劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 丸山裕介

演劇大学in徳島が終わったね。2019/09/17

どうも、丸山です。

ブログでは随分とご無沙汰してしまってすみません!

 

さて、演劇大学in徳島が無事に終わりました。

2年前まで受講していた「演劇大学inさかいで」では参加者でしたが

今回は実行委員長として、運営サイドで演劇大学に関わることになりました。

 

コトの起こりは2年前。

徳島市内にある「あすなろバレエスタジオ」の檜先生が「ChAiroiPLIN」のスズキ拓朗さんと懇意にしてて

先生が徳島でもっと表現者が学べる場を作りたいと話したところ

日本演出者協会」所属でもある拓朗さんから「演劇大学ってのがあってね」みたいな話を知り。

やってみようとなったことがキッカケでした。

「演劇大学inさかいで」の最終年に徳島演劇界の生き字引でもある浅香先生と一緒に檜さんがいらっしゃって

協会の和田さんから檜さんを紹介頂き、浅香先生・檜先生・僕、でじゃあやりましょうかと

実行委員会が発足しました。

文化庁の委託事業なので、決定があるまでは公に動くわけにはいかなくてコソコソと準備を進めてました。

準備段階でうちの大木さん(彼も演出者協会員です)とか、その他の実行委員に加わって頂いて

ようやく今年度になって具体的に動ける形となり、和田さんとしょっちゅう電話しながら

講師の方々の調整を行いました。

 

すったもんだがありまして。

 

今回の講師陣となりまして。

 

開講中、殆ど全部の講座をちょっとずつ見学していました。

どの講座も素晴らしくて、で、参加者の皆さんの顔も楽しそうで

出来てよかったなあと感じました。

 

最終日、各三日間講座の発表会がありました。

拓朗さんの講座「物語を踊ろう」はかもめのジョナサンを題材にダンスと演劇が

ミックスされたものでした。

「飛びたい」という無垢で直球な言葉が、身体を伴うことで

こんなにも心に響く表現になるんだと、タオルで涙拭きながら思いました。

言葉はいつも想いに足りなくて、セックスで相手とゼロ距離になっても届かなくて

そんなジレンマも身体をともなった言葉は飛び越えてくれるのだと表現が教えてくれました。

そんなスズキ拓朗さんが所属するコンドルズの公演が来年1月にあわぎんホールで上演されます。

是非♪

 

そして、わかぎさんの「つながる演劇」では言葉が身体を伴うための様々な基本を皆さん学んでいました。

発表ではスポーツ実況やゴシップ、ニュース、天気情報等、様々なシチュエーションのアナウンスを

組み合わせた短編を朗読していました。

全く関係ないそれぞれのニュースを切り取って繋ぐことで、ジョーク的な面白さになっていました。

事前に台本は頂いていたのですが、黙読だけで難易度高杉晋作でした。

よくまあ、参加者の皆さんこれで発表しようと思ったなと。

舞台に立つのが初めての方も多い中、皆さん堂々と発表されていました。

で、ウケてました。

本番前のご多忙中、お越し頂きありがとうございました!

そんな、わかぎゑふさん主催の舞台「体育の時間2019-2020~全ての女性アスリートに捧ぐ~」

絶賛販売中です!近くだと来月大阪で上演されます。

是非♪

 

最後に土田英生さんの「長編戯曲を書いてみよう」では

どんな講座だったのかを発表されていました。

出来上がった作品は後日「演劇大学in徳島 ホームページ」にて掲載予定です。

ドーンミスイット。

戯曲を書くこともあるので、土田先生がどんな方法でプロットを作っていくのか

以前から気になっていました。

今回伺った内容は今後の劇作に確実に使っていくので!ありがとうございました!

ちなみに、この戯曲講座。

うちの坂東も受講していたので、いつか劇団まんまるの舞台で彼女の台本が上演されることもあるかもしれませんね♪

 

これら三日間講座の他にも単発講座がたくさんありました。

とても動く、演劇的な朗読劇をされている「家族草子」のテキストを利用した明樹由佳さんの「朗読に挑戦」講座も素晴らしかったです。

朗読って、、、あ、これは先日清水がブログに書いてましたね!

子供向けの「体をいっぱいつかって、ワイワイあそぼ!」講座。

子供向けといっても、内容は楽しみながらも演劇のメソッドをふんだんに使ったものでした。

劇団の基礎稽古でもやってたりします。

 

和田さんの「わくわく演劇入門」「演出って何?初心者のための演出講座」は

座学だったのですが沢山ご参加頂きました。

演劇が社会に貢献できること。

僕が演劇が好きな所は、マイノリティを受け入れてくれる所だと思っていて

この2つの講座は僕全て聴講してたのですが、それが何故か分かった気がします。

そして、これも清水がブログに書いてました!

 

沢山の皆さんのご協力で今回の演劇大学が出来たと思っています。

そして、そんな協力してくださる方々をいつも繋いでくれるのがパートナーでもある清水です。

 

大学卒業以来してなかった演劇をもう一度するキッカケも。

劇団を作ろうと思ったキッカケも。

今の稽古場を見つけたキッカケも。

 

本人も何処まで自覚があるのかわかりませんが本当に色んなキッカケを彼女から貰っています。

発表会終わり、少し懇親している参加者の方々を見ながら、色んな種を現在進行形で撒いているんだなあと思いました。

次回公演の「しんちくん」は戯曲を作る段階から沢山のアドバイスを貰っています。

そして、今回の演劇大学を経てパワーアップした役者陣が出演します。

是非♪

 

劇団を作ったときには思っても無かったことを今しています。

社会派でも立派でも無いですが、演劇が葛藤を描き、エールを送るものならもう少し続けてみて少しは人の役に立てればと思います。

少しね。少し。

とりあえず、今は、これ書いたら、寝たいです。

寝て、元気になったら、この胸でグルグルしてる何かを発散したいので

書いたり、稽古したりしようと思います。

 

じゃあ、おやすみなさい。

あなたも是非、いい夢を。

Related Post

演劇大学in徳島 3日目!2019/09/16

演劇大学in徳島あっという間に最終日です…!!!

またもや広報清水がリポートしますよっ!!!

てか、まんまるからもたくさん受講してるので、終わったら皆感想書いてくれよな!!!

 

 

さて、2日目は満を持して、F講座・明樹先生の『朗読に挑戦』が開催されました。

申し込み時より人気の講座、特に中高年の女性の参加者が多かった印象です。

私もスタッフとしてサポート、時に混じって読ませて貰いました。

朗読の時に感じるのが、『上手い下手では無い、その人の生きた証が声に出る』という事。

演技としてみたら上手いとは言えないかもしれない、でも、

お年を召した女性や男性の読みはとてもしみじみとして感じる物があるのです。

声優ゼミの講師をしているので、若い声優さんが素敵でカッコいい『声』をされているのはよく知っております。

でも、より、人間らしい『言葉』が響くのは、そういったプロ声優よりもその辺の普通のオバちゃんじゃないのかなと。(※個人差あり)

私もゆくゆくはそうなれるのか。

いい歳の重ね方をして、先輩方の様になりたいものです。

とかとか思いつつ、今回も非常に勉強になりました!

 

 

和田先生のH講座・『わくわく演劇入門』、

座学なので少し固めで難しいかな?と構えてましたが、どっこいとても面白かったです!

痛い事を「痛い!」と感情モロに表現するより、「痛くないっすよ?」って痛さを堪えた表現の方が観客は『あー痛そうだなぁ』と思う、と言うのは膝を打ちました。

色んな演劇の形についてのお話がありましたが、演劇のルーツが仲間を励まし勇気付ける為のポジティブなコミュニケーションツールだった、というのがとても嬉しく感じました。

 

 

さぁ本日は泣いても笑っても最終日。

ABC講座は最後に発表会もあります。

はてさてどんな作品が観られるのか、今からとても楽しみです(=゚ω゚=)

Related Post

演劇大学in徳島 2日目!2019/09/15

お疲れ様です!広報の清水です!

演劇大学in徳島初日、各講座とも盛り上がっていました〜!

 

この演劇大学、何が楽しいって、最初は初対面でちょっと緊張してた講座生が、徐々に打ち解けて行って仲良くなるんです!

大人になって、見ず知らずの人と一緒に一つの目標目指し頑張る事って、あんまり無いですよね。

私が思い当たるのはリアル脱出ゲーム位です(これもとってもオススメ!)

 

そして先生方もとっても気さくで面白い!

体を動かす講座は勿論の事、座学も飽きる事なく挑めるのは先生方の魅力のお陰でもあります。

B講座・わかぎゑふ先生の『繋がる演劇』、 まずは朝なので脱力、ストレッチを入念に。

 

C講座・エリザベス・マリー先生の『物語を踊ろう』何か物語の片鱗が出来上がりつつありますよ!?

黄色いTシャツの子はウチのゆっちゃんです!

 

 

さぁ、2日目はどんなドラマが生まれるのでしょうか??

明日はいよいよ、成果発表の日!

『演劇大学ってどんなんだったのかな?申し込みしてないけど覗いてみたい…!』

と言うあなたも、当日受付でお申し込み下さればご覧頂けます!

入場無料!

あわぎんホール4階大会議室でお待ちしています!

Related Post

【祝】演劇大学in徳島 開校2019/09/14

いよいよ!

14日(土)から16日(月・祝)までよ3日間!

演劇大学in徳島、開校です!!!

 

 

坂出に出向いて受けた貴重な体験を、地元徳島で、

しかも実行委員として関われるなんて思ってもみませんでした。

 

様々な角度から演劇やダンス、朗読など表現について学べます。

既にクリエイターとして歩んでいる人にも、全く触れた事が無い人にも色んな響き方をする事でしょう。

終わった後の懇親会で感想を聞くのも楽しみです♪

 

私自身も成長する良い機会です!

 

写真はC講座・土田先生による長編戯曲を書いてみようのお部屋です。

皆ほとんど初めての戯曲の書き方で苦戦中…!最終日には長編が出来上がるのか…!?

ともかく!

一緒に学ぶ皆さん、楽しみましょうねー☆(*゚▽゚)ノ

Related Post

観劇三昧(というのかな?)2019/09/13

大木です。

お芝居作ってない時は脳が覚醒してない大木です。

眠い。

眠いです。

台風でパラボラが変になってWOWOWが観られなくなったのを、

こないだ何とか修復して(なんか前より電波強度強くなった)また観られるぞー!

 

 

・・・と思ったのも束の間、深夜帯やってる映画といえば、

 

『シャークネード』 なんか鮫が竜巻に乗ってたくさん飛んで襲ってくる

※なんやこれ・・・

 

『シャークトパス』 なんかタコと合体した鮫が襲ってくる

※なんで足す?

 

『ダブルヘッド・ジョーズ』 二つの頭の鮫が襲ってくる

※あー、突然変異的な・・・

 

『トリプルヘッド・ジョーズ』 三つの頭の鮫が襲ってくる

※(オモロイ画やな)あー、核廃棄物の影響受けた的な・・・

 

『ファイブヘッド・ジョーズ』 五つの頭の鮫が襲ってくる

※(なんか歩いてんな)あー・・・

 

『シックスヘッド・ジョーズ』 六つの頭の・・・・・・・

※・・・

 

 

 

 

もうええわ。

いや、フォースヘッドはどうした?

いやいや、やっぱええわ!

 

 

なんか鮫映画ばーっかりやってるんですねえ。

ゾンビ映画もB級・C級とたまに特集組んでやってますが、まだ見れる。

 

鮫のB・C級はしんどいなーーーー

でも好きな人おるんやなーーーーー

って感じで全然WOWOW見てないのです・・・アンテナ直したのにー。

※スピルバーグ監督の『ジョーズ』は超好きです!!!

ロイ・シャイダー渋い!(『ブルーサンダー』って戦闘ヘリの映画もオススメ!)

ロバート・ショウ第二次大戦中の鮫エピソードこわ良い!!

リチャード・ドレイファスかわいい!!キュート!!

 

 

はいー。

最近は『凪のお暇』『偽装不倫』『ルパンの娘』『Heaven?』らドラマを

撮りだめてるのを観てまして眠いのですねー。

面白いですよ!

※『ルパンの娘』で「横浜メリー」さんのパロディ?オマージュで、

「大阪ジェーン」っての出してきた時制作サイド〇ってると思いました。

このドラマ観てる層知ってる人1割おらんやろうに。

※気になられた方はお調べ下さい。

「一途」とは。心に染み入ります。

 

 

 

 

 

んで!今回ブログのお題の「観劇三昧」とあるようにお芝居も観ています!

 

・・・まあ、DVDで、なんですけどねー。(なので、というのかな?です)

 

贅沢貧乏『フィクション・シティー』

※大木、めっちゃ好きでした。なんか、全部、「わかる!」って共感地獄に。

 

劇団新感線『SUSANOH~魔性の剣』

※久々観ましたが、めっっっっちゃオモロイですねー!!

 

を直近で観ました。次回は野田地図『贋作・桜の森の満開の下』を予定。

※大阪公演千秋楽観劇以来になります。『Q』も観に行くよ!!

 

 

観ました、というより、「観てもらいました」ですかね。

 

というのも、今年度の徳島演劇ネットワーク公演をするにあたり、

「初めて演出する者をバックアップするぞプロジェクト(命名なう)」を発動しているのです!

 

そのために戯曲選定・キャスティング等プランニングを今からしていかなくてはならず、

まず、いろんなお芝居を観てもらおう、ってところから始めているところなのでございます。

※ちなみに2020年2月1日(土)・2日(日)と日は決まっておりますよ☆

 

誰がやる。何をやるなど詳細は追って随時報告させていただくかと。

それより前に、明日から始まる演劇大学㏌徳島!!(参加予定の皆さま。大いに楽しみましょう!)

 

2か月後に始まる、まんまる初のロングラン公演「しんちくん」!!

こちらをよろしくでございます!!!

 

 

 

追伸

先日、とあるところにお邪魔して、本番前の通し稽古を拝見させていただきました。

すばらしい世界観。音。動き。表情。息遣い。

良いお芝居は、良い。

良いお芝居を、作っていきたいですね。

 

諸々、こうご期待!!!

 

 

デアッテワカレテ2019/09/13

絵を描いていたらこんな時間です。

清水です。

 

絵が得意とか話してたら、とある人に渡す色紙に似顔絵を描く事になりまして。

その人の写真や動画を見ながら筆を走らせていると、

思い出がめくるめく蘇ってきて。

その時話した事、笑い声、笑顔、何気無い癖とかで胸いっぱいです。

で、仕上がったのは3時(笑)

今夜こそ早く寝ようと思ってたんだけどなぁ。でも片手間でやりたい事では無いから良いんだぁ。

 

 

何度繰り返しても、見送るのは寂しいもんです。

でも、今生の別れじゃあない、自分次第でいつでも会える世の中なんだから。

 

そうそう。

別れと言えば、私がPとして関わって来た『楽団まんまる』、

トップにも情報掲載しておりますが、今月のライブで解散する事になりました。

色々と思いはあるのですが、それはまた改めて。

でも、これも同じです、彼女達に二度と会えなくなる訳では無い。

場所は変われど、ステージには立ち続けるのですから。

特に11月はロングラン公演をするのでチャンスは多いですよ〜♪

 

 

最後の出演になるSST定期ライブ、全力で楽しみます。

 

Related Post

アトリエにて2019/09/12

残暑が続いています、

外に出るとまるで風呂の様な湿度です。

こんばんは、清水です。

 

劇団まんまる、本公演に向けて絶賛稽古中!

そして、

今週末の演劇大学in徳島に向けても絶賛準備中!

 

 

代表の丸山さんは脚本の執筆に稽古に演劇大学実行委員長としての諸々の取り纏めにと大忙しです。

私達も広報として役者として、そして相方として出来る事をして行かねばと思う日々です。

 

 

劇団って、会社みたいな所もありますけど、もっと近いのは船だと思うんです。

第3回本公演のタイトルは『出航!まんまる丸』でしたが、まさにそんな感じ。

皆で声掛け漕ぎ合い助け合って。

それぞれが少しずつ力を貸してくれてるお陰で、何とか進めるんですね。

皆、ありがとうやで。

 

 

さて、今ちょっと溺れそうなくらい忙しい皆さんに代わって、私が徳島屈指の繁華街でもある稽古場付近で見つけた、癒しの写真を載せときます。

多分ね、松山のシアターねこより、近隣に猫がいます。

 

 

そんな我ら徳島演劇ネットワークの稽古場の名前は

『アトリエくま』!

ここで本公演『しんちくん』やるからね!

Related Post

将来に向けて2019/09/06

こんにちは、坂東です。

 

行きたい業種の企業から内定をいただくことができました。

転職という大きな第一歩を踏みだすことができたのは、劇団の一員という心強い居場所があったからです。

わがままな奴であることは重々承知ですが、やはりやりたい仕事、夢に向かっていけるのは幸せなことで、転職したことを一切悔いていません。

これからは自分の力、努力次第ではありますが、挑戦していきます。

 

入社する来年春まで、精一杯演劇するぞーー!!

 

今年の夏、キャンプへ行ってきました。

忙しくなることは確実ですが、就職してからもこの趣味は続けていきたいと思ってます。

 

 

超パワーアップ2019/09/04

皆様約5カ月ぶりですね。お久しぶりです、北條です。

最後に「みんな、忘れないでね、ぼくのこと」というブログを書いた北條です。

みんな、覚えててくれたかな?

 

忘れてしまったみんなは一度このホームページのメンバー紹介を見てこよう。

ほーら、ちゃんと役者やってる写真に変わってるだろう?思い出しただろう?

 

さて、特に落ち着いたりはしてないんですが

サポメンから元の本メンバーに復帰致しました!

稽古行けるのにサポメンでいても仕方がないので・・・。

 

最初に書かせてもらいたいんですが、

僕はこの約5カ月色々やったし色々ありました。

全て満足いく結果というわけではないですが、まだ22歳。挫折、遠回りも大事です。

 

ただ僕は諦めの悪い男です。今年上手くいかんかったことがあったとしても、

最後に笑うのは俺だ!!

ちょっとカッコつけましたが、もう死ぬまでの人生が決まったかのような言い方をされるのがとにかくキライなので、

こういう野心は常に持って選択しているという事をここに書いときます。満足なんかしてないです。

悔しい思いは沢山しました。寝られなくだってなりました。

それも最後に笑うための経験です。挑戦したからこその悔しさなので大事にしたいです。

 

 

 

さてここからはお芝居の話!

ラジオ等ではお話させて頂きましたが、演劇ユニットを立ち上げました!

名前は「遊楽頂」。徳島大学生とこの前まで徳島大学生と文理大学生の6人で構成されたユニットです。

代表という形でやらしてもろてます。

笑顔の絶えないアットホームな劇団です。

テンプレ文じゃないです。本当です。ユーモアがある人しかいません。

ユーモアしすぎて稽古が進まなくなる時もあります。それもまた一興。

 

ざっくりメンバーを紹介すると

役者も裏方も高い質でこなす超絶ユーティリティ、

豊富な知識と情熱で劇を作り上げる最強の裏方、

良い点悪い点すぐに気付く視野が360°系女子、

既に片足くらい出てきてる黄金の卵、

ついに帰ってきたベテラン女優、

そして稽古場の予約は任せろ!な僕です。

まさに、最強のメンバーでしょう・・・!

 

 

ん?まんまる入ってるのに何で別のユニット立ち上げたんだ?とお考えのそこのあなた!

「北條シンセイのヒットエンドラン!(エフエムびざんにて毎週木曜19時30分から放送中)」を是非聴いてください。

番組内で5万回くらい説明しました。

 

というのは冗談でちゃんと説明しますね。

今月の21日、22日に行われる「四国学生演劇祭」に出場するためです。

これは名前の通り学生中心の団体じゃないと出られません。

まんまる内では学生は絶滅危惧種なので、新たに立ち上げて出ることにしたのです。

最近は稽古に次ぐ稽古です。大変充実した日々を送っております。

楽しむことはもちろんなんですが、出るからには優勝!目指します。

 

まんまるのみんなには稽古場借りたりアドバイスもらったり話聞いてもらったり、

本当にサポートしてもらってます。

凄い応援してくれてるし、答えなければ。

 

四国学生演劇祭は9月21日、22日に愛媛・松山のシアターねこで行われます。

一応僕は凱旋公演ということになりますね。一応。

ぜひお越しください!

 

さぁ、本当に色々経験させていただいています。

全部財産です。演劇的にも、人間的にも。

今の僕はこんな感じです。

これは僕が大好きなスーパーファミコンの「MOTHER2」というゲームの終盤で、

主人公が自身の心と向き合い、覚醒するシーンです。

めちゃくちゃ強くなります。

今まで苦戦していた相手をあっさり倒してしまうくらい。

 

このシーンみたいに一気に強くなった訳ではないですが、

僕は3月の頃と比べると格段にパワーアップした自信があります。

しんちくんの公演までもう少し時間はありますが、更に強くなって皆様の前に再登場します。

確か前のブログで言いましたよね?強くなって帰ってくると。約束は守りますよ。

 

という訳で最近気候の変動が凄まじいので皆様風邪など引かぬよう。

おやすみなさい。

(金木犀のかほり)

2 / 212

2015 劇団まんまる All right reserve.