劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

それは雪融けなのか2019/01/24

こんにちは、佐光です。

年が明けて、もう半月以上たちましたね!

年賀状は切手シートが1組当たりました。わーい!

 

ブログに書きたいな、って思うこと。

みんなに伝えたいなって思うこと。

意外と日常の中でもたくさんあって、あ、これ書こう!って思うんだけど。

ふと思いついたことって、その場ですぐに控えておかないとすぐに忘れてしまうんですよね。

 

なんだったかなー。

 

たとえば、小さい頃に大好きだった漫画の話とか?

それは、「リボンの騎士」「火の鳥」「ブラックジャック」「らんま1/2」。

 

たとえば、演劇をはじめたきっかけだったりとか。

それは、放送部員だった高校生の頃、合唱団の先輩に誘われた人権劇。

 

たとえば、今、まんまるに所属している理由とか。

 

あ、これだ。

 

私、たぶん、演劇人ってわけじゃないんです。

演技をしたい、役者をしたい、というわけでまんまるに所属したわけじゃない。

普段からお芝居を観に行く習慣があったわけでもなく、好きな劇団や役者さんも特に居ない。

さらに言うならジャニーズの有名グループのメンバーも把握できないレベルで芸能人の名前がわかりません。

 

お芝居や映画を見るのは好きです。

だけれど、役者さんの人物や演技の上手い下手とか演出なんて特に気にして見たことはありませんでした。

 

そう、私が追っていたのはストーリーだけ。

 

なんて素敵な物語なんだろう!

なんて奇想天外な結末なのだろう!

ああ、こんな物語に出会えてよかった!

 

登場人物の名前は覚えていても、役者の名前とか興味なかった。

これじゃあ書籍で物語に出会うのとあまり変わらないよね。

 

自分の想像力を信頼しすぎていたのだと思うんです。

本を読むときは、その文学的表現から自分の脳内で映像を作るでしょう。

どこかで、脳内の映像のほうが繊細でうつくしいと思っていたのかも。

 

この数年。

本でもなく、映画でもなく演劇だからこそ、という瞬間と楽しみ方を少しづつ見つけることができたような気がします。

それは、まんまるに入ってからはじめて演出、制作、舞監、、、ほかにも、つまり「役者」以外の人の存在を知ったことも一つだし、いろんなお芝居を見る機会が増えたことも一つです。

 

人見知りもあり、ちょっと前向きの足りていない印象を与えがちな私。いや、概ね真実なんですけれども(笑)

今度の徳島演劇ネットワーク公演「鯖の頭」では役者として出演させていただけることになりました!

久しぶりの舞台だー!やったー!

 

じつは舞台に立つの、好きなんですよね。

とってもわくわくしてます。

そんでもって何より、役立てる場所があるっていうのは、とっても嬉しいよね。

必要としてくれてる!って思ったら、期待に応えようと思って、頑張れる。

そんな単純な理由で、いまここにいるんだなー。

 

そんなわけで、目の前の、自分ができることを一所懸命やっていってるつもり。

誰かのために、が、自分のためになるのだ。その逆もまたしかり。

 

とりとめない。

またねー。

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.