは設計図(と言わずに僕は図面と言う)を駆使して舞台装置を作られていました。

さらには劇場の模型まで製作されていて本番の遥か前に小さな舞台装置を小さな劇場に組まれると言う流石の技術でこれまた驚いたもんでした。

 

打って変わって愛媛の某劇団さんは舞台装置がまるでLEGOブロックのよう。

100均で売ってるようなフロアマット(?)を組み合わせて抽象的ながらもなるほど技の効いた工夫が面白かったり。

他にも敢えて装飾を厳選して魅せる舞台など、劇場の構成をうまく活用しつつポイントを抑えた空間造りなど学ぶことの多い場所ですね。

 

それで徳島の舞台装置は?と聞かれるとこれまた話し出すと長くなるのですが、『見えるところ』も『見えないところ』も美しいんです!

客席から『見えるところ』はもちろんなのですが、舞台の裏、例えば人形立てと呼ばれる、パネルを立てるための支柱、とでも言いましょうか。これの造りが綺麗過ぎる!

とはいえ過去の公演で酷使されているのでビス穴や釘穴だらけでボッコボコなのですが、その歴史ある姿がさながら百戦錬磨の老戦士のような貫禄を纏っている気配を感じます。

 

(ここまで書いてて今どれくらいのひとがついて来れてるのか不安)

 

また徳島の舞台装置は基本的にコーススレッドを使いません。(いわゆる木ネジ)

ほぼ『釘』!

 

これには流石にTONEのナグリ(と言わずに僕はハンマーと言う)を新調しました。

まだまだ話したいことは尽きないんですが今午前2:20なんでここらでやめときます。

舞台って役者さんだけじゃなくて見るとこいっぱいあって面白いですよね!

僕はそういうところが好き。

 

また今度!

 

写真は徳島の『文化の森イベントホール』の写真。このホールも仕掛けがカッコよくて大好きです。

 

Related Post

タニモトのマサルもぎたてっす!2020/06/28

こんにちは。今さらですがまるメンです。

 

はい。

そうなんです。

ご存知の方は今さらかよ!とツッコミが入りそうですが、このたび劇団まんまるに入れてもらいました、タニモトです。

 

四国で演劇をされている方たちにはちょっとだけ知ってるよ、って方もいらっしゃるかも。

徳島の劇団の所属ですが、瀬戸内海を飛び越えて岡山県に住んでます。

 

今年の3月に引っ越しをしましてね。

生活環境の変化に伴って、もうひと部屋欲しいな...って前の家の500mしか離れていない新居に引っ越しました。

 

Twitterで「引っ越したよ!」って言ったら岡山の知り合いにことごとく「ついに四国に移ったか」と言われてしまいましたが岡山です。

 

新型コロナ、大変ですね。

 

思えば今年の2月、徳島演劇ネットワーク公演『パンドラの鐘』の頃はなんだか豪華な客船のなかで未知の病が流行ってるそうな、くらいの、どこか他人事のようなぼんやりした記憶だったのですが、ワニが死んで志村けんさんが亡くなってしまったあたりから、自分の中の小さな世の中がだんだんとこの事態の重大さにやっと気付いて来たようにも思います。

 

んー。

あんまり重たい話はしたくないなー。

県を跨いだ移動も自粛解除になりましたね。

もちろん油断は禁物ですが、事態が少しだけ前に進んだように思います。

じっと耐え忍んだこの数ヶ月の間に少しずつ演劇を取り巻く環境も変化して来たように思います。

SNSから端を発した企画が全国の演劇を愛する人たちの力によって今までにない大きな作品としてもう少しで産声を上げそうですし、オンラインで稽古するなんてのも、もう当たり前になってきました。すごいよね。

なんていうか、こう、『人間って強いな。』と。

ちょっとお酒に酔った状態でブログ書いてます。

僕自身はね。

まあ会社員とアルバイトの二足の草鞋を履く生活なんでしっかり仕事してお金を稼いでます。(会社公認です)

そう遠くない未来に、好きな演劇を観にいきたいし、一緒に作りたいな。と。

軍資金集めに今日も頑張ります。

また劇場で会いましょうね。

また今度。

 

(なんじゃこのブログ)

Related Post

1 / 11

2015 劇団まんまる All right reserve.