劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 鵜戸昌実

宇宙﹙そら﹚を駆ける鵜戸。2018/10/31

どうも団員の鵜戸です。

 

もうだいぶ寒くなってきました。皆さんは体調崩したりしていませんでしょうか?

前回のブログでは「まだ半袖ですー」なんて言ってましたが、あの後すぐ長袖になりました。子供の頃は一年中半袖でいたりもしましたが、さすがにもう無理ですw

 

さて最近の私ですが、ちょこちょこ愛媛にいっています。皆さんご存知であろう「爆心ツアー7」の稽古に参加するためです。しかも見学とかお手伝いではなく、役者として…

 

そう私、爆心ツアー7出演することとなりました!

 

愛媛を始め、色々な所から多くの役者を集めて行われる約2時間×3部作!

いつどこから何が出て来るかわからない。そんなドキドキワクワクに満ちた劇になると思います!﹙まだ二回しか練習出ていませんが…﹚

 

﹙一緒に写っているのは一緒に出る事になったまんまる新人の来島君です!ブランクありとのことですが、それを感じさせないパワーを感じます……要チェックや!﹚

 

私自身の出番は多くはありませんが、この色んな意味で大規模なこの芝居に参加できるのは私の演劇人生でもそうそうないと思うので、この貴重な機会で色々学び、楽しみ、今後の糧にしていきたいと思います!

 

Related Post

あの頃いやそれ以上の輝きをもう一度2018/10/30

どうもシンセイです。

 

今回僕はこの場を借りて宣言させて頂きます。

体鍛えます!!

 

最近、他の劇団さんの演劇を観る事とかも多くなって、

歳が近い役者さんも沢山いたんですよ。

 

やっぱね、僕なんかとは動きのキレが違います。

キレがあるとカッコいいよね。

 

で僕はといいますと、最近体が重くてしょうがない。

この春筋トレちょっと続いてたんですけど、知らん間に終わっちゃいました。

 

何か僕、筋肉量が「少ない」んじゃなくて圧倒的に「足りてない」と思うんですよね。

元々体格は細目で、女性みたいな体なんですよね。

高校でバスケしてたので下半身とかは筋肉ついたんですけど。

そこでつけた筋肉が今は完全崩壊し、使えない肉になってしまっています。

 

あと大学来て炭水化物を摂る量が増えたからか、お腹も出てきました・・・。

 

最近まんまるに入った方(メンバーページ参照)と演劇のお話をしてて、

「やっぱり普段から舞台に立つのを意識して姿勢もしっかりしないと」って仰ってました。

意識が違いますね・・・。いえ分かってるんです、意識しなきゃいかんのは。

意識しても姿勢保つ筋肉が無いんですよ!!!!

もうね、論外です。これではスタートラインにも立てない。

 

あんまり信じてもらえないんですけど、高校2年の頃はそれなりに運動部っぽい体してました。

腹筋も割れてたんですよ!僅かな期間

 

まずはしっかり走りこんで無駄な肉を落とします。

で、体幹です体幹!あれ大事!

12月に出る公演・・・には間に合わないかもですが、

次まんまるとして舞台に立つ時にはキレッキレの動きを披露したいです。

そんな上手くいかんのは分かってる。でも目標立てるんは大事。

もし吃音ヒーローの時と大差無かったら・・・笑ってください。

北條真晟(17)

今見たら腕ほっそいなー。

腕は今もこんなもんやけど。

この時のように・・・

いえ、この時以上に体にキレ出します。

 

演劇以外の場所でも役に立つかもしれんしね!

無駄な努力だなんて言わないで。

 

では皆様、良いハロウィンを。

9月,10月の撮影記録と宣伝2018/10/30

安藤です。
ここのところ撮影の機会が続いています。
9月、10月はよく撮りました。

 

平日はいつも通り仕事、休日は何かしらの撮影というサイクルの2ヶ月間。
予定が詰まっていた分、過ぎるのが早かった気がします。
もう11月が来るのか〜。

 

基本的に写真を撮る予定は土曜もしくは日曜に入れているので、
劇団員が出演するイベントと重なっており、
どうしても1番は個人活動、その次に余裕があれば劇団関係のイベントとなるので、
僕の撮ったまんまる関係の写真は曽根崎のもの位。
あとの活動の写真は撮っておりません。

 

しかしまんまる撮影班にはえみこ姉さんがおり、
シンセイ君もニコンでカメラを始めており、
劇団員の皆も頻繁に活動記録を写真に残しているので、
完全にそちらに任せており、日々ブログの記事やTwitter、
Instagramにアップされる写真を楽しみに見ております。

 

--------------------

 

そうそう。
岡山にあるアサノカメラさんにて、
21人の写真家が1人のモデルさんを撮った写真展が開催されます。

 

 

様々な視点、1人の人物への21人分の見え方が展示されます。
21分の1枚として僕の撮った作品も展示されます。
しかも1枚1枚が編集無しの撮影後そのまま出し。
言うなれば具材を何も乗せていない素うどんの状態です。

 

お近くの方、ご興味がお有りの方がいらっしゃいましたら、
皆様お誘い合わせの上、岡山のアサノカメラさんまで。
ぜひきてね!

http://www.asanocamera.co.jp

 

--------------------

 

気合い入れてバチっとガチッと残したい時は安藤がいるよといった具合にですね。
まんまる撮影班の秘密兵器的に登場したいんですね。
ハンターのキメラアント編のゼノ&シルバみたいな立ち位置ですね。
映画『日本沈没』のしんかい2000みたいな(わかる?)
カッコつけんなって殴られそうですね。

 

そんな訳で劇団関係の写真ではないけど、
最近撮った写真をパッとまとめて掲載します。
劇団ブログを通して個人活動の宣伝をする事をお許しください。

 

 

 

 

 

友人の美容室の宣材用に、
成人式の振袖写真も撮りました。

 

 

 

写真を撮ることも劇団の手伝いも、
自分の好きなことやこういうものを作りたいという思いから始まって、
好きなことに関しては一番に考えて動くことで
周りの人や街も楽しくなるといい。
そういう気持ちから人を撮って、様々な場所へ足を運んでいます。

 

2018年も残りあと2ヶ月。
2019年はすぐそこまで来ています。
来年の個人活動も劇団も、今よりもっと面白くなりそうです。

 

集中し直して、文字通りフォーカスを絞って、
息継ぎをしながら駆け抜けて行きます。

Related Post

別に長くもないけど、そんなに短くもない時間。2018/10/29

皆様、こんにちは。
劇団まんまる 小川です。
今年もあと2ヶ月ちょっとで終わりですね。

 

 

思えば、仕事の異動で
南あわじに来てもうすぐ3年になります。

次の異動の時期が目前まで迫ってきたので、

何となく思っていることを書きます。

 

 

徳島を離れて、

この劇団との関わり方が少し変わっての3年間。

いや、まだ3年は経ってないけど。

 

 

 

それが良かったことも、
悪かったこともあります。

 

 

 

社会人として、

仕事と芝居との両立というのは

バランスを取るのが

非常に難しい課題であると思います。

 

 

 

 

 

 

 

楽しいからやる。

 

 

 

 

それだけですが、

それだけでは上手くいかないのも事実です。

 

 

 

この劇団において、
自分の立場、立ち位置も

少しずつ変わってきたような気がします。

むしろ変わっていかなければいけないとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かに。

 

 

 

 

 

それはもう、

本当に静かにですが。

 

 

 

 

 

 

自分の身の振り方を

考えなければいけない時期に入りました。

 

 

 

 

 

 

虚栄とか、

パフォーマンスとかではなく、

この劇団がもっともっと大きな存在に

なっていくことを目指して。

 

 

 

 

僕に何が出来るのか、

それをずっと考えてやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『面白いやつが偉い』

 

 

 

 

 

 

 

この劇団のモットーです。

お疲れ様でした。

夢がさめるその前に さらば2018/10/29

また1週間が始まりましたね。

最近エピソードオブチョッパーを見て涙腺崩壊

今まで興味なかったのに今更ワンピースにはまりそう

づっきーです\('ω')/

 

 

10月28日(日)アミコドームにて行われたハロウィンイベントにお越しくださった皆さま

野外にもかかわらず長い間ライブ・物販を楽しんでくださった皆さま

私たち楽団まんまるのライブを見てくださった皆さま

予定が合わず参戦できなかったけど応援してたよという皆さま

全ての方にお礼を言わせてください。

 

私たちの拙いパフォーマンスを

暖かく見守ってくださって本当にありがとうございました!

 

 

練習していた間ずっと不安で不安で

歌もダンスも演技も"ちゃんとしなくちゃ"って思いが強くて

正直ステージに立つのが怖かったです。

 

でもいざ皆さんの前で踊った時、もちろん緊張してたんですけど

怖いとか不安とか全然なくて

 

「楽しい」

 

って思いでいっぱいでした。

 

 

 

みなさんの反応が暖かくて

上手くやろうとかそんなことよりも

ここにいるみんなに楽しんでもらいたい

その一心だったと思います。

演劇と一緒ですね(^^)

 

 

 

アイドルとしてまだまだ駆け出しの未熟な私たちですが、今回の経験は本当に貴重なものになりました!

 

 

これからもみなさんに楽しんでいただけるように

そして、多くの方に演劇にも興味を持ってもらえるように

歌にダンスに演技に、もっともっと頑張ります٩( •̀ω•́ )ﻭ

 

 

 

ので、応援して頂けたら嬉しいです!

 

 

 

 

またね♡

 

 

 

 

 

追伸

昨日のぴろP

 

Related Post

○○の女2018/10/28

久々に鉄棒をしたら

立ちくらみが…

さおりんです(^-^;)

 

現在娘がすっかりはまっています。
名探偵コナンと言うアニメに出てくる、
とある人物に…

 

それは

 

安室透

 

最近はこの安室透と言う人物が好きな女の人を
「安室の女」と言うそうです(^-^)

 

我が家には小さな安室の女がいます(ゝω・)
あっ、小さな安室の男もいたりします(ゝω∂)

 

今年の映画のDVDが出たため、購入。
購入初日は2回鑑賞。
しばらくは毎日見てました(*´∀`*)ノ

 

で、気に入った台詞をスラスラと喋り、
(かなり格好つけて台詞を喋っている)
照れて、息子も一緒になって盛り上がっている
(//∇//)
好きなことをしているのとかって
本当にその状況を見ている側も
面白いです(*´∀`*)ノ

 

さて、その安室透とは
トリプルフェイスのミステリアスな人物。
あるときは喫茶店の店員と探偵、
またあるときは悪い組織の一員、
で、本当は警察官。
同一人物ですが演じ分け必須ですね∑(OωO; )

 

おぉ~、大変だ~(^-^;)
でも、そういう特殊な人を演じるのは
楽しそうだなぁ~って思っちゃいます(*´∀`*)ノ

 

どういう目線でテレビ見てるんだ∑(OωO; )
と言われることがありますが、
ドラマとかアニメとか、
漫画とか本とか、どこかストーリー以外の
部分が気になったりするときってありませんか?

 

背景だったり、服だったり、台詞や動き
出てくる様々な人たちなどなど…
前に時代劇なのに、役者が大きな口をあける
シーンで銀歯が見えて、
この時代にはないんちゃう??
って思ってしまったことがあります。
※銀歯っていつからあるんかいな??

 

最近はリアリティがけっこう求められている
感じがしますが…あくまで作っている世界
ですからね。多少は目をつぶった方が
楽しく見れる感じがします(*´∀`*)ノ

いや…現実も見えても見えなかった(見なかった)
ことにした方がいいものは沢山あるかも∑(OωO; )
いやいや、それは現実の方が多いか…。

リリパットアーミーⅡさんとお芝居させていただきました!!2018/10/27

大木です!

前回の僕のblogでヤバいヤバい言いまくっていた公演「曽根崎。情交」終わりました。

とても一言でどうこう言える内容では無かったのでやたらめったらと語らせていただきます。

 

 

いや、僕、本当にファンだったんですよ。

 

 

大阪に出稽古に行った際に、稽古場にあんな人やこんな人が、、、

 

 

浮かれる気持ちと裏腹に、「プロの現場」の空気。しかもこの中で自分も「役者」としておらなアカンという、、、

 

金・土・日と2泊3日の稽古を行いましたが、天国と地獄が混ざり合ったような3日間でした。

いや、天国なんですよ!!!こんな機会お金出しても得られない(ハズ)んです!

 

得られたモノは数限りない、、、は大袈裟かもですが、今後の僕の演劇活動において必ず活かせていける、活かせていかなくちゃならない事ばかりでした。

演出として。

役者として。

お芝居にたずさわる者として。

 

 

思い出していくと、あー、、、

涙が出そうになりますね。大人なので我慢しますが。40やし。

 

具体的にどうこうは言いません。実践してお見せしていきます。

約束します。舞台で。

舞台で!!

 

 

 

、、、ファンの話に戻ります。

 

あーーーー楽しかった!!

 

あーーー!!あーーー!!!楽しかったーーーーー!!!

 

だって舞台の上で観てた人達がそこかしこに居て、一緒にお芝居作らせていただいたり、一緒にお酒呑んだりさせてもらってるんですよ!

皆さんお話面白いし(超がつく位!)、他では聞けない話聞けるし。

 

 

テアータさんに客演させていただいた「お祝い」の話をした時に、オリジナルの勇平役の朝深大介さん(今回演出補をされていました。タメになるダメ出しありがとうございました!)が、何の気なしに覚えてらしたセリフを目の前で言うてくれて「!!!」と声にならないリアクションを見せてしまいました。「歓喜」のリアクション。

「めっちゃ喜んでるやん」って笑ってる朝深さんの横のコング桑田さんがそんな僕を見て、

 

「ダブル烈風拳!」

 

「レイジングストーム!」

 

の2連撃を僕に浴びせてくれました。

 

SNKさんの餓狼伝説・KOFシリーズのギース・ハワードの声優さんなんですーーー。

当然、当然知ってましたが、まさか「セリフ言って下さい」なんて失礼な事を言える訳もなく、、、

 

、、、ああ、幸せでした。(ちなみに喜びまわる僕を見てお2人とも大笑いされておりました(笑)だって嬉しいんやもん)

 

 

わかぎゑふさん。

 

 

面白く。素敵で。厳しく。素敵で。博学で。素敵なお人でした。

 

いやもう素敵なんですよーーー。

 

 

何がどうとかは何か失礼かな、と思うんで敢えて言いませんが。

 

 

 

、、、もしかしたら、今後ワークショップ等で皆様もお会い出来るチャンスが来るかもしれません、が、これはまた、別のお話。

 

 

もー、語りだしたらきりがないです。

 

 

 

 

語るのはこの辺で。

 

僕みたいなちっぽけな演劇人でも、「演劇人」を名乗るのなら、全てを舞台に活かさなくちゃ。

 

皆様、舞台で!

よろしくお願い致します☆

Related Post

世界が広がるカナ?2018/10/25

こんばんはー!本日2時間だけ淡路島観光行ってきましたですやんですー!

 

 

さてさて、今日プロ野球のドラフト会議ありましたねー!

セリーグとかパリーグとかよく分からない私ですが、

大阪桐蔭高校の『根尾選手』と金足農業高校の『吉田輝星選手』がどこの球団に入るか見てましたー!

 

 

ミーハーって奴です。

でもドラフト会議見てたら面白いですね。

 

面白いって言ったらあかんけど、劇のオーディションの結果発表のドキドキ感と自分にとってはちょっと似てるなーと思いました。

 

で、ドラフト会議終わって、兄者が帰ってきたんですが、ドラフト会議に影響を受けたのか否か玄関の鏡を見ながら素振りをしていました。

 

 

いやいつも素振りはしてるんですけど。リビングで。

時々頭に当たりそうになってヒーヒー言ってます。。

あ、えっと何が言いたいかと言いますと、

 

 

よく稽古の時に『鏡を見て自分の違和感をなくせ』と言われるんですけど、兄者は言われなくてもプロになるわけでもむしろ野球経験ないけど実行してるんです。

 

あー、兄者のことちゃんと見てなかったなー。

 

 

最近ある人から『他人に興味ないよねですやんは。』って言われてあー確かにそうだなと。

 

 

いやない訳ではないんですよ。

 

でも野球的にいうと私は投げるのも超絶ストレート。打つのもいつも振りかぶり空振り三振って感じです。

 

 

相手を考えずに投げまくり打ちまくる。

なんですよね。きっと。

だって兄者のことですらちゃんと見てなかったくらいですもん。

 

色んな人見て色んなもの見て吸収しないといけないですよね。

 

 

 

そんなこともあってか最近新しい物にはまっています。

 

そう、野田秀樹です。

 

 

演劇分野の著名人で、劇作家兼演出家兼役者です。『NODA MAP』を設立して色んな劇を上演していらっしゃる本当にすごい人です。(雑な説明ですみません。)

 

といってもまだ『Right eye』と『パンドラの鐘』の途中までしか読んでおりませんが。。。(ワタシニ、ネタバレ、タメヨ!)

 

面白いんですよねー。これが。

元々ミステリー好きなのと、予想だにしない展開、垣間見える優しさ、そこに浸りたくなる空想の世界。

 

 

23年生きてきたんですけど、こんな世界があったなんて人生損してたなって感じです。

野田秀樹から初めて色々読んで見よう。鴻上尚史とか色々。

 

 

もっともっと他人に興味を持とう。

世界を広げていこう。

ぬー。

 

 

 

ですやん、

Related Post

そこにAIはあるんか?2018/10/25

「Alexaブログを書いて」

『こちらがブログの書き方に関する書籍です。』

(´・ω・`)…

「OK G○○gle!ブログを書いて」

『こちらがブログの作成サービスです。』

「Hey Siri…」

はいはい、わかりました、自分で書きます。

 

 

あっ、どうも高下徹士です。

ブログ当番が回ってくる度に何を書こうかと迷います。

 

さて、そんな私は、

演劇とはしばらく離れて、本業といいますか

生業としているのがITという分野なので、

勉強がてら、『AI』の端っこをチョコチョコと

いじってみたりしています。

 

 

某メディアに出ている情報では、10年後には、

今ある仕事の6割近くはAIで代行可能になるのだとか。

 

そう考えると「役者」ってどうなのかなと。

個性やら感情の機微など、まだまだ機械じゃ

真似できない事が多いという認識なんですけどね。

 

ただAIと言われるものの一端を触ってみると、

融通はきかないし、「やれ」といったことをもとにして

パターンを決めた範囲でしかやってくれないけど、

台詞はとばさないし、回数こなしてもムラが出ない、

何度かトライ・アンド・エラーを重ねて調整すれば、

ちょっとした堅物の中堅役者くらいの働きは

出来るんじゃないかななんて思ってみたりして。

 

まあ、台詞のひとり稽古する時に自分以外の台詞を

読み上げてくれるAIや一定時間間が空いたらプロンプを

入れてくれるAI、きっかけを判断してSEやME

照明を動かしてくれるAIなんてものが出来るんじゃないかと

ゴソゴソやっています。

 

 

しかし、夜な夜なひとりでごそごそやっていると

妙に愛着が湧いてくる…って、べ、別に、話し相手や

2次元嫁が欲しくてやってるんじゃないんだからね!(苦笑)

もし、興味がある方が居たらどっかで見かけた時にでも

声かけてくださいませ。

Related Post

アロングロング2018/10/25

昔話とスカートは短い方が良いと言いますが。

え?スピーチだっけ?

話が長いのが玉に瑕、清水宏香です。

 

 

 

大学演劇クラブ時代。

 

私が1年の冬、先輩達が他劇団を作って公演をする為、

クラブで公演が打てなくなったという事がありました。

高校の時より、春は新人公演、秋は文化祭公演と高文祭、

冬は卒業生公演というスパンでずっと演劇をやってきた身。

ただでさえ大学生になって未だ学祭公演しかしておらず、演劇したい気持ちを持て余してた私は、

そんなの許せなかった。

 

何で演劇クラブに入ったのに演劇の公演が出来んの!?

 

残ったメンバーは私と同期の3人と、先輩3人。

 

血気盛んなお年頃だった私は、よっしゃ!見とれ!と思い立ち、少人数での公演に踏み切る事にしました。

 

しかし。これなら出来る!と見つけたお芝居はキャスト女子4人。こちら女子、3人。

 

はいもう詰んだーーー。

 

いいえー、諦めの悪いのが私のチャームポイントですーーー。

 

総務課っていう、大学生の情報を持ってる所に行って、

新入学の際に書く紙に「希望サークル:演劇部」と書いた人の連絡先を教えてもらい、

片っ端から電話をかけては談判しました。

(今なら個人情報の保護とかで無理かもね)

 

結局、この方法では出演者は捕まりませんでしたが、

何とか高校の後輩の女の子を引きずり込み、4人無理やり揃えて稽古を始めました。

 

私は役者の傍ら演出を担当、照明や音響プランでは合宿で先輩とケンカしながら話を詰めていきました。

何故かAVが流れる中打ち合わせをしてたのはカオスとしか言いようがありません。

 

 

その時の演目は惑星ピスタチオ西田シャトナー氏の「ホントに?」

宝くじを買った、仕事も趣味も性格も違う女性4人が、もしも当たったら…と妄想を繰り広げて泣き笑い、何だか皆好きになるお話。

女性たちはたまたま同じ英会話教室で会っただけの4人です。

 

 

まるで、その時に残された自分たちみたいだ、と思っていました。

 

もしも先輩らが抜けなければ。

こんなに過酷かもしれないけれど、濃密な時間を過ごすこともなかったかもしれない。

今でもその時の公演の達成感は、鮮明に覚えています。

つたない演技につたない演出でしたが、自分史上一番愛しい公演だったと思っています。

 

 

今、劇団まんまるには偶然にも集まった20名以上がいます。

ここからどんな公演が産まれていくんでしょうね。

 

 

どんな状況であろうとね、作品を作りたい、観せたい、という創造への思いの強さが、己を前に進ませる唯一の櫂なんです。

人数や規模やお金じゃあない。

あの頃ほどのコンソメキューブみたいな情熱は、今の私にはちょっと無いかな。どうかな。

でもね、最近、こんなのを思い出したのには訳があって。

 

 

私がPを務める楽団まんまるちゃん。

カブフェスで音楽と演劇のコラボステージをしたばかりなんですが。

今度のイベント、ハロウィンパーティでも同じく、演劇もやるんです。

ここ最近の公演は本当に大勢が関わっていて、必ず上の人があーだこーだ言う(言ってくれる)環境でしたが、

皆客演やら何やらで、打って変わって今は少人数での稽古場となっています。

稽古場に楽団まんまるちゃん3人、

台本を片手にあーでもないこーでもないと動きを決めて稽古を進める姿。

言われた事だけをするんじゃない、自分達で創作する演劇の現場がありました。

 

 

演劇の楽しさって、そこにしか無いと思うんですよ。

人が書いたセリフ上手く読むのを目標にしてちゃ、

まー絶対に20年は続かなかったよなって思ってます。

 

アイドルだからってバカにしてんじゃねーぞ?

 

 

さてさて、

昔話とスカートは短い方が良いのにやっぱり前者は長くなっちまいました。

せめて後者はうんと短くしときますかね。

 

SST主催イベント「ハロウィンパーティー」

日時:10/28(日)14:00~★楽団まんまる出演は14:50~予定
場所:アミコドーム(アミコビル2階時計前広場)

今回の楽団まんまるステージは音楽の秋・色気の秋・食欲の秋を学園ストーリーに詰め込んでお届けします!

その他、県内外で活動中のアーティストが総出演!

またハロウィンという事で…

夕暮れ時にはぞぞぞゾンビが徘徊!?トリックオアトリート!お菓子も貰えちゃう!?

こうご期待ください♪

 

 

※野外イベントなので、温かくしてお越し下さいね(*´з`)

Related Post

1 / 4123...Last »

2015 劇団まんまる All right reserve.