劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

世界が広がるカナ?2018/10/25

こんばんはー!本日2時間だけ淡路島観光行ってきましたですやんですー!

 

 

さてさて、今日プロ野球のドラフト会議ありましたねー!

セリーグとかパリーグとかよく分からない私ですが、

大阪桐蔭高校の『根尾選手』と金足農業高校の『吉田輝星選手』がどこの球団に入るか見てましたー!

 

 

ミーハーって奴です。

でもドラフト会議見てたら面白いですね。

 

面白いって言ったらあかんけど、劇のオーディションの結果発表のドキドキ感と自分にとってはちょっと似てるなーと思いました。

 

で、ドラフト会議終わって、兄者が帰ってきたんですが、ドラフト会議に影響を受けたのか否か玄関の鏡を見ながら素振りをしていました。

 

 

いやいつも素振りはしてるんですけど。リビングで。

時々頭に当たりそうになってヒーヒー言ってます。。

あ、えっと何が言いたいかと言いますと、

 

 

よく稽古の時に『鏡を見て自分の違和感をなくせ』と言われるんですけど、兄者は言われなくてもプロになるわけでもむしろ野球経験ないけど実行してるんです。

 

あー、兄者のことちゃんと見てなかったなー。

 

 

最近ある人から『他人に興味ないよねですやんは。』って言われてあー確かにそうだなと。

 

 

いやない訳ではないんですよ。

 

でも野球的にいうと私は投げるのも超絶ストレート。打つのもいつも振りかぶり空振り三振って感じです。

 

 

相手を考えずに投げまくり打ちまくる。

なんですよね。きっと。

だって兄者のことですらちゃんと見てなかったくらいですもん。

 

色んな人見て色んなもの見て吸収しないといけないですよね。

 

 

 

そんなこともあってか最近新しい物にはまっています。

 

そう、野田秀樹です。

 

 

演劇分野の著名人で、劇作家兼演出家兼役者です。『NODA MAP』を設立して色んな劇を上演していらっしゃる本当にすごい人です。(雑な説明ですみません。)

 

といってもまだ『Right eye』と『パンドラの鐘』の途中までしか読んでおりませんが。。。(ワタシニ、ネタバレ、タメヨ!)

 

面白いんですよねー。これが。

元々ミステリー好きなのと、予想だにしない展開、垣間見える優しさ、そこに浸りたくなる空想の世界。

 

 

23年生きてきたんですけど、こんな世界があったなんて人生損してたなって感じです。

野田秀樹から初めて色々読んで見よう。鴻上尚史とか色々。

 

 

もっともっと他人に興味を持とう。

世界を広げていこう。

ぬー。

 

 

 

ですやん、

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.