劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 佐光恵美子

どう読むか2018/06/29

こんにちは、佐光です。
 
先日、UnitOutさんの「季・寄せ句」を観劇に香川は瓦町へ行ってきました。
 
勢いで誤魔化さない丁寧なお芝居。
しっかりとストーリーを追い、入り込む楽しさに加え、
描かれていない時間に想いを馳せる楽しさなど、物語を補完する楽しさにも浸ることができました。
言葉のひとつひとつを大切に創られているくせ、主張しない、語らない丁寧さが、ずるいなあ。
愛媛から東京へ上京したときに抱いていた感情を思い出したりもして。
すてきな作品でした。
 
さて、会場最寄り駅の瓦町駅の駅ビル「瓦町フラッグ」にはジュンク堂があります。
ご存知ですか、ジュンク堂。
池袋に住んでいたときは学生だったこともあり、よく足を運んでいたジュンク堂。
いわゆる、おっきい本屋さんです。
 
ジュンク堂のいいところ(と勝手に思っているの)は、
手にとった本をその場で読んでいいところ。
立ち読みというかむしろ座り読みができるところ。
全国でもこの業態の本屋さんは増えてますよね、蔦屋とか。
その先駆けになったのがジュンク堂だと私は勝手に思ってます。
 
瓦町のジュンク堂の横にはカフェがあって、
そこにあるソファーがまた可愛いんだ。カラフルで。
 
それでね、そうそう。ご存知ですか?
徳島にもあるんです、座って読める本屋さん。
イオンにある、「未来屋書店」ってところなんですけど。
ここ、めっちゃおすすめです。
 
おすすめポイントは3つ。
 
カフェしながら最新の本が読める
本屋さんなので最新の品揃え。
普通のブックカフェだと、最新のものが常に揃っているとは限らないですからね。
ここは、店舗の面積なりの話題作がまんべんなく揃っている印象です。
 
コーヒーとかケーキを注文して席に着けば、
雑誌、新書、文庫本、実用書、どんな本でも試し読みすることができます。
カウンター前には新聞もあるし、カフェできる図書館って感じです。
 
居心地がいい
いわゆるおしゃれな雰囲気でいながら、うるさくない。
木目と緑がメインの空間、一人席もソファー席もあって落ち着きます。
なにより、あまりみんなに知られてないのか、だいたい席に余裕があります(笑)
お手洗いも近いので、ショッピングモールの端まで走らなくても大丈夫。
じっくり我慢できます。ぎりぎりまで。
 
コーヒーが安い
カフェって飲み物、高いじゃないですか。大体の場合。
シアトル系なんて、ひどく高いうえに混雑していて落ち着けない。
ここはね、コーヒー、そこまで高くないんです。300円台。
ドリップ式でちゃんと美味しいし。
しかも、おかわりは100円です。
Sサイズで注文しても、Lサイズをおかわりできます。100円で。嬉しい!
 
あ、もちろん本屋さんなので、本を買うための試し読み、
あるいは購入後の本を読む、という前提なんですけどね。
 
結構穴場だと思うので本が好きな方はぜひ。
どう読むか。おうちでもいいけど、人の気配を感じる場所も落ち着きます。
もしばったり顔を合わたら、ちょっと目配せくらいにして、無言で一緒に読書しましょう。
言葉のない会話っていうのもいいもんです。
 
吃音ヒーローは特に関係ない、おすすめのお店紹介でした★
 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

おでぶのグルメ 2 ~宝来軒のカツ玉丼~2018/06/29

6月某日

「暑い…溶けそう…」

文化の森での演劇フェスティバルの帰り。

汗だくになりながら自転車を漕いでいた。

時間は昼飯時、せっかく街にでたので新しいお店でも探そうと思ったが、

 

﹙あーもういいや、あそこにしよう﹚

 

早く涼しいところに入りたくてよく知るお店に入ったのだった。

「宝来軒」…この店に来るといつもメニューを見て考えてしまう。

 

 

﹙肉入りメン丼…は熱いしな…ここはやっぱカツだな!﹚

「すいません。カツ玉丼下さい。」

 

料理が来るまでの間さっき見た舞台を思い返す。

 

﹙明かりが少し気になったけど、やっぱり楽しかったなー﹚

 

元まんまる所属で自分の大学の後輩﹙歳は一回りは違うけど﹚中西君の立ち上げた「楽一楽座」

速いテンポの中に緻密に計算されたネタをちりばめつつしっかりと

心情も描いていくその舞台はいつも自分に刺激を与えてくれる。

 

 

「カツ玉丼お待たせ。」

﹙よーし、やるかー﹚

 

これから始まる徳島公演の練習に向けて、気合いを入れるために頼んだメニューがこれ。

﹙そろそろ台本の直しも終わるし、しっかり食って備えないとな!﹚

徳島公演で吃音ヒーローが新しい本、新しい役者でどう変わるのか楽しみに想いながらご飯を頬張ったのだった。

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

褒めろよ2018/06/27

こんばんは、広報清水です!

先日MCとして呼ばれて行ってたイベント(アイキャッチ画像はそのイベント会場で撮りました)の主催会社の方から、

「ホメ水さんですよね??」とおもむろに言われました。

 

・・・

・・・

・・・そうなんです、私がホメ水です。

 

 

ラジオの毎週水曜日の日替わりメッセージテーマは「水曜ホメ水シカル水」と銘打ち、私がリスナーさんに対し褒めたり叱ったりしているのです。

 

「今日、僕頑張りました、ホメ水下さい!」と言われましたので、直接褒めてきましたよ。

面と向かって「ホメ水〜♪(萌ボイス)」と言うのはなかなか新鮮でした。

 

 

人に褒められれば誰だって嬉しいですね。

私だって褒めて欲しい。

もっと、もっと・・・もっと・・・・!スラムダンクの福田吉兆ばりに震えるほど褒められたい。

例えが古いですね。

新しい例えですと、私の大好きなGLIM SPANKYも「褒めろよ」と歌っております。

 

 

大人になれば褒められる事もぐんと減ります。

でも、リスナーさんも声優ゼミの生徒も劇団まんまるの若い子も、褒められたがってる。

劇場に足を運んで下さった皆様の、いろんな褒め言葉が、次に向けての稽古の糧になっております。

もちろんシカル水・・・ダメ出しもね。

 

 

さあ、徳島公演に向けて更に踏み出していかないと。

 

 

 

ところで!

こんな動画作ってみました。

『吃音ヒーロー』高知公演の写真と稽古場風景を組み合わせたものです。

どうぞご覧下さい、そして褒めて下さい☆

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

もうすぐ一年!2018/06/27

 

どもー!ですやんです!

 

実は、私ですやん、もうすぐ劇団まんまるに入ってかれこれ1年が経ちます!ぱちぱちぱちぱち!

入団したのは7月2日!記念日!

 

 

なので、改めて私ですやんの自己紹介をしたいと思います!

 

あ、因みにブログの最初の写真は2年前の写真です。

あんまりお顔は変わってません。あ、でも今の方がまるっとしてます。

 

 

お名前‥宮元 優佳(みやもと ゆか)

よくゆうかって言われますが、ゆかです。

ただゆうかでもいいです。そこまで覚えてくださっただけで充分です。

 

あだ名‥ですやん

ですやんっていいます。実は中学生のときからですやんって呼ばれてます。なんとかですやーん!って調子に乗って言ってたらですやんって呼ばれるようになりました。

あ、因みに会社ではみやもっちゃんって呼ばれてます。

あとごく一部の人にはゆかって呼ばれてます。どきっとします。

 

出身‥徳島

大学は兵庫に出てました。就職でカムバックしてきました。

 

お父さんは鹿児島出身で、お母さんは大阪出身です。

九州だと、本は元になるんです。

あ、苗字の話です。

 

血液型‥B型

生粋のB型です。何にも混じってません。

 

誕生日‥2月8日

私の持論では、早生まれはおっとりした性格の人が多いです。4月から6月生まれの人はすばしっこい。

11月生まれの人はアンニュイな感じ。

 

確かまんまるには6月生まれの人が多かったと思います。

 

性格‥負けず嫌い

自己顕示欲が強い(大木さん談)

 

ひどい。ひどいですよねー。

 

趣味‥一人映画、一人で劇を見に行く、

なわとび(一昨日から始めました。ずっきーの影響です)

 

そうです。友達が少ないんです。ま、こんな性格ですからね。

誰か、、友達になってーーー(>_<)

 

特技‥なんだろ、全然思いつきません。すみません。

 

そんな感じです!

そんな感じでやってます!

 

2年目も、がーんばーるぞー!

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

ちょこっとミント2018/06/26

こんにちは、趣味は自称「音楽鑑賞」の高下です。

あ、先に言っときますけど、タイトルはあまり関係ありません。

メンズですが結構チョコミントが好きです。

あの妙なまでにグーリーングリーンした見た目に若干の抵抗感は感じますが、味は好きなんです。

 

 

あ、さて~、ちょっと前にネットを見ていたら、

「新しい音楽を探さなくなる年齢について調べた調査結果」

なんていうのが出てました。

調査した機関が仏の音楽配信サイトで、英国のリスナー1,000人を対象に行われたアンケートですから

世界中の人々が「この調査通りだ」なんてことは言えませんけどこの調査によると

「音楽的無気力」とも言える現象が実際にあるとし、そうなると新しい音楽を探さなくなるという。

そしてその現象が平均すると30歳6ヶ月を迎えた頃から始まるらしい…。

で、この現象が始まると、昔聞いた音楽や決まったジャンルの曲ばかり聞くようになるらしい。

 

 

このアンケートを見て、なんとなく身に覚えを感じる齢40の私。

そう言えば、ケータイなんかに楽曲入れて移動中に聞いていても、ついつい耳障りのいい10年近く前の曲を聞いていたりするし…

 

 

若いメンバーの多い劇団なのでもうちょっと感性尖らせていかんといかんかな~

なんて思ったりもする気がする今日このごろです。

 

さてさて、劇団としては、高知公演から、一部の脚本やキャストに手を入れて、

徳島公演に向けて動き始めていますよ~

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

社員旅行にて2018/06/24

秋田県・岩手県・山形県(あと一瞬宮城県)と回って参りました!

 

中尊寺金色堂は義経・弁慶好きとしてはたまりませんでしたが、やたら歩くスピードの速いガイドさんに内心イラっとしつつも、世界遺産の厳かな空気が僕をなだめてくれていました。
そう思い込もうとしていました。

 

 

なんせ、ご飯が美味しかった。

 

きりたんぽ。

佐藤錦(さくらんぼ)

いぶりがっこ(たくあんの燻製のようなもの)

わんこそば(121杯食べてしばらく蕎麦見るのも嫌に)

 

 

・・・

 

太った!!

ヤバい!!

 

これは痩せなくては!!!
※昔の大木を知ってる人からしたら信じられない話ですが、ここ数年で嫁さんに「歪(いびつ)」と評価される腹になっているのです。

 

 

と、ここで「吃音ヒーロー(徳島版)」の稽古です!

 

なんせこれからの稽古場は暑い!
暑いの一言です!!

 

そして高知版を圧倒的に上回る運動量のある役者の演技を予定しております!

良い公演にするため!!

そして、痩せるため!!!

大木の腹にも乞うご期待!!!

 

嘘です。

公演の方をよろしくお願いいたします☆

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

プリズムの煌めきを…2018/06/24

 

 

\誰にー?/

 

 

あなたに…

 

 

\私に…!!?/

 

 

どうも!神浜コウジ夢女子(過激派)東條です!

コウジモデルの指輪買いました!!(金属アレルギー)

推してるスタァは如月ルヰです!

来年の春に劇場公開&TVアニメ放送が決まって期待が高まります!!生きれる!!

http://kinpri.com/sp/

 

 

そんなわけでキンプリ(ラ)のことを語ります。

KING OF PRISMは気付いたら私の人生の一部となっていました。

※KING OF PRISM(略してキンプリ・キンプラ)とは(by東條)

TVアニメ、プリティーリズム・レインボーライブのスピンオフ作品である劇場版アニメ。

(私はキンプリから見ても楽しんでもらえると思います。

  でもレインボーライブも最高です。)

プリズムショーでスタァになりたい少年達のお話。

プリズムショーとは歌い、フィギュアスケートのように舞い踊り、ジャンプを跳びます。

応援上映もそうですが作品も『お尻からハチミツが出る』『ギリシャ神話になって銀河鉄道に乗り、ハリウッドへ行って星座になる』と話題になりました。

 

とにかく応援上映が最高に楽しい!!

地球は黄色かった!!

 

 

演劇をやる上で『速水ヒロ』という人物は私に道を示してくれました。

プリズムキングカップでのプリズムショー。

カヅキ先輩とヒロ様、シンくんのショー。

そしてルヰくんのショー。

誰のためのショーなのか。

 

 

「PRIDEを一番上手く表現出来るのは俺だぁ!」

っていうヒロ様を私は尊敬しているし、羨ましく思います。

私もそんなふうに自信を持てたら、そしてそれに負けない実力が欲しいと。

そして、エーデルローズにとっての速水ヒロのような存在になれたらと。

 

 

ただ演劇は皆で作って行くものなので、それだけではどうにもならないんですけどね。

オバレやエデロ生のような関係作りが大切だと感じます。

 

 

高田馬場ジョージも好きですね。

彼のポジティブさとか、自信があるところ。あと媚び力。すげーなって!!思ってても口に出せないことガンガン言うじゃないですか。でも憎めない。

そしてすごく努力してるんだろうなぁと。

私がシュワルツにいたら絶対嫌いですけどね。

 

 

あと山田さんのショーがみたいです…

どうか……

 

 

とにかく来年の春が待ちきれないんじゃあ……!!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

見たことのない景色を求めて2018/06/22

「まだ見たことのない景色に出会う為に、俺は西へ向かう」

 

誰に言うでもなくひとりポツリと口にして出掛けた午前5時。
休日の目覚める前の街を、一台の小さな車が走る。

 

使い慣れたフィルムカメラとデジタルカメラを一台ずつバッグに詰め込んで、
彼の行く先はそう、徳島県の西の果て。
とある季節のとある時間にだけ目にすることの出来る風景を写真に収めるために。
早朝の人気のない道をひとり、静かにアクセルを踏み込む。

 

 

コンビニで朝食代わりのおにぎりとパンを買い、
トロピカーナのオレンジジュースを飲み干す彼の口元は、
食べたばかりのホットドッグパンのケチャップの残りカスと共に、
微かな笑みを携えている。

 

どんなに日中の太陽が地面を照らしても、
早朝の街に流れる風はまだ冷たいのだった。

 

思っていたよりも体感の気温は上がらないまま。
しかし彼の目の奥の灯火が消えることは無かった。

 

 

午前7時より少し前。
目的の場所に着く。

 

西の果て、辺境、四国の真ん中。
空気は徳島市内のそれとは明らかに違っている。
カメラを構えて立っているすぐ側を車の走る音こそするけれど、

 

静かだ。

 

何だろう。

 

静かだ。

 

 

瞬きをすれば空の色は一瞬で変わってしまうだろう。
同じ四国の筈なのに、見様によっては異国の風景にも感じられた。

 

映画の中でも観たことのない、
映画以上の風景が現実の目の前に広がっていた。

 

夢の物語を多くの人と共有し紡いでいくのが演劇の役割なら、
物語の一瞬を切り取り永遠とするのが写真の役割。

 

シャッターを押している瞬間なんて1秒にも満たないけど、
長い間心に残り続けるであろう風景を、写真という1枚の形に収める。

 

 

 

見たかったひとつの風景を撮り終えて、
しばらく余韻に浸った後は、
また次の風景を見てみたくなる。写真に収めたくなる。
そうして目にしたものの記録を残しながら、
旅は続いていく。

 

物語を作り、舞台に立つのも
もしかしたら同じような気持ちなのかもしれない。
人生が続く限り、旅も終わる事なく続く。

 

東の空が少しずつ、
明るく変わり始めた。

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

おしゃべりしましょー2018/06/21

 

 

 

 

 

こんにちわんつー宮井です。

 

 

 

 

 

 

 

 

お祭り行きたい。

 

 

 

 

 

 

屋台のカステラ食べたい。

 

ぼんやり赤い提灯の下で

しゃがんでぶどう飴食べたい。

 

飴をしゃくっとかじってしまって

当時お気に入りの白いパーカーにブドウ果汁の染みを作った

小学生時代を思い出したの懐かしい。

 

地元のお祭りは同級生がみんな集まってて

好きなあの子に会うかもって

いつもちょっとおしゃれしてたの懐かしい。

 

結局会ったら

「あ、お、、、おう。」

みたいになって何も話さないし

小さい神社だから時々すれ違うだけで

お互い友達とずっといるんだけど。

 

それでもドキドキして夜布団の中で

思い出してニヤニヤ眠ってたの懐かしい。

 

淡い恋心。

 

あぁ青春。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期になると夜聞こえてくる

阿波踊りの練習をする音がたまらなく好きです。

 

高校の部活帰りに

その音を聞きたいがために

遠回りして帰ったりしてました。

 

阿波踊りは踊れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祭り行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は浴衣着たいです。

 

前もってたの売っちゃったので

買うとこから始めないといけないんだけれど。

 

渋めの赤で古風な感じの大柄で

高校生ごろからそれしか持ってなかったけど

ずっとお気に入りでした。

 

一昨年まで着てたしね。

 

またお気に入り探したいな。

 

今度はもうちょっと大人要素も取り入れたい。

 

でもやっぱ赤好きだから

赤にしそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤西じ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でもないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でこんな

どうでもいいことしか書かないんだこの野郎

と思っているでしょう。

 

え? 悠ちゃんのこともっと知りたい?

 

ありがとう。

 

実はまだ徳島公演の役が決まってから

稽古をしていなくて

自分の時間が沢山あるのだよ。

 

だから自分のことをお喋りしてみたのだよ。

 

自分のことお喋りするの好きなんよね。

 

昔、プロフィール帳みたいなのあったやん?

 

友達同士で交換して書きあうやつ。

 

わたしの好きなことは______で

休みの日はよく______してるよ。

 

みたいなやつ。

 

ああいうの書くのも大好きだったから

うち自分大好きなんだと思う。

 

でも同じぐらい

書いてもらうのも大好き。

 

みんなのブログ読むのもめちゃ楽しい。

 

人間おもしろくない?

 

人間大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、金曜日から稽古スタートです。

 

休みの期間に充電したりインプットした

みんなのあれやこれやが集まってくると思ったら

ワクワクが止まりません。

 

きゃはは。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

 

 

途絶えぬ歌に陽は射さずとも2018/06/21

こんにちは、森田です。

 

最近誕生日を迎えました。
36になりました。

 

「四十にして惑わず」
なんて言葉がありますが
4年で不惑に達せられそうな気がひとっつもしません。

 

日々迷い、惑い、葛藤しています。
人として、旦那として、父親、社会人、劇団員、ほか諸々。

 

ごく私的なところですが
ネガティブな感情に陥っている時こそ
いろんな声に耳を傾けることを心掛けています。

 

「過去と他人は変えられない 未来と自分は変えられる」
最近いちばん刺さった言葉です。
あるところで見かけた書にしたためられていました。

 

先日の高知公演でも思うところが本当にたくさんありました。
自分の中に書き留めた言葉がいくつもあります。

 

いろんなところで、不器用ながらに少しずつでもアウトプットして
またそれがどこかの誰かのインプットになればなと
そんな事を考えたりしています。

 

お、そんな場が近々あるじゃないの。

 

8月4日、5日。

 

皆さまのご来場、お待ちしております!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

1 / 3123

2015 劇団まんまる All right reserve.