劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 安藤徹

変身、吃音ヒーロー徳島公演2018/07/14

高知公演からキャストを変更して(一部は同じ)上演される、
吃音ヒーロー徳島公演。
裏方スタッフも一部新しくなり、
舞台装置も文化の森仕様に新しくなります。

 

もう随分長いことひとつの台本に関わっている気がする。
実際は3ヶ月半なのだけど、
5ヶ月くらいは経ってる気持ち。
こんにちは安藤です。

 

まだ寒さの残っていた今年の冬から、
今日まで同じ物語がずっと続いている感覚があります。
劇団という場所は変わらないからでしょうか。
気持ちを途切れさせずに、完全に切り替えてしまいたくない何かがあるのかもしれません。

 

吃音ヒーロー徳島公演まで、残り2週間と数日です。

 

役を演じるキャストの皆の気持ちはどんなだろう。
ものを作る裏方の皆の気持ちはどんなだろう。
稽古をしている最中は終わりの無いように思えて、
時にはドッと疲れてしまったりもするけど、
始まった物語はいつか必ず終わります。

 

先日、久しぶりに稽古場に行って、
同じく久しぶりに稽古場の空気を吸いました。

 

団員が増えたおかげかもしれないけど、
劇団というひとつの場所で、
吃音ヒーローというルールの元、
サーキュレーターのブンブン回る稽古場で、
年齢も背景も様々な大人達が集まってひとつのものを作っている。

 

皆芝居作りに真剣に取り組み、
時には真剣に遊んでるように見えるその光景が、
何だか良いなあと思えたのでした。

 

 

燃え尽きはしない。だってまだまだ夏だから。
徳島公演の8月4日(土)も5日(日)も暑い日真っ只中です。

 

吃音ヒーローというひとつの台本。
ひとつの題材が生まれ変わります。

 

高知公演を経た劇団員や、高知公演を観に来て頂いたお客様にとっては、
「今日とは違う明日」のような話かもしれないし、
ほんの2ヶ月前まで作っていた物語とは別の、
「もうひとつのパラレルワールド」かもしれません。

 

芝居を作る、舞台を作るという事は、
自分の人生の一部を削りながら、
また一方では人生を磨きながら、
変化していくものづくりです。

 

上演は8月最初の土曜日、日曜日。
どうか観に来て下さいなんて
こそばゆい台詞は言えないけど、
春、そして夏と魂を削っては磨いてきました。

 

現在仕事の繁忙期真っ只中の安藤。
お盆までこの忙しさは続きます。
個人的な話ですみませんが、
8月4日と5日は仕事を抜け出したいので、
今からブーストかけてます。
見逃したく無いからな!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

名前と役割と2018/07/14

7月も半ば、みなさまいかがお過ごしですか。
たいへんな雨がすぎ、そしてこの暑さが続いています。
 
そう。暑い。
 
暑いときに水を飲んだりクーラーをつけることは甘えではありません。
忙しいときでも、なるべく水分補給してせめて健やかにお過ごしくださいね。さこっちです。
 
あ、えっと、さこっちというのは名前というか、ニックネームです。
さこっち、とか、さこっちさん、とか呼んでもらってます。
 

ロンドンで9と4分の3番線に行ってきました。グリフィンドールプリーズ、というとこのマフラーを貸してくれました。
 
突然ですが、名前とアイデンティティの関係って、密接なものがあると思います。
ある人は「誇り」なのかもしれない、と仰っていました。
 
ご覧になりましたか、有名映画『千と千尋の神隠し』。
主人公の「千尋」は、これを贅沢な名前だといわれ「千」と呼ばれることになりましたね。
「千」はさまざまな出来事を経て成長し、「千尋」の頃にはなかった強さを携えることができました。
 
名前が変わることは、別の人格をつくることにつながるのかもしれません。
 
…というのはやや強引なこじつけですが、
でも、似たようなこと、ありますよね。
 

バイブリーにて。ケルト民族は薄い石を重ねて隣りとの境界を示したそうです。
 
看守と囚人の例を出すのは安易かもしれませんが、
与えられた役割、呼称。
それに適応したいと思い、それに適した態度を自然と行ってしまうもの。
 
「○○さん」って言われたら、ちょっとお姉さんっぽく振る舞いたくなるし、
「○○ちゃん」って呼ばれたら、天真爛漫さ、かわいさを前面に押し出しがち。三十路でもね!
「○○さんの奥さん」って言われたら、ちょっと人妻感出す、、じゃなくて、夫の顔を立てる行動をとったり。みたいな。
ほかにも「○○先生」「○○部長」とかとか。
 
でね。これ。名前を呼ばれる側だけじゃなくて。
呼称によって、名前を呼ぶ側も変わるでしょ、相手への態度。
呼称が先なのか、はたまた、相手を見て呼称を変えるのか?
どっちが先かは状況によるけれど、おもしろいなって思います。
 

 
で、この「さこっち」は、「さこう」をもじって代表がつけてくれたニックネーム。
じつはその数ヶ月前に苦手な人に強制的につけられたニックネームと全く一緒だったので
えっなにこれはダークリュニオンの仕業?とちょっとびっくりしたのだけれど、
いまは、好きな人たちしかこの名前で呼ばないからだいじょうぶ。
 
わたし、ふだん、「さこっち」らしくできてるかなー。
 

ストーンヘンジ。円形に並ぶ巨石。見えないものへ想いを馳せるという経験ができ、期待以上の場所でした。
 
さてさて、そんで、吃音ヒーロー。
今回、舞台に立たせてもらえることになりました。わーい!
 
キャスティング発表後、役名が台本に入っているのをみたときは嬉しかったです。
ちゃんと、「○○」らしくできるかなー。
このときは「さこっち」じゃだめですもんね。
 
という訳で!ぜひ見に来てねー!
 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島


 
※時折挟まれた風景写真は新婚旅行時のものです。きゃっきゃっ。

Related Post

きっかけ2018/07/12

 

おはこんばんはー。稽古真っ只中のですやんです!

毎日稽古、稽古、稽古です!

あ、ちゃんと休みもありますよ?

 

さて、今回、私の大好きな曲をご紹介します!(なんか前もやったことある気がする…)

 

乃木坂46『きっかけ』

決心のきっかけは
理屈ではなくて
いつだってこの胸の衝動から始まる
流されてしまうこと
抵抗しながら
生きるとは選択肢
たった一つを
選ぶこと

 

 

この曲はミスチルの桜井さんがライブの時にカバーした事でも有名です。

好きなのはこの歌詞!

『決心のきっかけは理屈ではなくて、いつだってこの胸の衝動から始まる』

 

 

演劇をやっていても、仕事をしていても壁にぶつかったり、うまくいかない事はいっぱいあります。

 

 

それに加えて私は頭が悪いので普通の人なら躓かない所で躓きます。

そんな時自分が好きでやり始めた事なのに嫌になったりします。

 

 

でも、そう感じた時は、きっと『このままじゃいけない』って思うから辛くなってるんだと思うんです。

 

壁にぶつかった時は自分を変えるチャンス。

 

って自分で言い聞かせて、気持ちを切り替える。

気持ちを切り替える時は手をぱちっと叩く。

それが私の前を向くきっかけになっています。

 

 

自分を変える事は恥ずかしい事じゃない。

何歳でも変わり続けることができる。

 

いつ、こんな生き方が染み付いたのかはわからないけど、今の自分は結構好き。

 

犬も歩けば棒に当たる。

色んなことを考えて経験して、災難にぶつかりながらも幸運を手にしていきたいです。

 

ですやんですやん。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

ジレンマの向こう側2018/07/11

こんにちは、高下です。

 

このたびの豪雨により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災されました方々に心よりお見舞いを申し上げます。

被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

私自身、以前ブログの記事でも触れたかもしれませんが

今回の豪雨で大きな被害を受けた広島県の出身です。

私の実家のある地域は幸いなことに被害も少なく

家族や友人・知人の大半からは、無事の連絡を受けています。

かといって、決して被害がない訳ではなく

何よりも、報道やメディア、SNSなどで日々伝え聞く

縁も縁もあり、見知った地域の被害の情報にざわつく心。

今すぐにでも駆けつけたいという衝動にかられながらも

駆けつけてもきっと何も出来ないだろうという無力感とジレンマ。

 

そんな中で今の自分の指針となっているのは、かつて知人が言っていた、

「今いる場所で成すべきことを全力で成す。結果的にそれが一番多くの人々のためになる。」

という言葉。

だから、今私は自身の仕事に全力で立ち向かい、

仲間とともに全力で芝居を作っています。

 

 

そんな全力の想いをかけた『吃音ヒーロー 徳島公演』

ぜひ御覧ください。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

石の上にも20年2018/07/11

昔、むかし。

 

 

清水、大学演劇クラブ時代のお話です。

 

クラブで演劇集団キャラメルボックスの演目を上演した事があります。

演出は3年生の先輩、私は2年生で何かのスタッフで関わっていました。

 

年は下でも演劇歴は私が上。

さらに別に劇団にも関わっていて、そちらで厳しく指導して貰っていたので

正直、自分の方が演劇の事をよく分かっていると思っていました。

 

なので、稽古の時にも役者を務める一年生にたくさん勝手にダメ出しもしましたし

裏方でも音響などの演出の仕方に口出ししました。

 

 

そうして稽古が進んで行っていたある日、

演出の先輩に

「この音響のニュアンスって、このシーンに合ってます?いいんですか?」

という様な意味の事を、割と上から言ったんです。

 

 

その時、もう一つ上の4年生の先輩から、

それは役職の領域を犯している、と叱られました。

そこでようやく、自分の過ちに気づいたのでした。

 

クラブ活動とはいえ、ひとりひとりに役職が割り振られていて

それを責任を持って遂行し、皆で一つの作品を作り上げるのが務めであり醍醐味。

 

演劇の現場とは(映画もかな)小さな会社のような側面があると思います。

会社の部署外の人間から色んな事上から言われるのはそりゃ腹立ちますね。

 

私は自分を過信し、演劇を愛するあまり、足並みを乱し人間関係をかき混ぜ

公演までともすれば壊すところだった。

その時の自分の過ちは、今でもこうして覚えているほどに身に染みています。

 

ただ、さきにも書いたように、

私の行動は「演劇を愛するあまり」だった事は間違いないのです。

なので、行動自体は酷く間違っていたけれど、

自分の与えられた仕事の範囲だけではなく、

今自分達が作っている作品に対し、常に創造的な視点で観察し続けていたこと自体は、

演劇人として正しかったと思います。

 

 

最近は、こんなクソ生意気大学生の面倒な人、いるんでしょうかね。

いたらたいそう可愛がりたい。

 

はい、お話終わり。

 

 

およそ20年演劇か仕事しかやってこなかったと言っても過言では無いので

演劇にちなむ内輪話はいくらでもありますが

最近まんまるブログが趣味を披露する場になっているので

私もそんな感じで締めくくろうかなと思います。

 

 

天然の石が大好きで、ここ数年は洋服よりも石のアクセサリーばかりにお金をつぎ込んでいます。

 

写真奥はアクアマリンとカレンシルバーのブレス。

 

手前はマラカイト、アベンチュリン、ターコイズ、

アクアマリン、ラピスラズリ、アメジストの

海の色ばかりの石とカレンシルバーを組み合わせたセブンスストーンブレス。

 

 

最近はアクアマリンが好きです。

誕生石なのにこれまであまり縁がなかったのですが、

華美な宝石っぽくないこの作品に出会って、すっかり惚れ込みまして。

まるで穏やかな海に身をゆだねているような、

清らかな癒しのエネルギーを秘めたこの石。

『人生の壁や暗闇に迷った時、新たな希望の光をもたらす』といわれているそうですよ。

 

 

人生は分岐と選択の連続。

吃音ヒーローの登場人物も暗闇の中の分岐を前に様々な選択をします。

その先に光があるのかどうなのかは、

劇場でお確かめください。

チケット好評販売中!!!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

BlueGiant2018/07/10

どうも、三度の飯より漫画が好きな大木です。

 

何ならお芝居よりも漫画が好きと言ってはばかりません。

 

少年、少女、青年、一般何でも読みます。

何でも何でも読みます。

 

バイブルは「うしおととら」です。

もう、、、、もう好きです。

語り出したら止まらない所の話じゃないです。

(誰か語り合いません?)

とはいえどんな話かとか説明はしません。読んで下さい。

確実に僕の表現活動の根底にあります。

熱。熱量。

 

 

で、今現在、僕のお芝居を作るエンジン(ガソリン?)は、「BlueGiant」

ジャズの漫画です。

 

詳しくはこちらも読んで下さいませ。

 

 

心のガソリンになります。絶対。絶対多分。

 

血が騒ぎ、血流が早くなって来るのが分かります。

ルフィのギア2(セカンド)な感じです。

ピストルがジェットピストルになる感じです。

 

 

その勢いをまんまお芝居作りに乗せていってます。

ここ最近の公演、ずっと。

 

「吃音ヒーロー」も、そうです。

 

熱。熱を感じ、

熱量を届ける為、クールに、

作っていきます。

 

 

意味分からなくてすいませんが、意思表明、まんまお伝えしさせていただきました。

 

より良いもの、面白いものを、届ける為に。

 

 

※公演終わったら団内に広めようと思います。「BlueGiant」

 

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

ビタミンDと夏の話2018/07/09

どうも。東條です!

 

 

前回KING OF  PRISMについて書き散らしました。

劇団内の皆様からは半分くらいしかわからんかったけど熱量はすごい伝わって来たって大好評でした。

そして今日はユキ様こと太刀花ユキノジョウのお誕生日!

おめでとうございます!!\よっ!国立屋!!/

まんまる応援上映会いつにしましょうか。

まだ円盤貸し出し中なので、少し先になりますかね…。。。

 

 

さて、お天気が崩れる日が続いております。

皆様ご機嫌いかがでしょうか。

私は低気圧にはめっきり弱くてしんどい日が続きました。

今は付き合い方にも慣れてきたのか、少しマシになってきました。

早く夏になってほしいものです。

 

 

でも夏は日に焼けるのであまり好きではありません。

でも日光に当たらないとビタミンDが不足しがちになります。日焼け止めも良くないとか。

 

 

でも私は焼けたくありません。

 

 

慣れるっていいことですが、慣れちゃいけないこともありますよね。

でも慣れてしまうと分からなくなってきますよね。

演技って鮮度が大事で、常にその時に心が動いていないといけない。心の奥底に何を思ってそこにいるのか。

それだけで見える世界も言葉の受け方も変わるんだなと。

演じるってそれが楽しいんですよ~。

そして、それをどう魅せるのか。

これが難しいんですよ~。

 

 

なので稽古!稽古!稽古!!ですね。

 

 

私らしくそこにいれたらいいですね。

 

 

久しぶりに中西くんとお芝居をすることになりました。

演技でがっつり絡むのは初めてなので楽しみです!

ですやんと中西くんも虫歯なのでしょうか。

そうですね、違いますね。

稽古場がさらに楽しくなっています(*´꒳`*)!

 

 

徳島公演もご期待下さい↓

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

地方の街にこそ演劇を2018/07/07

映画、音楽、小説、漫画、写真。
建築、彫刻、陶芸、絵画、料理。
踊りなどの身体表現。

 

ファッション、インスタレーション。
芸術、アートと呼ばれるもの全般。

 

そして演劇。

 

人の持つ感性から生まれて、
作り上げられたものを心豊かに楽しむ。
そんな時間が徳島にも四国にも、
他の地方にももっと広がればいいなと思っています。
こんにちは安藤です。

 

 

学校や職場と自宅の往復になってしまいがちな毎日。
心が欲した時に映画を観たり音楽を聴いたりして、
僕たちは時々「人の作ったもの」に触れて生きているのですが、
それらを日常からもっと意識して取り入れていきたい。

 

どこに行っても人が多くて混雑する事の少ない、
過ごそうと思えばどこまでもゆったりとした毎日を送る事のできる、
時間が経つのを忘れそうな地方の街だからこそ、
毎日の暮らしの中でゆっくりと芸術を楽しみたい。
そんな姿勢や生き方があっても良いのではないでしょうか。

 

 

最初の引っ掛かりはどういうものがあるのか。
自分の住む街で演劇の公演が行われている事を知るには。
前売りのチケットを予約して休日に劇場まで足を運んで貰うには。
映画やテレビ以外に、そもそも生の舞台を観劇することの面白さを伝えるには。

 

もっともっと前の段階から掘り下げて、
どうすればまんまるの活動を知って貰えるのか。
劇団員一人一人の魅力を伝えるには。
未来のお客さんになるかもしれない人は、
今どんな楽しみを欲しているのか。

 

 

友達の多さやフォロワー数には特に執着する事なく、
割とこれまでノホホンと生きてきたけど、
生まれて初めてと言っても良いくらい、
「数が欲しい」「拡散力が欲しい」と思うようになりました。

 

個人の作っている、または劇団の作っているものを見て貰うために、
一番シンプルな答えは「魅力のあるものを作る」「楽しい活動を続ける」事だと考えています。
好きな写真を撮るのは勿論、県外へも今まで以上に出ていって、
まずは自分自身が楽しんで、関わった人も幸せな気分になって貰えるような、
そんな活動を続けていきたいな...!と再認識しています。

 

 

降り続いている雨が止んで、
天気のいい日が当たり前になったら、
愛媛にも香川にも高知にも遊びに行って、
まずはロケハンをするぞ。本州にも今まで以上に上陸するぞ。

 

そうして外から得たものをホームに持ち帰って、
また毎日続く活動に還元していきたいな。

 

日常の暮らしに潜む「心の揺らぎ」のポイントを、
それぞれの得意な形(僕なら写真や文章)で表現出来るようになって、
職場と自宅の往復の毎日を創造的に、もっと楽しくしよう。

 

周りの多くの人々を楽しくて面白みのある世界に巻き込んでいきたい。
今はそんな気持ちです。

 

 

現在本業が繁忙期で作業の終わらない安藤ですが、
仕事を片付けて日付の変わった夜、
もしくはまだ外の暗い早朝に家を飛び出して、
少しずつでも写真を撮っています。

 

やっぱり表現する事は面白くて止められない。
好きな事はいつまでも続けていたい。

 

 

あと観たい映画は忙しい時もなるべく見るようにしています。
最近ではTSUTAYAで貸りた「ディナーラッシュ」が面白かったなあ...!

 

NYで繁盛しているイタリア料理店を舞台にした物語。
ある冬の夜、場所は店内。登場人物は店のオーナー、スタッフ、お客さん達。
限定された空間と個性的なキャラクター達によって展開される群像劇は、
なかなか演劇的で各シーンの転がし方がとても巧い。お勧めの作品です。

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

真面目な話、普段は全然気にもしない天の川が地上から見えなくても織姫と彦星は会ってると意地でも思いたいぐらい雨ですね。2018/07/06

あめあめあめあめあめめめめ、、、、

 

 

 

 

 

 

どうも、宮井です。

 

 

 

 

 

 

 

皆様無事お過ごしでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方に突然晴れてきて

これは挑戦状だとか思って

溜まってた洗濯物を一気に干して稽古に出かけて

案の定びっしょびしょになった洗濯物たちを

深夜にいそいそ入れました。

 

 

賭けに負けました。

 

 

ついでに突然の豪雨で

ひとりでショーシャンクごっこをする羽目になり

涙か雨かわかりませんでした。

 

 

雨でぬかるんだ泥に

車のタイヤがはまりました。

 

 

雨上がりビーサンでぺちぺち歩いてたら

リュックと脚のうしろが泥だらけでした。

 

 

わたしは無事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じに

雨に遊ばれまくっている私ですが

梅雨生まれでつゆ。

 

 

6月28日をもちまして

25歳になりました!!!!!!!!!!!!!

 

 

おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年前の誕生日は

徳島に帰ることを考えてた時期だなあ。

 

 

なんとなーくでまんまるに見学にきてから

またお芝居やりたくなってしまって

またこんなにお芝居のこと考えるようになってて

不思議だなあと。

 

 

あの時、見学に来てなかったら

演じることも

徳島に戻ることも

一生なかったのかもしれないと思うと

本当に不思議。

 

 

どっちがよかったとかじゃないけど

でも確実に選んだのは私で

徳島大好きになったし

 

 

 

 

 

 

今も選択の連続だけど

まんまるに入って出会った人たちが大好きです。

 

 

 

もっともっと何年かたったら

これが転機でした!

みたいになるのかなあ。

 

 

なんにせよ

この選択してきたのは宮井悠なので

私なので仕方ない。

 

 

このまま生きてあげようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあて、

洗濯物を犠牲にしながら

連日稽古しております「吃音ヒーロー」!!!!

 

 

昨日より今日、今日より明日、

と面白くなっていく団員に刺激受けまくりんりんりん。

 

 

笑わせられっぱなしで悔しい限りです。

 

 

えいおー!!!!!

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

どぅーいっとゆあせるふ2018/07/05

こんばんわ、森田です。

 

徳島は連日の雨です。

というか台風の影響も相まって

場所によっては災害対応を取ってる地域もあるようです。

皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか。

雨が続いてる地域の皆さんは十分ご注意くださいね。

 

さて。

私学生の時からDIYが趣味で、寸暇があると結構部屋をいじってます。

昔1DKのアパート住まいだった時は

家中の棚を全部自作で組む程熱中してました。

今は子供もいますしできる範囲は限られるんですが

ぼちぼちと小さいのを作って遊んでます。

これ結構簡単にできるのでおススメなんです。

 

例えば100均のフォトフレームを

張り合わせるだけで

こうなって

こんな具合ですね。

 

子供が作った工作も

貼り合わせてニス塗りしたフレームに入れるだけで

こんな感じ。

 

簡単ですし費用もほとんど掛からないので

長雨の暇つぶしにこういう遊び方はどうでしょう。

結構楽しいですよ。

 

そんでもって梅雨が明けて夏本番となった暁にはこちらを(ねじ込み)。

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

3 / 4« Top...234

2015 劇団まんまる All right reserve.