劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 清水宏香

新年早々無念の粗相2022/01/17

  みんなー!息してますかー!?

私は2022年始まって半月で、

生まれて初めての骨折しました!!!

 

 

清水宏香です。

 

 

厳密にはヒビなんですが、程度が軽いだけで同じみたいですね。

 

 

事の起こりは1月11日火曜日、大荒れの天気の日でした。

夜に急ぎの納品のナレーションを抱えてた私は、いつもの様に自宅スタジオに入って収録してました。

 

カッコよく「自宅スタジオ」と言いましたけど、実態は押し入れの2段目です。そうです、ドラえもんの寝床です。

 

 

で、その外の和室は私達の寝床です。

この日は夫である丸山代表が珍しく体調悪いとかで早寝してました。多分「龍が如く」のやり過ぎです。最近当たったプレステ5で極をやり込んでた為です。

 

 

丸山さんは劇団創設以来順調に太ってます。

というか私もです。

私達もいつの間にか四十路、中年太りする年齢。抗いようの無い事なのかも知れませんが、入会したジムもサボってますので、自業自得でもあります。

 

話逸れました。

そう、太ってくるといびきが酷くなる。

 

私は自宅スタジオで収録をしてるのに、体調悪いとは言え同室でいびきかかれると雑音が入り、なかなかいいテイクが録れない。焦る、テンパる。余計に捗らない。

ようやく録れたので、急いで押し入れの2段目から飛び降りた瞬間!激痛が左足に走った。

 

「痛いっ!!!!!」

 

しかし私は急いでいる。

早く録れたてのナレーションを編集して相手先に納品せねば、かの邪智暴虐な王が我が友セリヌンティウスを殺してしまう。走れ、清水!

そんな事は微塵も思いはしなかったけど、とにかく急ぎのナレーションを無事収録し納品しました。

 

 

ホッとしたのも束の間。

 

足、痛い。

そういえばさっき飛び降りた時の足、ちゃんと見てなかった。

靴下を脱いで確かめてみると、

紫やんけーーー!!!(グロ写真注意)

 

 

若干の腫れと共に打撲したかの様に変色した左足の薬指!

ググると、出て来るのは骨折の可能性。

ぎゃー、これはややこしい事になったかも知れん。

普段なら夫に相談する所ですが、完全に夢の中なので、この夜はググって得た知識で湿布貼って寝ました。

 

 

翌日水曜日。仕事の日。

相変わらずの痛みにまともに歩けやしない。

靴を履こうにも痛くて履けない。

体調復帰した夫に会社まで送って貰い、職場で色んなネタとして消化し、その日は帰宅。

ちなみに職場はショッピングモール中なので、モコモコ靴下とスリッパを中で調達出来たのは助かった。ありがとうクレメントプラザ!

 

足の痛みで病院て、大袈裟な気がして水曜日は行かなかったんですが、職場でさんざん病院行けと言われたので、翌朝に整形外科に行き、レントゲンを撮ると、完全にヒビ入ってた、という結末でした。

 

 

本当ね、年始からツイてないんですわ。

でも、まあ、あんまり無茶するなよという神様からのお達しと受け止めて、体を労って生きていこう2022という抱負がこの日決定しましたとさ。

 

 

不幸中の幸いなのは、前の土日に大きな司会業が終了してた事ですね。

不幸中の不幸なのは、今月末にスノボ予約してる事です。

あーーーー。

 

 

そんなこんなで、寅年も夫婦共々体に気を付け頑張っていきます。

 

 

 

Related Post

2021アロングロング振り返り2021/12/31

2021年が終わろうとしています!

待って!早い!清水でーーーす!!!

 

いや、別に世界が終わるわけではないので、ただの一区切りってだけで、明日からもそうは変わらない新しい一日が続いていくだけなんですけどね。

毎年、年末年始に思う事です。

仕事柄、多分人よりも暦に敏感ではあるかと思うんですが、暦はあくまで目安であって、大事なことはその中で一日一日を生きる私たち自身のあり方です。

 

 

 

 

そんな私はどんな年末年始を過ごしているのかというと・・・

「龍が如く0」を夫がひたすらプレイするのを見ています。

 

クリスマス以降、我が家は治安が悪く喧嘩が絶えません(超大人気任侠ゲーム)

神室町と蒼天掘を行ったり来たりしています(舞台は東京と大阪モチーフの繁華街)

街行く柄悪い人をバットで殴ってカツアゲしたり、キャバクラ経営してしのぎをあげたりしています(ゲームマネーは数十億)

まあ、こんな休みもあっていいのでしょう。

 

そんな感じで夫が神室町でしのぎを上げているのを背後に聞きながら、今年を振り返ります。

 

 

 

いかんせんコロナ禍がこんなに続くとは思ってませんでした。

今年も本公演が出来なかったというのが非常に残念な点というのは去年と変わらず言えるでしょう。

しかし、新しくチャレンジできた事、継続してチャレンジした事がありました。

継続した物としては、「演劇大学」ですね。
2019年に初年をあわぎんホールで開催、以降3ヶ年計画でここ徳島で開催する予定でしたが、コロナ禍の下、全国の演劇大学がオンラインに切り替えざるを得なくなりました。

しかし、劇団まんまる座長丸山が跳梁跋扈し(大げさなようですが結構そんな感じ)、去年から今年の各地のオンライン演劇大学のサポートをして来ました。来年も早々に大阪に行くみたいです。

演出者協会員として、また関西支部役員として、かなり頑張った一年でした。
もちろん、オンラインと対面のハイブリッドで開催した「演劇大学in徳島2021」最終年も無事終了、関係者の皆様や参加者の皆様には本当にお世話になりました。
この動きは3年で終えることなく、各々で今後の活動に活かしていけるといいなと思っています。

 

そして、この演劇大学の流れから「家族草子」の公演をオンラインで去年も2回行いました。
(最後に収録した「しあわせやあ」については只今絶賛編集中、公開をお待ちください、忽那ファン!)

そして、念願叶って12月には、本家「家族草子」の皆さんと一緒に徳島で公演を行うことが出来ました。

これは本当に本当に嬉しかった!!!
これまでオンラインでしかお話していなかった青山さんと会えた!ずっと一緒に演劇大学の朗読講座を担当して頂いた明樹さんと一緒の舞台に立てた!
そして、プロの世界で活躍される俳優やスタッフの皆さんと、集中して舞台を創り上げる事が出来た。私にとって、これ以上ない経験となりました。
継続から得られた新しいチャレンジという事ですね。

 

また、新しいチャレンジとしては、2月、演劇×音楽コライトプロジェクト「BIRTHDAY」に参加しました。

座長丸山が脚本を書き、劇団員が出演、初めての音楽アーティストとのコラボはすっごく刺激的でした、そして物を創る人の目線はどんなジャンルでも違わずシャープなんだなという事も実感しました。本当にまたやりたい!

 

5月には初めて劇団まんまるから2人、ずっと仲良くしてくれている香川県の劇団「マエカブ」本公演に出演させていただきました。
私は途中参加ではあったのですが、久しぶりに元劇団員トニーとタッグを組めて楽しかったです。新人上野君も頑張ってました、早く本公演でもデビューしようね!鵜戸君はリベンジしようぜ!

 

とまあ、本公演は無くともたくさんのチャレンジをしました

 

 

コロナ禍で、何かを諦めたり、断念した人も多かったはずです。実際、劇団まんまるからも退団したメンバーがいます。

今は演劇の事は放っておいてもいいです。命や生活より大事な演劇はありません(演劇が命や生活になっている人は別です)。

でも、きっといつか、人はこの困難を乗り越えるから。

その時に、また演劇を、劇団まんまるを思い出して、この熱源に集まってくれたら嬉しい。

だから、来年も、情熱を掲げて、走り続けます!

 

 

以上、今年の振り返りでした!

Related Post

引力(ヨギボーとZUE cordと演劇の)2021/11/28

家にヨギボーが来ました!清水です!

 

そうです、世間はブラックフライデー。

最初はヨギボー公式サイトの半額セールにチャレンジしてたんですが、、、

一向に画面進まん。変な日本語になっとる。

やがて祭りの後を告げる『sold out』

 

くそー!人をダメにするクッションなんぞいらんわー!

丸山家のブラックフライデーは終わりじゃー!

 

 

 

 

と思ってたら。

家に帰ったらこれですよ。

 

 

夫が、イオンのヨギボー店舗で割引中のをお買い上げ!

肩に担いで帰ってるとイオン内のたくさんの人に振り返られたそうです。

 

 

 

という事で、ダメになりながらブログ書いてます。

 

 

 

 

ダメになりそうなのは身体より心です。

 

 

毎回、公演の度に苦心するのがチケット販売です。

 

私たちは2015年結成、まだまだ駆け出しの劇団です。ファンが少しずつ付いてきてるけど、黙っててチケットがsold outになる事なんて無い。

 

クソ、ヨギボーが羨ましい。サイトがダウンしてツィッターに罵詈雑言書かれたい。嘘。

 

12月3日に迫った家族草子を迎えての公演があると言うのに。

この集客ではどんな顔して森さんに会えば良いんだ。

 

 

じっとしてても仕方ないので、あらゆるSNSで告知、ラジオにも出て(自番組は当然、他局まで出る)、

 

後は知り合いにとにかくオススメして行く。

 

 

たまたま土曜日に街中でイベントをやってたので、チラシを持って出掛けてきました。

 

 

このイベントに、阿南市でパラシュートのコードを使ったキーホルダーやネックホルダー、アクセサリーなどを製作販売する『ZUE  cord』中内こず恵さんが出店していました。

 

 

アトリエくまのビルオーナーさんの後輩で、私もファンの1人。

ラジオも出て貰ったし、グッズもたくさん買いました。

 

出店ブースに行くと、こず恵さんは笑顔で『わー!!!ありがとうー!!!』と迎えてくれました。

 

そう、ZUE cordは商品も素敵なんですが、このこず恵さんの明るく元気な人柄に惹かれてる人も沢山いる筈。

 

そんなこず恵さん、『今日は寒くて患うわ』と言いつつ、通り過ぎる人見つけては次々にZUE cordをアピール!

ZUE cordの使い方のチュートリアルが商店街に響き渡ります。

 

すると、人が続々と集まって来ました。

あっという間に、ZUE cordこず恵ワールドが完成です!

何だかその姿を見てる内に、

『この情熱に負けてられへん』と思ったのでした。

 

本当にいい!と思ってるから人にも正面から勧められる、熱量があるから人にも伝わる。

営業のやり方は色々あるかと思いますが、こず恵さん程私たちは声高に演劇観に来てと叫んだか?いやそこまで出来て無い。どこかで尻込みをしている所がある。

 

パラコードと同じ位タフなこず恵さんの引力が、ファンを増やすんだ。

そんなポジティブなパワーと、新たなZUE cordを持ち帰って来たのでした。

 

 

さあ!さあ!さあ!さあ!!!

ブログ読んでるそこのあなた!

もう1週間切ってます!

 

 

私は新品のヨギボーに座りたい気持ちを抑えて、このブログを書いてます!

それは、真剣に、公演を観に来て欲しいから!

コロナ禍で家族や大切な人との距離が変わりました。

明日も必ず一緒に居られないかもしれない。

そんな時に、改めて、家族の事を考えるキッカケにして頂きたいです。

 

公演日時

2021123日(金)14:00 / 19:00

開場は開演30分前となります

公演場所

アスティとくしま ブライダルコアときわホール

770-8055

徳島県徳島市山城町東浜傍示1−1

料金

一般 2,000

小・中学生 1,000

未就学児無料

ご予約、受付中です。

ご予約はこちらから!!

 

 

心よりお待ちしております!!!

Related Post

家族草子と私の家族の話2021/11/19

バタバタしている内にあっという間に11月中旬です。お元気ですか。

 

私は結婚してからも母と月に一度、病院の通院帰りにお茶をします。ずっとココスでしたが、最近はコメダ珈琲がお気に入りです。
場所はどこでも良くて。ここ一ヶ月くらいにあった出来事をあれやこれやと話せたらいいのです。
母の推しの話、私の演劇の話、最近買ったもの、腹立ったことなどなど。

夫はお母さん大好きではありますが、実家に帰ってもそんなに母息子でペチャクチャ話しません。母娘って大人になるとどこか友達の様にもなれる、ちょっと特別な関係なのかなって思うのです。

家族って、何だろう。私も、反抗期を迎えずにここまで来た訳ではありません。私と一番喧嘩してきたのは母もしくは妹でしょうし、その数仲直りして笑ったのも同じくです。

家族の数だけ、その物語はある。

 

 

この度、劇団まんまるが、オンライン公演を何度もご一緒させていただいた「家族草子」の皆さんをお招きし、徳島で初めての公演を開催する事になりました!

上演するのは2編。

「いちばん新しい思い出」
離婚により離れ離れになった娘が、突然、結婚の報告にやってきた。
しかし、式には父(主人公)を呼べないと謝られる。
そして娘は感謝の手紙を読み始め、娘の気持ちを理解する。

「桜散らず」
夫(主人公)が、寝たきりになってしまった妻とのこれまでの生活を悔いるうちに、息子には
反対されたが、できる限り自宅介護をしようと覚悟を決める。

 

今回はお父さんが中心の物語ですが、お母さんも出てきます。オンライン公演で何度も「お父さん」になっていただいた青山伊津美さん、「お母さん」の明樹由佳さんも出演されます!

 

 

 

もちろん、私の母も誘おうと思っています。

 

 


■公演日時
・2020年12月3日(金)14:00 / 19:00
※開場は開演30分前となります
■公演場所
アスティとくしま ブライダルコアときわホール
〒770-8055
徳島県徳島市山城町東浜傍示1−1
■料金
一般 2,000円
小・中学生 1,000円
※未就学児無料
チケット、販売中です。

家族草子×劇団まんまるコラボ公演 in 徳島

Related Post

まんまるカブフェス出るよ!2021/10/21

もう、色々と追い付かなさ過ぎて全く言ってないけど、

 

 

劇団まんまる、カブフェス出るよ!!!

 

 

 

デカいバケモンのオッさん出したり野球やったり動物園やったり合唱部やったりアイドルやったりと毎度お騒がせ劇団なまんまる、いつも大人数で乗り込んでたイメージあるまんまる。

 

 

今回は、

キャストが3人、音響1人のたった4人で行きます。

車2台!道具積んでも2台!

てか、道具も作り手が居ないので夫婦で家内制手工業してます!

 

 

でも、カブフェスでは、四国や近県の演劇仲間と沢山会える!

4人でも寂しくない!

当日、色んな人と会えるのを心から楽しみにしてます♪

 

 

劇団まんまるは、槙の間にて上演。

演目は『シン・タカギフルーツ』

かつて坂出のミセモノガタリで丸山が書いて上演して貰った物をまんまるで再演します。

中島みゆきがTOKIOに曲書いて、それを後で自分で歌うのと同じ感じです。

 

少人数稽古故写真も撮ってない。

きっとこんな感じです!

Related Post

グリーングリーン!ボタニカルグリーン!22021/10/04

我が家は植物園。

清水(と丸山)です。

早速だけど我が家の観葉植物の成長を見て欲しい。

 

 

植えたばかりの頃のポトスとムラサキゴテン、アイビー寄せ植え。

ヒョロヒョロで隙間がずいぶん目立つ。

 

↑6月のこれが、10月にはこう↓

 

アイビーは相性が悪くて別鉢にしたけど、

その隙間を埋めるかの如く、ポトスとムラサキゴテンの勢いが半端ない!伸び放題!

モリモリになったので、ポトスは切り戻しをして別鉢でも栽培中。

 

 

そして、

葉っぱが間もなく開きそうな頃のテーブルヤシ。

 

↑6月のこれが、9月にはこう↓

 

言うまでもなく葉っぱが増えたね〜!

夏場に毎日の様にニョキニョキ伸びて来て楽しかった。

まだ新しい葉が育ってきてるよ!

 

 

さらに、ベランダではミニトマトとバジルも栽培中。

買ってきた時は10センチ位だった苗が、

今や100センチ超え!

実もたくさん出来てます!

赤くなるのはもう少し先…寒くなる前に収穫出来るかな??

こんな感じでますます植物園化が進むのでした。

 

 

次回に続く!

 

Related Post

2021/09/28

TikTokもお絵描きもあんまり長続きしないけど、演劇だけはしぶとく続けてます。

清水です!!!

 

 

長く続けてると、いい事も沢山あるけど、やな事も沢山ありますね。

元いた劇団は、何年か同じメンバーで公演しましたが、あるタイミングで一気に人がいなくなりました。

寂しかったけど、去って行った人の事も、残った劇団の人も、一切嫌いじゃ無いし、私が今ここにあるのはその劇団のお陰でしか無いです。

 

 

こんな事を繰り返している気がする。

ときに演劇は文化祭の熱の様。

わーっと集まって、わーっと作って。

いつもはそんなに仲良く無い人同士でも、にわかに盛り上がっちゃって、はちゃめちゃに楽しい。

 

終わったら殆どの人は日常に帰れるんだけど。

私はいつも、ダラダラと帰りたがらない子だった。

部室に夕陽がさして、真っ暗になって、電気も付けず、取り止めもない話をし続けている女子高生だった。

ひとつのコタツに足を突っ込んで、酒と溶けかけのパルムを齧りながら、思い出話や演劇話を夜明けまでする大人になっていた。

 

ねえ、何でみんな帰っちゃうの?

チャイムは残酷に鳴る。

 

キーンコーンカーンコーン

 

 

ボーーーッ ボーーーッ ボーーーッ

 

胸にしじまの様に響くのは、汽笛。

 

時々ウチに居て『ゥゥ〜』って音が鳴るのを汽笛だと夫に言ったらそれは冷蔵庫の音だと正されて何故だかガッカリしたんだけど、

昨日、本当の汽笛が外からはっきり3回聴こえた。

 

汽笛。

 

それは遠くへの羨望だったり、

暗闇の航海の恐怖だったり、

双子の物語の追憶であったり。

心波立たせる音。

 

私のぽっかり空いた胸の内に美しく響き、またあの日に誘ってくれる、そういう音。

何故、私がそんなにも汽笛を聴きたかったのか。

答えはブラッドベリ、もしくは野田秀樹。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

野田秀樹『戯曲 半神』ブラッドベリ『霧笛』)より。

孤独は,人になる子にあげよう。
代わりにお前には,音をつくってあげよう。

この世の誰も聞いたことのない音,
この海原ごしに呼びかけて船に警告してやる声が要る。
その声をつくってやろう。

これまでにあったどんな時間,
どんな霧にも似合った声をつくってやろう。

たとえば夜更けてある,
きみのそばのからっぽのベッド,
訪うて人の誰もいない家,
また葉の散ってしまった晩秋の木々に似合った…
そんな声をつくってやろう。

泣きながら南方へ去る鳥の声,
十一月の風や,寂しい浜辺に寄する波に似た音,
そんな音をつくってやろう。

それはあまりに孤独な音なので,
誰もそれを聞き漏らすはずはなく,
それを耳にしては誰もがひそかに忍び泣きをし,
遠くの街で聞けばいっそう我が家が暖かく懐かしく思われる…
そんな音をつくってやろう。

おれは我と我が身を一つの音,
一つの機械と化してやろう。
そうすれば,
それを人は霧笛と呼び,
それを聞く人はみな
永遠というものの悲しみと
生きることのはかなさを知るだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブラッドベリの『霧笛』を冒頭と幕切れに引用した演劇『半神』

双子のマリアとシュラが裂かれる時に、この詩が語られる。

舞台に立つのは演出としての野田秀樹と、役者個人としての演者になっていて、

終わってほしく無いのに終わって行く様が非常に切なく悲しい。

この詩に、生きる事と共に演劇の儚さを重ねた人も多いのでは無いか。

 

演劇は必ず幕が降りる。

その度に私を孤独にさせるけど、

孤独は1番のお友達でもある。

 

暗転とカーテンコールのざわめきの中、私だけがマイクに向き合って終演のアナウンスを入れる、

夢とうつつの間際に現れるお友達。

私たちはいつも寄り添いあって、

噛み締めて、

またあしたの新たな演劇を作っていく。

それは、永遠の物語の始まりでもある。

何十年と経ても色褪せない名作の様な。

 

 

さぁ、次の一ベルを鳴らせ。

 

ブーーーーッ

 

 

 

 

Related Post

お母ちゃん2021/09/04

SST劇場が終わったら次は・・・

 

オンライン家族草子です!

 

どうも、ブログの住人清水宏香です。

 

本当は、SST劇場の前に収録をする予定だったのですが、諸々でスケジュールが後にずれまして、日曜日に収録する事になりました。

これまでのオンライン家族草子は、ズーム演劇、一人一窓で演技をする形でしたが(写真参照)

 

 

今回は、劇団まんまるメンバーはアトリエで本家がやっている様な朗読劇を収録、東京の明樹さんを上手い事編集で合わせるという形になります。

果たしてどんな作品に仕上がるのか。
私もとても楽しみです!

それにしても、この明樹さんのズームの窓から飛び出んばかりの元気なお母ちゃん、どうですか!

いつ見てもパワフル、そしてホッコリします!
私なんかもう顔の表情だけでどのシーンか分かるようになって来ました。

 

オンラインの収録、公開まで今しばらくお待ちくださいね!

 

Related Post

SST劇場の泡沫2021/08/30

本日、久々の有観客演劇の上演を行いました!

清水宏香です。

といっても劇団まんまるではなく、私が日頃演技指導をしているSSTの座組みです。

 

 

今回は、演劇の舞台は初めての子達ばかりで、最初は『どうなる事やら』と正直思いました。

でも、皆休む事なく(本当に都合の悪い時以外は休まなかったね、凄いよ!)長期に渡る稽古にダレる事無く熱心に取り組んでくれました。

その姿勢に、いつしか『これはやれる!』と、不安は勝算に変わりました。

 

AIちゃん。

ちょっと昔の歌を歌ったり、不思議なトークをしたりとアイドルの中でも異色の存在のAIちゃん。

でも、演劇は1番台本を理解するのが早く、脳内世界の豊かさには私も感心しきりでした。

小道具も任せられたのは、AIちゃんの中にちゃんとこの作品の世界があると信じていたからです。

フィジカルはこれからな部分もたくさんあるけど、今回の2役するという大役をきっかけに、自信を持って欲しいです。

 

はぴかちゃん。

SSTのみならず界隈のアイドルの中でも屈指の努力家で、多くのファンを惹きつけてやまない笑顔の力の持ち主。

そんな凄いアイドルが最初に言ったのは「恥ずかしい」でした。これは超意外でした。

体育会系なはぴかちゃんにとっては、新たな挑戦になったと思います。

でも、持ち前の根性と勝負強さで、最後にはきっちり仕上げて来るのでさすがでした。

はぴかファンにも楽しんで貰えたなら幸いです。

 

うさちゃん。

普段はお喋りで笑い上戸で、プロデューサー森田さんにも強気でかかるのに、いざと言う時声が小さくなってしまう、可愛いお姫様。

でも私はうさちゃんの中のSっ気をずーっと面白いと思ってました。今回の演劇の中で1番ハマり役だったと思います。

動くのが苦手で、最初は苦労したけど、私が直した所を都度メモを取り、次か次の次にはしっかり修正して来る所に、秘められた真面目さと負けん気を感じて嬉しかったです。

 

ショーグン。

長く演技レッスンを続けて来る中で、少しずつ見せたい物や見せ方が明確になって来ました。

視野を自分中心から広げて、言葉を相手に掛けるという事を意識した時、ガラッと変わったのを覚えています。

腹から出る声は無二の物なので、それを活かして力強い演技と、繊細な感覚の演技が出来る様になると思います。

まだまだ迷いはあると思うけど、自分を信じて!更にに磨きをかけていきましょう。

 

ター君。

今回は本当に感謝しています、感謝しか無い。

と言うのも、キャストが足りない所を無理を言ってお願いして出て貰ったのです。

勿論今回が初舞台、普段は裏方なので人前で顔出して表現する事自体縁遠い。

なのに、堂々と大役を果たしてくれました。

今回の演劇を通して得手不得手が見えたと思うので、それが今後のYouTubeなどのコミュニケーションに役立てばこれ以上無いです。

 

安藝君。

劇団まんまるからお願いして出てくれた唯一の演劇経験者。

故に、少し厳しいダメ出しもしましたが、スッと理解して修正する所はさすがでした。

色んな人と一緒に演劇をする事は、君の演技の引き出しを自然に深く広くしてくれた事でしょう。

個性も爆発させつつ、抑える所は抑える。

自分で出来る子なので、その塩梅を身に付け、これからも劇団を背負う役者として頑張って欲しいです。

 

 

皆、本当にありがとう!

こんなに素晴らしい座組みと一緒に出来たからこそ、私も成長出来ました。それが何よりとても嬉しいです。

 

私はね、高校生の時から演劇をしてるけど、20代の時に『お前はホンマに下手やなぁ』と言われて、それがずっと残ったままそれでも懸命に演劇を続けてるんです。

好きこそ物の上手なれ、と言うのは正直、無いと思ってます。上手になるには好きだけでは駄目。

でも、上手い下手では無い、一生懸命な身体に宿る演技は、本物を感じさせてくれると思うんです。

それが人の心を揺らすひとつの要素になり得るんです。

 

『水槽の泡沫』は、人とイルカ、種族は違えど想いは通じ合う、そんなのをテーマに織り込んだコメディでした。

アイドルと俳優、あまり交わる事は無かったコンテンツが、ちゃんと通じ合った瞬間を垣間見ました。

 

 

いやぁ、とても楽しかった。

いつかまた演劇作れたら良いな。

一生懸命になれる才能を持った皆と。

  

 

Related Post

やる気スイッチがオンのまま下がらないんですが2021/08/20

やる気スイッチ君のはどこにあるんだろ~

私は肩甲骨の間だと思ってます。ここをグーンと寄せたり広げたりしてみて下さい、体があったまって何だか力がみなぎります。

 

最近は、そんな有り余るやる気の弾みでジムに入会したり、深夜まで絵を描いたりしています。
そういえば、「もう演劇をやめて絵などを描いて過ごしたい。」と言って去っていった劇団員を思い出しますねえ。

 

 

いやいや。

やる気を活かしてモリモリガツガツ演劇を作ってますよ!

 

清水です!

 

私が教えているSSTの定期ライブで披露する演劇「水槽の泡沫」、
役者の荒立ちは終わり、衣装小道具音響もあらかた決まり、佳境を迎えています。

 

通常のまんまるの公演より進行が速いでしょ。それにはちょいと訳があります。

 

私は、一応先生であり、何より生徒は演劇初心者。

「動線」をこちらで決めた上で演劇を作っていきます。

 

舞台に立つ・・・実はそれだけでとっても怖いし緊張するものです。

覚えたセリフを思い出し喋るので精一杯なのに、その上演技しながら動くなんてとても出来る場所じゃない。

そんな状態の役者に「どう動けばいいか考えて!」と言うのは無謀というもの。

なので、私はまず動きから決めていきます。

そこがどこで、君は誰で、どんな事を見せて欲しいか、どんな風にするとどう見えるか、役割を細かく細かく伝えながら。

手足や体の動き方を決められると、自ずとその動きをする役割の人に近づいていく。

後がとっても気楽だしやりやすくなりますし、何より次に何すればいいか明確になりやる気がどんどん出て来るもんです。

 

演劇っていろんな作り方があるなあと、今つくづく思っています。

上手い人が集まれば、いちにのさんで息が合ったりするもんでしょうしそれが演劇を作る本当の面白さだと思います。
けれど、SSTでは、まずは「演劇って結構楽しい!」と思ってもらえる事を目指しています。

とはいえ、毎回の稽古で「難しい・・・」という悲鳴も聞こえてきてますが。

とにかく、演劇は一人では作らないし作れないので、劇団を覗いてみたいなあという人はどうぞ安心して門をたたいてくださいね!

 

私にとっても久しぶりの生の舞台になります(出ないけど)公演は、今月末に幕が上がります。

 

SST定期ライブ演劇「水槽の泡沫」

【日時】
8月29日(日)2部17;00開場17:30開演(演劇上演は17:45~)
【場所】
阿波けんどビル6F(ポッポ街 徳島駅側)
住所:〒770-0831徳島市寺島本町西1-61-4
【定期ライブ料金】当日2500円/前売り2000円
一部・二部通しチケットとなります。入退場自由です。

詳しくはSSTにお問い合わせください!

 

通常のSST定期ライブに含まれるので入場有料ですが、アイドル好きな人は来て損はないですよ!
演劇の動画の収録も予定していますので、こちらもお楽しみに♪

 

ちなみに…

チラシ画像の元イラスト、こちら『elu』にて販売中です!!!

 

 

さあ、金曜日の稽古に向けて、やる気スイッチを押しまくっていくぞ!というか音響聞きまくってたら壊れてオフに出来ないよ!?

やる気スイッチは音楽なんじゃないかという気がしてきました。

Related Post

1 / 16123...10...Last »

2015 劇団まんまる All right reserve.