劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 宮井悠

冷めないうちに2019/09/29

 

 

 

 

 

 

こんばんは、ゆっちゃんです。

 

楽団まんまるラストライブありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

去年の本公演前、宏香さんに声をかけていただき、

徳島アイドルさんのことなんて誰一人知らないまま

劇団PRできるなら、、と始めた楽団まんまる。

 

 

気付けば1年以上もやってました。

 

今だから言えることは

毎回本番前は眠れなくなり、

もう次は立たない、

と思いながらライブ当日を迎えていました。

 

 

ダンスも歌も好きだけど

特別な日以外はスカートもはかない、

男受けとは?という感じに育ってきた私が

あんなに可愛い女の子たちと

同じステージに立つことが

不安で不安で仕方ありませんでした。

 

でも、解散のこの日まで

続けていましたね。不思議。

 

不安だから練習して

不安だから構成練って

どうやったら楽しんでもらえるか

ステージに立てるか

とにかく必死で。

 

 

今日も私は

アイドルとしてステージにいられたのか

わかりません。

 

でも出演するたびに

盛り上げてくださるSSTファンの方々、

アドバイスを下さる共演者の皆さん、

楽しかったよ~と声をかけて頂くたびに

凄く凄く嬉しかったです。

 

 

あの場所は本当に優しさであふれていて

はぴかさんをはじめとして

森田さんやスタッフの方々

いつも優しく見守ってくださる皆さんがいたから

私は楽団まんまるでいられました。

 

あと単純に、ステージに立つのが好きなんですよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

卒業ということで

色紙までいただいて。

 

控室でいるときに隣で書いてたらしいんですが

ほんとに全く気付いてなくて、笑

まさか用意してくれるなんて思ってなくて。

仲間として送り出してくれるんだと思うと

涙が出そうでした。

(涙はやっちが代わりに流してくれました笑)

 

 

徳島にこんなに温かい場所があること、

そんな出会いをできたこと、

ショッピングモールや野外など

沢山の場所でライブを経験できたこと、

この3人で頑張れたこと、

すべての始まりは

 

アイドルやろうと呼びかけてくれたた宏香さん

 

GOを出してくれた丸山さんのおかげです。

 

 

本当にありがとうございました!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

最後に、私たちは劇団員です。

 

楽団まんまるを見て

楽しかった~面白いなあ~素敵っっ!

と少しでも思ってくださった皆さん、

ぜひお芝居を観に来てください。

 

楽しかった~面白いなあ~素敵っっ!

と思うパフォーマンスをする私たちが

同じくパフォーマンスしています。

 

楽しかった~面白いなあ~素敵っっ!

と思えそうじゃないですか?笑

 

あまりデカいことは言えませんが

私は楽しいを共有するのが大好きです。

 

沢山笑えたり

ジーンとしたり

キュンとしたり

心が動くのは、凄く楽しい。

 

そんな楽しいを

みんなと感じていたいです。

 

 

 

 

 

 

 

以上、

楽団まんまる ゆっちゃん こと 宮井悠でした!!

 

ほんとにありがとう!

みんな、はぴねす!

 

 

 

 

 

 

 

goodbye 楽団まんまる2019/09/29

徳島県発のスリーピースガールズロックバンドと言えば、チャットモンチー。

去年の722日に『完結』し、その後は個々で活動をしています。

そんな中、メンバーの1人、わりかし沈黙を守っていたえっちゃんこと橋本絵莉子さんのオフィシャルサイトが今月26日にオープンしました。またこれにあわせて新曲“かえれない(Demo)”のPV、デモCDDemo Series Vol.1』が27日にリリースされました。

 

 

チャット完結の日に生まれた劇団発の3人組アイドル『楽団まんまる』、

えっちゃんがソロ名義で再始動するのとほぼほぼ同時期に解散となるのも、何かしら理由を見つけてしまいたくなります。

や、めっちゃこじつけなのは分かってますけど。

けど。

楽団まんまるプロデューサーでした、清水宏香、通称ぴろPです。

 

 

演劇とは、本当に紹介やお知らせがし辛いものです。

音楽は歌詞、曲、振り付けの各方向から老若男女楽しめる上に、一部抜粋しても分かりやすいし伝わりやすい。

演劇はある程度の言葉や行動の意味が伝わらないと何のこっちゃ、抜粋してしまうとほんまに何のこっちゃですからね。

 

稽古風景にしたって、音楽に比べて非常に地味になりがちです。だから出来るだけ私は衣装を着た時は自撮りをして何かとアップしていました。それでも音楽のキャッチーさには及ばないなと感じます。

 

 

そんな演劇を何とかかんとか興味を持って貰いたい。

ならば、出演者に興味を持って貰うというのはどうだろうか。

よし、劇団からアイドルグループを作ろう。

 

そんな思い付きから始めたのが、楽団まんまるだったのです。

 

とは言えアラフォー人妻の私なんぞがステージに立ってもアレなので、ウチの歌が好きな若い子にお願いしました。

決定からの速さは異常でした。

 

 

これまでとは全く違う舞台に立つのは緊張もしたでしょう、でも、お客さんの反応が嬉しくて、もっといいパフォーマンスを見せたくて、ステージングは勿論衣装や物販も色々と工夫を重ねて来ました。

 

そのおかげで、彼女たちをきっかけに演劇に興味を持って下さった方々が生まれました。

 

9月29日のステージをもって、たった一年で活動は終えますが、その成果は思っていた何倍もありました。

本当に、本当にありがとうございました。

 

慣れない私達を暖かく迎えてくれたお客さん、その中からファンになって下さった皆さん、出演の機会を下さり、アドバイスを下さった森田さん、ライブに指名で呼んでくれたターちゃん、一緒に沸いてくれたアイドルの皆さん。

時折現場に来て応援してくれた劇団員達。

全ての皆さんに、感謝です。

 

チャットモンチーの様に、いつか、じっくり羽を休めた後にまたひょかっと活動する事もあるかもしれません。

そんな時は、是非仲良くして下さいませ。

 

 

 

星が瞬く夜に。行っちゃうけど。

最後に、私は、楽団まんまるが大好きです。

これまでも、これからも。

 

 

Related Post

進めば大丈夫 明日もいいお天気2019/09/28

お久しぶりです!

づっきーです!

 

ブログの当番制と言う概念をすっかりさっぱり忘れていました(´>ω∂`)てへぺろ

演劇大学in徳島がおわりました!

単発講座しか受けれませんでしたが、

楽しかったな〜

来年は集中講座受けたいな〜

3日間あっという間だったな〜

って感じです♡

 

嬉しかったのは、高校の時の同級生が受講してくれてたことかな!

しかも3日間の集中講座!

あんまり演劇に興味があるタイプだと思ってなかったからこそ、楽しかったって言ってもらえて嬉しかった(*^_^*)

もし自分が、ちょっと興味あるな〜と思って参加した(演劇とは関係ない)何かしらの講座を受けて、

 

あっ、向いてない、、、

怖い、、怖いよママ、、

おうち帰りたいよぅ、、

 

ってなって、でも3日間過ごさなきゃいけなかったら多分嫌いになっちゃうもんな、、

 

演劇大学の先生方は普段演劇をしてない人にもわかりやすく、演劇の良さをいろんな人に知ってもらえるように、楽しい講座をして下さってました…!!

だから今回参加できなかった皆さん!!

きっと、きっと来年も(実行委員長が頑張って)演劇大学in徳島を開いてくれるはずなので、ぜひぜひ参加してくださいね\(^^)/

あとあと!

 

突然ですが、楽団まんまる解散致します(><)

 

ゆっちゃんのブログを見て、アミコ前のステージでのハロウィンイベントに参加してからもう1年が経つんだなと、なんだか寂しい気持ちになりました…

 

が!

 

喧嘩したとかそんなのじゃなく、みんなの生活スタイル的に練習が思うように出来なかったりといった理由なので、各々お芝居したり音楽活動してたりやっぱりアイドルしたくなって戻ってきたり、未来のことは分かりませんが、何らかの形で表現活動してると思います(˘ω˘)

というか、演劇活動は確実にやってます(˘ω˘)

 

なのでもし、

ゆったん、やっち、づっきーに会いたくなってきたぞ!?

ってなったら公演を見に来てください!!

 

ダンスが本当に苦手で極力避けてきた人生だったんですが、楽団まんまるとしてゆったん先生指導のもと練習しているうちにダンスが

好きになりました!

 

あと、アイドルって若い子達がしてるイメージだったんですけど、みんな優しく受け入れてくれて、何かを始めるのに遅い事なんてないんだなぁって!興味があることはこれからもどんどんやってみようって、そう思えるようになりました!

皆さんありがとうございました!

これからはちゃんと演劇頑張ります…!

 

しんちくん、見に来てねー♡

\( ˆoˆ )bye

親知らずを砕かれ、抜かれくさりまわる2019/09/27

地獄の歯痛から生還した大木です。よく生きてる俺。偉い俺。

※生還後に危険な橋を渡ったりはしておりません。

 

 

 

いやまあ自身の不摂生での虫歯だったんですけどね。

 

 

とはいえ、親知らずが生えてくること自体は不可抗力ですもの。

10年以上前に歯医者さんに見てもらった時は「抜いたら仕事とか大変だから抜かないでおきましょう」と言われました。

 

今回は痛むので診てもらいに行ったら「早めに抜きましょう」と言われました。

 

 

 

いやどっちやねん。

 

 

 

・・・と、言いたい気持ちもありますが「ケースバイケース」なんですよね。

わかりますし、わからないタイプの人がクレーマーと呼ばれる存在になるんかなーと、

歯茎を切開され、親知らずを砕かれ、抜かれ、麻酔追加、切開、砕かれ、抜かれ、追加・・・

という状況で一人別思考に逃げた時に考えたりしてました。

※これこそケースバイケースでしょ!?(否定はしないスタイル)

 

 

大木流忍術「意識を他の事考えることに向けて目の前の痛みから逃げるの術」です。

意外と効きますが、その際人に声かけられたりさすられたりすると痛みとストレスが倍増するという副作用もあります。

※大木が何かで痛がってるときは基本シカトしていただけるとありがたいです。

 

 

 

 

今回は演劇大学の事を書こうと思っておりましたが、

折しも演劇大学前日から今日まで僕を苦しめていた親知らずの話に終始させていただきました。

(誰が聞きたいんやこんな話)

 

 

演劇大学の話はだいぶ遅くにははなりますが、来月中旬以降に話させていただこうかと思います。

というのも、演劇大学中の三日間一緒に過ごさせていただきました

わかぎゑふさん主催の劇団リリパットアーミー2(セカンド)の公演『体育の時間』を観劇に行く予定であるからでございます!

※しかも千秋楽!楽しみです!お時間ある方、お早めに申し込めばまだチケットあるかもですよ!

 

 

 

 

 

 

・・・もうね、わかぎさん本当に好きなんです、僕。

大学で演劇始めたころに舞台やテレビで見てた、何なら執筆された戯曲を使わせてもらった(その時は役者)

繋がりの方とのお時間、虫歯の話と並べるわけにはいきません!

 

 

ということで、観劇後の感想と共にまたお知らせしますねー!

 

 

 

 

 

 

と、

と!

 

 

こちらの公演も忘れてもらっては困りますぜ!

 

『しんちくん』新稽古場アトリエくまにて鋭意作劇中です!

(今回僕スタッフ専任なので主にみんなが)

11月は、ぜひ、秋田町アトリエくまにて!!

 

 

忽那ですけどカブフェスで漫才三昧だったんですけど2019/09/27

どうも、まんまる1のコンプラ違反者忽那です!

 

他メンバーが演劇大学in徳島で汗を流しているとき

僕はカブフェスin香川で漫才してました。

 

 

ご来場いただいた皆様、マエカブ以下スタッフの皆様

ほんまにありがとうございました。

普段は松山を中心に三日月リリーというコンビ名で活動していますので、今後も応援よろしくお願いします。

 

はい!

以上!

 

以下、特に書くことないので僕の飼ってる可愛いハムスターの紹介をします。

 

 

名前は「おもち」です!

 

 

見たまんまですね!

可愛いですね!

僕は普段、劇団内で様々なコンプラ違反を繰り返し(団費の横領、団員へのパワハラ・セクハラ、賄賂による良役の取得、報復人事、数多の女性問題、許可のない他劇団への出演及び芸人活動、度重なるブログ執筆拒否等々)劇団員として、というより人間としてギリギリの存在としてまんまるメンバーから死ぬほど敬遠されており今回の演劇大学及び次回本公演には誘われもしなかったわけなんですが、実は小動物を愛する心優しい青年だったんですね。

そんな忽那とおもちをこれからもよろしくお願いします。

 

 

以上!

Related Post

大事なものを見ないふりしてはいないか2019/09/26

こんにちは、佐光です。おげんきですか?
冷蔵庫では、夫が同僚からいただいた梨がしっかりと冷えている。
今日の夕飯はおでんでした。棚にはまだ、素麺が残っています。
ついこの間まで暑さと戦って汗をかくことを楽しんでいたのに、
すっかり季節が変わっていく、そのスピードにちょっと追いついていけません。
 
映画や演劇、旅行をし尽くした夏の報告をせぬままに9月。
ダイジェストでご報告。
 
■ 9月14〜16日 演劇大学

錚々たる先生方が徳島に来られた、なんとも貴重な3日間でした。
 
わたくしは初日と3日目のみ参加させていただきました、主に受付と、記録写真の撮影です。
 
3日間連続講座は
 
A:ダンス講座(宮井ちゃん参加)


 
B:演劇講座(はなぶん、鵜戸さん、ですやん+大木さん参加)

 
C:戯曲講座(ゆっきーな参加)

 
の3種類。
 
いろんな単発講座もありましたが、これは割愛。
 
 
みんな書くでしょ!(圧力)
 
ちなみに、私は演出家入門を受講させていただきました。
「演出をしたい」というわけではなく、舞台に関わる基礎的なことを学びたい、その取っ掛かりを得たいという目的だったのですが、受講できてよかったです。
 
演劇に携わる身ながらあまりにも勉強不足だったことをとても恥ずかしく思いました。
演劇の歴史なんていっても、文字上の歴史しか知らなかったんだなあと思ったし、
時系列無視でなにもかもが一緒くたになっていたなあと。
作る側としての意識は追いついていないので、観る側として、の視点ですが。
 
シュールとか不条理とかいう言葉で表現されるような荒唐無稽な振る舞いで先人たちの築いたものを無視していくことはとても刺激的で、おもしろい。
解釈の仕方がわからないからこそ「おもしろいんだろうな」でごまかされる。
これを意識的に「ああ、いいぞ、いまごまかされているぞ僕は」と思えるようになればより楽しみの深みが増しそうだなと思いましたさ。
 
シェイクスピアでさえ数本しか読んだことがないのに演劇を語るなんて。あああ。
筋肉がないのに運動はできないもんなあと。
こういった機会をいただけて本当によかったです。
 


打ち上げで打ち上がったり打ち上がったりしている人たち。
 
 
■ 9月15日 マエカブ演劇フェスティバル(カブフェス)
 
一日だけ、観劇観戦。観たいのに観れなかったところもあるのが悔しいい。
スケジュールを組んで、無駄な時間ゼロで観劇 し続けました。
ほろりとしたり、笑ったり、度肝を抜かれたり、膝を打ったりと楽しい時間でした。
 
三日月リリィとして出演されていた忽那さん。

あまりの暑さに、トレードマークの青いジャケットも脱ぎさらす始末でした。
 
忽那さんはツッコミだとばかり思っていましたので、激しめにボケ倒す様が意外でした。
あの、、スタバとか行き慣れてはりますやろ?
ボケとツッコミどちらの忽那さんも味わえてとても楽しかったです。
三日月リリィを拝見するのは初めてだったんですが、見たことない人は観るべき!!
 
ほぼ無理矢理撮っていただいたツーショット写真、家宝にします。
 
 
■ 9月21日 四国学生演劇祭

※シンセイくんといえばラーメンなので國丸の日(9月20日)に食べた國丸のラーメンです。美味しいんだわ。
 
シンセイくんが代表を務めるユニット「遊楽頂」が「ヒトリ善がり。」を引っ提げて松山に叩き込み、無事四国を制圧したとの報せを受けました。
演劇大学の直前に通し舞台を見せてもらったのだけれど、作品後半からの畳み掛けるような流れがとても好きでした。
シンセイくんはいつも有言実行なんですよね。
そしてその行動の力強さ、人に対する誠実さ。まっすぐで眩しいです。
日本一目指してがんばれ!
 
 
■ 9月22日 ドラクエウォーク
iPhoneアプリのアレです。ついうっかりはじめてしまいました。
ポケモンGOのようにたぶん数週間で飽きるとは思いますが、
いまのところ楽しく歩いています。
 
このセンスゼロの装備を見て?

こういうゲームでコーディネート考えて装備できる人ってすごいなと思います。

 
■ 9月24日 演劇観賞会
主に我が家にて不定期に不定期なメンバーで開催しておりましたが、満を持して暫定最終回になりました。たぶん。
現代演劇の二代巨頭と言われている(?)野田地図と新感線をはじめ、いろんな舞台や映画を共有できて、貴重な時間になりました。
共通言語ができることはとても嬉しいね。
たくさん観ると、それによって自分の好きなものも見えてくる。
自分の感性ってのは自分以外のほかのものでのみ顕になるのだとつくづく感じます。
 
■ そしてこれからは「しんちくん」
作・演出丸山座長のもと、みんなで鋭意稽古中!
私は出演はしませんが、裏方でお手伝いさせていただきます!
 
内容についてはお楽しみ、、ということでネタバレはしませんが、
この「しんちくん」という作品、脚本を読む限り、とってもポップな印象を受けました!そしてだんだんと、、
言葉遊びの得意な丸山座長ですから、ある種「ロック」って単語に対するアイロニーなのかもしれないとも思わされました。
たのしいし、若いっていいなあって思うし、そんな世界観にはみかみながら観進められるんじゃないかなあ?
立ち稽古も始まったばかり、観る分にもにこにこしちゃいますね。
どんな舞台になるのか、乞うご期待♪
 
まんまる本公演「しんちくん」

Related Post

ロックとわたし。2019/09/25

 

 

弥生です。

すみっこが大好きです。

狭いとことかすごく落ち着きます。

 

 

でも音楽を聴いているときは

世界の真ん中にいる気がします。

ミュージカルや音楽映画の主人公になった気がします。

 

 

ロック。

むしゃくしゃしてる時によく聴きます。

イヤホンで聴いたり車の中で流したり。

全然目の前の問題は解決しないんですけど

精神的に解放されるというか

むしろ武装されるような感覚になります。

 

 

「今のわたし最強ですロックンロール」

 

 

って感じです。

心はピアスガンガン開けて赤リップ塗って

網タイツとハイヒール履いてます。

 

 

正直、音楽全然詳しくありません。

ロックもよくはわかっていません。

でも、好きなんだと思います。

楽しいも、悲しいも、悔しいも

色んな感情が高ぶった先に音楽が聞こえます。

 

 

この世界がミュージカルになればいいのにな。

 

 

と、いうわけで、

「しんちくん」出ます。

よろしくっす。

 

 

 

しんちくん

 

 

 

 

〇〇の自分2019/09/24

物心つけば私たちは「〇〇の自分」、という肩書が付いて回るものです。

学生の時は〇年〇組〇番の~、とか、

〇部の~とか。

大人になれば、進んだ会社の肩書に。

××会社の×課の~、という感じに。

 

当たり前に付いて回る肩書、

でも家に帰ったらそれらを脱ぎ去った自分になる訳で。

 

 

肩書付きで生きてる時間の方が長くなると、家の自分の所在がふと分からなくなる、そんな事はないでしょうか。

 

あ、劇団広報で役者で普段はラジオパーソナリティやテレビリポーター、MC、ナレーター、発声演技指導講師を各所でしています清水です。

 

実は、その所在、劇団で埋められると思っています。

何者でも無い、自分自身のいいとこも悪いとこも真正面から見つめなければならないのが、役者の仕事の第一歩です。

物事に対する反応、歩く時の癖、ふとした時の目線の配り方。

それらが全部、自分である事に気づかされます。

自分の中から別人格を捻り出すのが役者の仕事、であるならば、

まずは自分が何者かを知らねば。

それはおのずと自分探しになるのです。

 

 

あ、△劇団の~、という肩書が加わりますが、それと役者の仕事はまた別物ですよ。

 

家と会社の往復で、いつの間にか自分が不明瞭になってるならば、

どうぞ劇団の門を叩いてみて下さい。

 

 

ちなみに、

私は今仕事の面でめちゃくちゃ肩書が多いので、役者としての自分の隙間が凄く狭くなっちゃってます。

なので、11月の本公演では仕事の私を少し引っ張り出してくる感じになります。

お楽しみに☆

 

 

 

Related Post

その笑顔が照らす先は2019/09/22

演劇大学中は毎日ブログ書いてみましたが、終わったらもうめちゃくちゃに疲れまして、1週間があっという間に過ぎてしまいました。

 

 

清水です。

 

私自身は自分で自由に働く事を選んで生きてるので、翌日は夜の講師業までお休みを満喫、

 

 

する筈だったのですが。

 

 

翌日、私が居たのは稽古場でした。

 

 

残暑厳しい中、打ち上げの酒も抜け切らず自転車漕いで到着した先に待っていたのは、

日焼けた顔に白い歯が眩しい、喜田さんでした。

 

 

喜田さんは、空き家の利活用を手がける会社reterace.(リテラス)の社長で、稽古場のビルの最上階にオフィスを構えています。

我々がここで稽古が出来るようになったのは、この喜田さんと繋がれたからなのですが、私は実はFB上だけで、この日が初対面でした。

しかし、一目で『この人が喜田さんだ!』と分かる程の、何というか懐の深さ、器の大きさを感じました。

 

さてこの日出向いた理由は、新聞社の取材でした。

本来は喜田さんの会社についてだったんですが、ここに最近入った我々にも是非話をして欲しいとお声掛け頂いたので、私が代表して伺ったという次第です。

 

 

新聞社の方に繁華街の空きビルを利用している経緯などを話されてるのを横で聞きながら、何とも不思議な気持ちになりました。

 

 

 

最初、私達は単純に稽古場を探していただけでした。

 

でも、ここに入ってからは、ここに人をたくさん呼びたいという思いが強くなって行きました。

 

それが、喜田さんの掲げる『人が集まる場所にしたい』という理想と見事に重なっているんです。

私はこの日、『稽古場をここにする事が出来て良かった』と心から感じました。

(その位に廃墟を片付けるのは大変でしたからね…!笑)

 

 

この日は、週末に学生演劇祭を控える『遊楽頂』のメンバーが稽古をしていました。

喜田さんは、ビルの前にたくさん停められた彼らの自転車を見て、物凄く嬉しそうでした。

 

 

先日閉幕しました演劇大学in徳島では、『地域社会と表現活動』と題しての座談会も行われました。

どんな風にすればもっと地域と結び付きながら表現活動の輪を広げていく事が出来るのか、そんな事をザックリ話し合う場だったのですが、

 

実はその一歩は、既に秋田町に踏み出していたんですよねえ。

 

 

今後どんな展開になって行くのか。

この笑顔が爽やかなビルオーナーさんとなら、でっかい夢が形に変えられそうですよ。

 

喜田さんの会社reterace.のHPはこちら

ブログ、とっても面白いですよ♪

Related Post

最後の楽団。2019/09/17

 

 

やっほー!!

 

宮井です!!

 

なんだか今日は

少し秋っぽい空気じゃなかったですか?

 

ハッピーハローウィン♪

 

香川のカブフェス、徳島の演劇大学

と終わったところで

本当に夏とさよならかな。

 

ハッピーハローウィン♪

 

気付けば至る所がカボチャだらけで

気分はもうハッピーハローウィン♪

 

夏もモリモリ楽しんだけど

秋もモリモリ楽しみです!

 

なんてったって

お芝居沢山できるからね!!

 

ハッピーハローウィン♪

 

そろそろSNSアイコンも

秋仕様にしていきたいところ。。

去年の今頃はまだロングだったから

秋ショート楽しみたいね!

 

 

 

 

そしてアイキャッチに使った

ロングゆっちゃんの写真は

楽団まんまる去年のハロウィンイベ。

 

楽団まんまる初の野外。

 

そして今年の9月29日、

楽団まんまる解散ライブ。

 

たった1年っていう

本当に短い期間だったけど

数えきれない出会いと経験と

全て詰め込んだライブにします。

 

ぜひ最後の瞬間を見届けに来て!!

 

 

 

私たちは一部のみの出演です(;;)

 

チケットのお取り置きは

ツイッター、フェイスブック、インスタ

何からでも連絡くれればご用意できます♪

 

私のメンバープロフィールから

飛べるよ~~~!

 

宮井悠

 

 

 

昨日までの演劇大学で

全身筋肉バッキバキだから

そろそろ終わるね。

 

あ、なんかね、全然演劇とか知らない方が

「あわぎんホールに全国から

演劇の人が来てるらしいよ~~」

って世間話にしてくれてたみたいで

凄く嬉しいです!

 

そうやって当たり前に

演劇や表現することが

身近にある徳島になればいいな。

 

どこで知ったのかは

わかんないらしいけど笑

 

何見てくれたんやろ?

 

 

 

 

以上、

筋肉痛えぐッピーハローウィン♪

解散ライブきてネ♪

というブログでした!

 

はぴねす☆★

 

 

1 / 212

2015 劇団まんまる All right reserve.