劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: others

ええか、階段落ちっちゅうんはな・・。2018/07/31

皆様、お久しぶりです。

劇団まんまる 小川です。

 

劇団まんまる第四回公演

『吃音ヒーロー』徳島公演まで

あと一週間を切りました。

 

(※皆、座っています。)

 

本公演の上演時間、約100分程度。

 

 

(※階段です。と、その向こうに鏡です。)

 

 

この時間を僕達は

会場まで足を運んで頂いた皆様と

共有させて頂きます。

 

 

(※高下さんの足 on 階段です。)

 

皆様の人生において、

大切な大切な時間を頂戴致します。

 

お金(チケット代)も頂戴しますが、

時間も頂戴致します。

 

 

この時間。

 

決して無駄には致しません。

安心して会場まで足をお運び下さい。

 

(※頭を強く打ち、気絶しています。)

 

どうぞ安心してお越し下さい。

 

 

皆様にとって

とっても有意義な時間となりますように。

 

 

ちゃんと。

 

面白いお芝居をやります。

やらせて頂きます。

 

(※ 全部で10個のピースサイン。世界平和!!)

 

 

それでは、また。

会場にてお会いしましょう!

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

礎を築く2018/07/30

こんにちは、さこっちです。
7月も終わりに近づいて来ました。
花火見ました?浴衣着ました?
 
…忘れられない夏の思い出、できそうですか?きゃっ☆
 
そんなあなたに『吃音ヒーロー』!
徳島公演。いよいよ来週末に迫ってきましたよ!
 
内緒にしてたんですけど。
『吃音ヒーロー』の登場人物って、カタカナのお名前が多いのですねー。
 
ふだん小説を読む際も、名前を覚えたり、人間関係の把握に時間のかかるわたくし。
今回、観劇習慣のない友達も観に来てくれることもあり、
ちょっとでもお話に入り込みやすくなるよう、関係を図にしてみました。
 

 
観劇前に、はたまた観劇後にでも。
あんちょことしてご利用いただけると幸いです♫
 
 
***********
 
 
演劇ほか、会話、文章、写真、絵、音楽……
普段わたしたちはさまざまな表現活動をしていますが、
表現できることについて、当たり前のように考えてしまうことがありませんか?
 
舞台で言うならば。
小道具や舞台などが何もない状態での表現って、シンプルで難易度が高い。
しかしそこに舞台装置が加われば表現の幅はぐっと広がり、
それは直接、お客様に伝わりやすい表現につながってゆきます。
(今回、タニィさんのご協力のおかげで、大変恵まれた環境で表現させていただけます!感謝!)
 
そもそも、稽古がなぜできるのか。
…大きな声を出したり動いたりできる稽古場があるから。
…都合をつけて稽古場に集まってくる仲間がいるから。支えてくれる家族がいるから。
小道具、衣装、制作(裏方)業務、、なんだってそう。
「独りで芝居やってんじゃねえ!」なわけ。
 
舞台や稽古場はもちろん、家庭や職場、他の場所でも。
表現するための「礎」があることを当たり前に思いがちではないでしょうか。
 
思うようにいかないことってたくさんあります。
想いをうまく表現できなかったり、主張しても伝わらないこと、たくさんあります。
そのとき「なんでわかってくれないんだ」とついつい他者を責めてしまいがち。
 
しかし残念ながら、これってどちらも「表現力不足」と呼ぶこともできてしまいます。
言葉が足りなかった?技術力不足?表情や熱心さかな?
いやはや、だとしたら表現に携わるものとして致命的だねー!
 
でも、単に「表現力不足」なのかというと、それだけでもなくって。
表現するための礎をちゃんと築けているのかを思い返してみては、ということ。
 
更に言うならば、礎を築くための努力をしたのかな?
 
場合によっては、礎を「人間関係」と言い換えることもできるかもしれません。
互いに相手の意見を尊重し、素直に受け入れられる関係を築くことができているかどうか。
それは必ずしも対等であれということではなくてね。
 
これは個人的な想いですが、
職場などの社会では、自らがバランサーとなり「敢えて」主張を殺している人が多く存在します。
しかし、稽古場のように表現をする者たちが集う場所は、
その場にいるそれぞれの表現や主張が真っ直ぐに生きる場所であってほしい。
助け合いながら、それぞれの主張が曲がることなく絡み合えば素敵だな。
 
とまあ、自分ができているかは別問題としてね。
できてないからこそ、自省の意味を込めての、理想論。
 
きれいごとしか言わないし、表現力は、、やばい!笑
けど、そんな自分が好きだし、それを許してくれるみんなが大好きです。
 
ずっとワクワクしていたいねっ。
さこっちでしたー。
 
 
***********
 
本番まであと数日!
まだ予約してない方はお早めにどうぞ☆お待ちしてます!
 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

一歩踏み出したらきっと!2018/07/28

 

おはようございます!ですやんです!

最近一日中自転車漕いでて絶賛日焼け&熱中症です。

いけます、生きてます。ばりばり生きてます!

 

 

 

あと1週間。

今回も廻り道ばっかりしました。

意味のないところで考えてひとりで悩んでました。

 

 

でももうそんな事いってられない所まできちゃいました。

演出に言われた自分の役目を今一度果たしたいと思います。

 

 

全てはいい芝居を作るため。

相手のことは考えますが、遠慮なんてしません。

もっともっと貪欲に。

ひとりで考えずに一緒に聞いて聞いて聞きまくります。

 

 

 

あと1週間。されど1週間。

間違う事を恐れずに突っ走ります。

みんなで。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

 

 

 

ですやん

 

アツい。2018/07/24

 

 

ごきげんよう。東條です。

 

 

目の前にいるオルカと

私のドッキングの作業。

 

 

やっと。

 

 

やっと。

 

 

全開フルスロットルで。

 

 

削っていく。

 

 

たまらない。

 

 

この感覚。

 

 

やっと。

 

 

楽しい。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

チョコもうだる暑さ2018/07/25

おつかれ様です。

暑い・・・

暑い・・・

暑い最中も汗水ダラダラ垂らしながら稽古にいそしんでおります。大木です。

 

この間、吃音ヒーローの徳島公演お初の通し稽古をしたのですが、その最中に蝉が一匹飛んで来ていたのか、ひたすら求愛行動をしておりました。

 

 

五月蠅い。

 

五月の蠅と書いて「うるさい」ですが、

八月稽古場蝉と書いてうるさいと読んでもいいんやないかって位、うるさかった。

 

 

そしてさらに暑さがましていくのです。

 

ストレスがたまるたまる。

 

そんなある日、役者の一人がGABAというストレスが軽減されるというチョコをくれました。

 

甘い!

 

甘さが演出しながら疲れ切った脳に浸透し、尚且つストレスも軽減されるとの事。美味しくいただきました。

 

それにまた味をしめて、別の稽古日に自身で同じチョコを買い、嬉しげに稽古場に来ました。

その日の稽古はなかなかに捗り、自身、特に休憩をとらず(水分はこまめに取りながら)演出に精を出していました。

 

気が付けば、カバンの中に一度も開けられる事の無かったGABAが・・・

 

 

皆さまにもこのような悲劇があられませぬよう、熱中症とチョコの置き忘れにはお気をつけあられませ。

 

と、いうことで夏の暑さにもマケズ!ラストスパートを駆けてまいります!!

皆様のご来場心よりお待ち申し上げております☆

※余談。そもそもGABAをくれたのは「お前はストレス溜めてイライラしいまわるな」って事だったのか?永遠の謎です。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

役者の矜持2018/07/22

 

こんにちは、ですやんです。

 

私は今年の2月に徳島演劇ネットワーク公演の『四月になれば彼女は』で堀口健太郎という役をしました。

 

その頃、演劇レベルは赤ちゃんの様だった私に、大木さんは私にある言葉をかけてくださいました。

 

『役者としての矜持を持ちなさい』

 

あの時、私は矜持という言葉すら知らず、また調べても何のことかさっぱり分かりませんでした。

 

それでもあの頃はただがむしゃらに健太郎というメインキャラクターを演じました。

 

 

 

 

 

それから、5ヶ月経ちました。

 

今、私は『役者の矜持』を持って、稽古に取り組んでいます。

いや、正確には一昨日から。

 

遅い、遅いです。公演まで日が無いのに。

というネガティヴな考えは置いておいて。

 

今からでも遅くない。

『役者の矜持』を持って、取り組むことにしました。

 

 

 

今更ですが、『役者の矜持』とは。

 

私は、役者としての責任とプライドを持って、見に来ていただくお客様の為に、真摯に役者として自分ができる最大限のことを、妥協せずに取り組むことだと思います。

 

間違ってるかもしれません。自分のただの考えかもしれません。

でもこれが、私の『役者の矜持』です。

 

今回は、健太郎の様なメインのキャラクターではありません。でも、そんなの関係ない。

 

自己顕示欲が強くて何が悪い。

 

公演当日は私を見に来てください。

 

 

 

ですやん

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

Related Post

ここはひとつ夏っぽい話を2018/07/21

お暑うございます、森田です。

豪雨が去ったと思ったら一気に猛暑、

本格的に夏になりました。

 

さて劇団は徳島公演に向けて連日稽古中。

私は今回いつもの事務方に戻りましたので

本隊とは別で色々作業をさせてもらってます。

ちなみにこのブログもその合間に書いてます。

 

それにしても連日暑い。

なので寸暇に涼を求めてちょっと出かけてみました。

 

徳島から車でおよそ3時間、お隣高知県の仁淀川、中津渓谷です。

 

道中通り雨に降られたんですが到着してみると雨も止み、

光が反射してとても良い空気と風景になってました。

 

透き通る水は「仁淀ブルー」と称され全国的にも有名です。

ちなみに今回載せてる写真、

格安系の某スマートフォンで撮ってますが一切加工なしです。

 

今回のメインはこちら「雨竜の滝」。

冷たい空気とミストが凄い!

 

山の天気はコロコロ変わるってのは本当えらいもんで、

帰りの道中、目の前の山間にはっきり虹が浮かんでました。

 

 

今度は晴れた日に行って「仁淀ブルー」をちゃんと見たい。

そんな日帰り旅行サイトの原稿みたいなブログでした。

 

・・・クラウドワークでも始めようかな(笑)

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

「平成最後の夏」というフレーズは私を少し感傷的にする2018/07/18

どうも。

平成生まれのやっちです。

ゆとり最高。

いえーい。

 

 

……なんて、へらへら生きてきたんですけどね。

思ってたより早く平成は終わるみたいです。

平成に生まれ、

今まで平成で過ごしてきた私としましては、

その終わりは私たちの時代の終わりなのかな、

なんて思ってます。

 

 

だって今でさえ

「新入生こわい。女子高生はもっとこわい。なにが流行っててなに話してるん!?」状態なのに、

来年には次の時代の子が生まれてくるんですよ!

 

 

こわい。

時代の流れ、めっちゃこわい。

 

 

平成や私の学生時代の思い出が、

カラーからどんどんセピアになっていく感じ。

 

 

 

 

 

 

 

12歳の頃のような友人はもうできない、

もう二度と……。みたいな感じ。

 

 

というわけで最近、「平成最後の夏」なんて聞く度に

感傷的になって泣きたくなります。

なんなら泣いてます。

 

 

そして思います。

「平成最後の夏」を意味ないものにしたくない。

色んなとこ行きたい、見たい、

演劇したい、私たちの平成を楽しみ尽くしたい!!

 

 

まあきっと終わってしまえば

「やりたいこと全部できなかったな。もうあの夏は戻ってこないんだ。」

ってまた感傷的になるんでしょうが。

 

 

それでもちゃんと足掻いて

「なんやかんやよかったし、この寂しさもそんなに悪くないな。」

って思えるくらいの夏にしたいです。

 

 

さてさて、もしこのブログを読んで

少ししんみりしちゃったあなたに

オススメの舞台があるんです。

 

 

そう。

 

 

劇団まんまるの「吃音ヒーロー」。

この夏、思いっきり笑って泣いて楽しみましょう!

 

 

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

 

 

 

こじつけ感はんぱないですか?

ごめんなさい。

でも本当に、平成最後の夏に色んな人と一つのお芝居を共有できたらいいなって思います。

 

 

みなさんもどうか、後悔のない夏を。

 

 

僕の名は。2018/07/15

劇団まんまるの小川です。

お久しぶりです。

 

夏真っ盛りであります。

あちちあちあちであります。

 

炎天下の中、

徳島公演に向けた稽古は

熱を帯びてきております。

 

 

僕は、高知公演では

吃音の劇作家キツオという役を

演じさせて頂きました。

 

 

さて、徳島公演では高知公演とは違い、

全く別の役を演じます。

 

 

 

 

饒舌の劇作家ジョー・ゼツオです。

 

 

 

ゼツオは饒舌に人々に絶望を語ります。

 

 

ゼツオの描く作品には

主に人々の苦しみ、他者への妬み憎しみ、

憤り、そして何となくの殺意といったものが

込めに込められています。

 

 

そんな彼の作品は

全くというほど、つまりません。

 

 

こんなにつまらない作品は

他にあるのかと思うほど、

内容がありません。

 

すかすかのすっかすかです。

 

 

なぜ、この劇団は彼に劇作を

委ねているのかを疑ってしまうほどに。

 

 

そして、作品の合間合間で、

ゼツオは語ります。饒舌に。

 

 

役者のメンバーを差し置いて、

劇作家の彼が舞台に上がるのです。

 

 

作品とは関係の無い、

最近自分に起こった出来事を。

 

 

少し腹が立ったことや

背中がピリピリと痛いといった

日常の何でも無いことを

これでもかというぐらい饒舌に語ります。

 

一度話した内容であっても

構うこと無く何度も何度も語ります。

何度も何度も、とても饒舌に。

 

作品とはかけ離れた

彼自身のどうでも良い

日常の話をしている途中で

突然、公演は終了を告げます。

 

 

ホールの終了時刻がきたからです。

 

 

あっけにとられる役者陣。

 

稽古した内容の半分も出来ず、

肩を落とす演出家。

 

 

『金返せ!』

 

 

『死ね!』

 

 

 

そして

 

 

 

『つまんねーよっ!  死ね!!」

 

 

 

といった客からの野次や罵倒の言葉の数々。

 

 

それでも、ゼツオの表情は晴れやかです。

 

 

なぜなら、

語ることが出来たから。饒舌に。

 

 

最後に演出家ではなく、

ゼツオがこの公演の締めの言葉を

ゆっくりと饒舌に語り始めたところで、

この吃音ヒーローは幕を閉じます。

 

 

 

 

 

 

 

というのは、嘘です。

そういった類の冗談と捉えて下さい。

 

 

 

 

 

徳島公演でも、

吃音の劇作家キツオという役

を演じさせていただきます。

 

 

 

ゼツオって誰ですかって感じです。

 

 

 

自分でもこんな内容のブログを

書いてしまったことに驚き、

かち震えています。

 

指先がぷるぷると痙攣をしています。

 

ありとあらゆる関節が

パチパチと音を立てています。

 

 

肩が外れて別の肩がこんにちはしています。

こんちは、新しい肩です!って。

こんちは!って言ってます。

 

 

 

すいませんでした。こんな内容で。

 

 

 

稽古はちゃんとしてます。

もはや、めっちゃしてるんで。

 

キャスト陣もスタッフ陣も皆、

各自一段階以上レベルアップしています。

 

 

高知公演から一皮向けて、

つんつるてんになった徳島公演。

 

つんつるてんにはなっていないけど、

 

すごく面白かった!

 

と、皆様に声を揃えて

饒舌に言って頂けるような

そんな公演にしたいと思います。

 

それでは、また。

また今度、僕の肩が外れるその時まで。

 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島

名前と役割と2018/07/14

7月も半ば、みなさまいかがお過ごしですか。
たいへんな雨がすぎ、そしてこの暑さが続いています。
 
そう。暑い。
 
暑いときに水を飲んだりクーラーをつけることは甘えではありません。
忙しいときでも、なるべく水分補給してせめて健やかにお過ごしくださいね。さこっちです。
 
あ、えっと、さこっちというのは名前というか、ニックネームです。
さこっち、とか、さこっちさん、とか呼んでもらってます。
 

ロンドンで9と4分の3番線に行ってきました。グリフィンドールプリーズ、というとこのマフラーを貸してくれました。
 
突然ですが、名前とアイデンティティの関係って、密接なものがあると思います。
ある人は「誇り」なのかもしれない、と仰っていました。
 
ご覧になりましたか、有名映画『千と千尋の神隠し』。
主人公の「千尋」は、これを贅沢な名前だといわれ「千」と呼ばれることになりましたね。
「千」はさまざまな出来事を経て成長し、「千尋」の頃にはなかった強さを携えることができました。
 
名前が変わることは、別の人格をつくることにつながるのかもしれません。
 
…というのはやや強引なこじつけですが、
でも、似たようなこと、ありますよね。
 

バイブリーにて。ケルト民族は薄い石を重ねて隣りとの境界を示したそうです。
 
看守と囚人の例を出すのは安易かもしれませんが、
与えられた役割、呼称。
それに適応したいと思い、それに適した態度を自然と行ってしまうもの。
 
「○○さん」って言われたら、ちょっとお姉さんっぽく振る舞いたくなるし、
「○○ちゃん」って呼ばれたら、天真爛漫さ、かわいさを前面に押し出しがち。三十路でもね!
「○○さんの奥さん」って言われたら、ちょっと人妻感出す、、じゃなくて、夫の顔を立てる行動をとったり。みたいな。
ほかにも「○○先生」「○○部長」とかとか。
 
でね。これ。名前を呼ばれる側だけじゃなくて。
呼称によって、名前を呼ぶ側も変わるでしょ、相手への態度。
呼称が先なのか、はたまた、相手を見て呼称を変えるのか?
どっちが先かは状況によるけれど、おもしろいなって思います。
 

 
で、この「さこっち」は、「さこう」をもじって代表がつけてくれたニックネーム。
じつはその数ヶ月前に苦手な人に強制的につけられたニックネームと全く一緒だったので
えっなにこれはダークリュニオンの仕業?とちょっとびっくりしたのだけれど、
いまは、好きな人たちしかこの名前で呼ばないからだいじょうぶ。
 
わたし、ふだん、「さこっち」らしくできてるかなー。
 

ストーンヘンジ。円形に並ぶ巨石。見えないものへ想いを馳せるという経験ができ、期待以上の場所でした。
 
さてさて、そんで、吃音ヒーロー。
今回、舞台に立たせてもらえることになりました。わーい!
 
キャスティング発表後、役名が台本に入っているのをみたときは嬉しかったです。
ちゃんと、「○○」らしくできるかなー。
このときは「さこっち」じゃだめですもんね。
 
という訳で!ぜひ見に来てねー!
 

劇団まんまる第4回公演「吃音ヒーロー」in 徳島


 
※時折挟まれた風景写真は新婚旅行時のものです。きゃっきゃっ。

Related Post

21 / 42« Top...10...202122...3040...Last »

2015 劇団まんまる All right reserve.