劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

徳島公演用修正稿執筆中!2018/06/20

なーんくるーないさーー!!(ライオンキング風

週末に、大木さんが地元のパイナップルを持ってきてくれました。

切った後の写真はありません。

食べました。

ごめんなさい。

最後の一切れを何を言うわけでもなくスッと家内が食べたことを少しだけ

微粒子レベルで根に持っている、丸山です。

 

この週末は色々ありまして。

土曜日は高知にTRY-ANGLEさん本公演「ライフレッスン」を観に行きました。

この作品について語るときっとタイトルについて話す前に凄くテキスト量が必要になるので書きません。

そもそも、

 

 

 


な感じでTwitterの方で感想ツイートを書いたんですよ。

でも、自分で言うのもあれだけど、感想書くの下手くそだなあって。

劇団の本公演の作品書いてる癖に、感想書くの下手くそって。

あーあ。

 

次、日曜日には徳島県の南部、美波町に

映画「波乗りオフィスへようこそ」のエキストラ出演に行ってきました。

 

 

撮影前の様子。

※特に映画とは関係ありません。

 

 

 

撮影中の様子。

 

 

 

撮影後の様子。

 

 

 

閑話休題。

徳島公演に向けて台本の修正を行ってます。

なんといってもキャストが変更になるので台本の修正が必要なのです。

 

あれ?

そうそう!キャストが変わります!

それについては、また後日演出大木から発表されると思います!

 

 

 

 

 

 

さて、

 

前回のブログにこう書きました。

 

今回書いた「吃音ヒーロー」は凄くざっくりまとめるとコミュニケーションのお話として書きました。

みんな一生懸命生きてるし頑張ってて

その中で主義主張があって。

自然とその言葉がスルーされてしまう人がいて

普通に生活しててもそういうヒエラルキーは存在するもので。

そういう、言おうとしてるし相手に受け止めて貰えれば問題ないのに受け止めて貰えなかったからこそ

の話にしたつもりです。

次回公演に向けて、脚本についても少し手を入れていきます。

僕が思う、人が住む世界の一場面をギュッとしたその様子がより輪郭をハッキリさせて皆様にご覧いただければ幸いです。

 

高知公演がそう書けてたんだろうか。

書けてたというか、書いたことが伝わったんだろうか。

あーあ。

 

僕もコミュニケーションが得意じゃないです。

特に口喧嘩が苦手です。

感情が心を支配して言葉が一切出てこなくなるんで。

罵詈雑言浴びせられながら、これ本当に言葉の暴力は良くって何で物理的な暴力はあかんねんって。

そういう時、せめて殴りたいって思います。

我慢するけど。

頭が言葉じゃないものでいっぱいになっていて

その状態で「何か言え」って言われても心無い言葉しか出てこなくて。

なので、口喧嘩出来る人が羨ましいです。

 

喋る時に頭の中の映像だったり、音だったりがいつも先行してて

口から出てくる言葉が一番後になります。

なので、後で振り返ると言いたいことの半分も言えなかったって、お風呂で反省します。

喋ることが得意で、聞くことも凄く上手なパートナーを見てると素直に羨ましいって思います。

彼女は凄く聞き上手です。

 

以前よりは随分マシになりました。

意識的にゆっくりゆっくり喋ることで映像とか音をちゃんと言葉に翻訳してから話すことが出来てきました。

それでも何かいつも漏れちゃう。

 

言葉が足りない僕ですが

沢山助けてもらって、どうにか書くことが出来てます。

徳島公演に向けてさっさと書かなきゃいけないんで、今日はこの辺で。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.