劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: others

通報されるか否か、出来れば通報されない方法で。2018/09/27

どうも皆様、お久しぶりです。
劇団まんまる 小川真弘です。

 

 

前回に引き続き、
今回も僕の「夢」について語りたいと思います。

 

 

普段、余計なことは喋らない様に

無口を気取っているのですが、

伝えたい思いが強い時は

本当にとりとめもなく語り過ぎてしまう所が

僕の本当に鬱陶しい部分であると思います。

 

すみません、それはもうほんまにすみません。

 

 

 

僕の夢。

 

 

前回はライフル銃を装備したヒグマの話をしました。

今回はそっちの夢ではなく。
目標とか人生の目的とかそっち系のやつです。

 

 

 

“世界中の人を笑わせる”

 

 

 

これです。

つまり、“世界平和”ってことです。

 

 

いやまあ、ぶっちゃけ不可能だと思いますよ。
そもそも、世界中の人っていうのが。
毎秒ごとに、生まれて、死んでいってるわけで。

 

 

そして、言葉の通じない人を

どうやって笑わせるのか?

多分、多少変な顔とかするんでしょうか?

変な顔にも限界があるし、

逆に変過ぎても

そんな顔は怖すぎて泣かれてしまうかもしれません。

国家権力に通報されてしまうかもしれません。

 

 

“世界”は、

“僕が生きていく世界”という言葉に

置き換えても良いかもしれません。

 

 

そして、その“世界”をどこまで広げていけるのか。

 

 

道行く人を掴まえて笑わそうとしても、

二人目くらいで通報されてしまうと思うので、

これもまた難しいものです。

 

通報されずに、“面白い”を与えて笑ってもらう。

まずは、通報されないことを

心がけなければいけません。

 

 

人が生きていく上で、
笑いとか笑顔って凄く大事なものです。

 

気持ちが沈んでいても、
テレビのお笑い番組を見て

その馬鹿馬鹿しさに思わず笑ってしまって、
でも何だか救われたような気持ちになって。

そんな経験のある人も

結構いるのではないでしょうか。

 

 

 

何か大げさに言ってしまいましたが。

 

 

見にいけば何か笑える、とか

何だか楽しい気持ちになる、とか

そんな風に言って貰えるような

かといって通報もされない

そんな作品を作っていきたいと思います。

 

 

それではまた、

お目にかかれるその日まで。

ありがとうございました。

 

★爆心ツアー7★稽古見学ツアー!2018/09/27

 

おはこんばんにちは!

東條です・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

今回は先週末行われた

『爆心ツアー7』序章通し稽古の

見学レポートです!

写真は一緒に潜入してくれた佐光さんが

撮影してくれました!

 

渋坂Q三郎劇作20周年記念公演

『爆心ツアー7』

とは!!

われらが忽那一樹が代表を務めます!

爆心ツーリズム製作450分の超長編お芝居!!

休憩をのぞいても6時間!!

この情報でもう興味を持っていただけたことでしょう。

 

ここからは東條の少ない語彙を用いて

東條が感じたことを書きます!

 

一緒に宇宙を巡っている。

けどどこか、遠いような。

二人分の感覚。

 

そして次々に出てくる個性的な人物。

序章だけで長編1本分程ありましたが、

怒涛の個性の波に振り落とされないように必死でした。

そんな中にもちりばめられる物語に期待と楽しみが膨らみました。

あっという間。あっという間劇場。

 

中章・終章が早く観たくてたまらないので

明日が11月だったらいいのになと思いますが、

稽古に励む皆様をみているとそんなことは言えません。

書きましたけど。

 

詳しくはこちらのHPからどうぞ!

http://bakushin7.wp.xdomain.jp/

 

ここからは稽古の感想をば。

なんといっても、すごく楽しそうなんですよ!!

愛媛県外から役者さんが多いこともあってか、

1回の稽古の密度が違う。

だからこそ、次々に出来ていって進んでいく。

役者陣も尊敬する方々ばかりで、

「楽しいんだろうなー!!いいなーーー!!!」

なんて心の中で叫んでおりました。

 

私もちょこっと代役で立ちました。

緊張したー(´・∀・`)!

うー、でも楽しかった!

 

あ、客演として【丸山・小川(真)・大木】が出演します。

 

それぞれが

それぞれに

爪あとを残そうとあがいております。

 

 

持ち味を生かして飛び出してくるので、

ご期待いただければと思います!!

 

公式HPにてチケット好評★予約受付中です!

そしてツイッターでは稽古の様子が

頻繁に更新されているので

要チェック&フォローです!!

 

 

*~公演情報~*

渋坂Q三郎劇作20周年記念公演

『爆心ツアー7』

脚本:渋坂Q三郎
演出:矢葺晋也
日時:2018年11月24日(土)13:00〜
          11月25日(日)13:00〜
(開場は、開演の1時間前)
■公演時間は、約7時間半の予定です。

(2度の途中休憩を含みます。休憩時間はそれぞれ、30分と1時間の予定です。)

 

場所:シネマルナティック
(松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F)
料金:前売り 3000円 / 当日 3500円
お問い合わせ先:090-8284-7863(代表 忽那)

HP http://bakushin7.wp.xdomain.jp
Twitter @7_bakushin
Facebook https://m.facebook.com/7bakushin/

製作:爆心ツーリズム

 

以上、現場へ潜入した東條がお送り致しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林幸恵ちゃんがべらぼうにかわいい。ただのファンです。

(想像以上に自分が気持ち悪くてひいてる)

 

趣味の話2018/09/26

皆さんこんにちは、初めまして!

今月入団した新人の坂東です^^よろしくお願いしま~す!

 

先日、広島イオンモールに期間限定でオープンしていたお化け屋敷

「耳鳴JIMEI」に入ってきました!

最近個人的に「お化け屋敷ブーム」がきており、

広島までバスで約4時間ゆられてきました(ホラー映画も大好きです)

 

このお化け屋敷は、広島のお化け屋敷をプロデュースされている会社、

エス・プランニングさんが「お化け屋敷で街を元気に」をコンセプトに主催されたものなんです(就職したい、、)

 

素敵なコンセプトですよね(^^)

 

主人公が耳鳴により、暮らしなれている場所から違う世界へ移っていく、、というストーリーでした。。

 

なんとこのお化け屋敷、「心霊系ミッション型ウォークスルータイプ」で

ミッションを遂行しなければ外に出ることはできません!(キャー)

 

ちなみに、会社の方が実際に体験した不思議体験も盛り込まれているそうです

 

さっそく友人と二人で中へ、、、

 

開催期間がもう過ぎているから少しだけネタバレ、、、してもいいかな?

 

実は、このお化け屋敷

二周することになってるんです!!(まじかっ!)

出口かなぁと思ったところで、スタッフさんに「はい、もう一周です」言われます

一周目と二周目では、少し内観が変化します、、、(そして待ち受ける狂気)

最後の最後まで気が抜けないお化け屋敷でした💦

 

↑無事生還後

ちなみにミッションは「鍵を探して南京錠を開ける」です(怖っ!

いやぁ~、たのしかったなぁ(^^♪

 

お化け屋敷の雰囲気だとか、お化け役者さんの演技だとか(個性的なうごき)

とても勉強(?)になりました!(私もいつかお化け役者したい!!)

この趣味を演劇の勉強素材として活用していこうと思ってます♪

 

では、またお会いしましょう✋

食べ物の話はしません2018/09/22

こんにちは、東條です。

 

 

今年のカブフェスはお客さんとして参加しました!

 

 

たっっっくさんお芝居をみて、でももっと見たかったのに疲れて休憩しちゃったり。

見たいところ全部見きれなかったよー(´・∀・`)

 

 

でもそんな中で、違った視点からも『こういう役者になりたい』っていうビジョンが、また一つ出来ました。

ちゃんと明確な目標にしていきたいなぁ。

 

 

当日はお客さんとしていましたが、実はある作品に関わっていまして……

 

 

平塚先生の戯曲講座の成果発表にて藤井みな さん(株式劇団マエカブ)の作品『ひも』で、パッドの声をやっておりました!

昨年の演劇大学の時にとっても心惹かれた作品で、まさかこのような形で関わらせてもらえるとは思っていなかったので、お話をいただいたときはとても嬉しかったです!

 

 

1日目に聞いた時に自分で納得できないところがあって、ワガママをいって録り直しをしてもらいました。。。

平塚先生、無理を聞いてくださって本当にありがとうございました!

 

 

自分の声だという先入観をもって見て欲しくなかったので、今言いました…各々のパッドの中の人を想像いただけていましたら幸いです(*´꒳`*)

作品としてもとっても楽しみました!

 

 

カブフェス、やっぱり楽しいです!

それが君でおそらく僕で2018/09/21

皆さまこんにちは、森田です。

 

うーん、いつ頃からでしょう。

これでも昔はブログやSNSでほぼ毎日何らかの駄文を連ねていたんですが。

近頃は専ら画面を前にしても言葉が出てこない。

おそらくは環境の変化ですね。

 

変化といえば。

シーズンも終盤に入っているプロ野球。

後藤、加賀、杉内、あとNPBじゃないけど村田。

いわゆる「松坂世代」の選手が相次いで引退発表。

ほぼ同世代なんですよねー。

(ウチは県予選で1つ2つ勝つのに必死なチームでしたけど)

 

30代半ば。

 

誰だっけな。このくらいの世代を

「何かを始めるのには遅すぎて、何かを終えるには早すぎる」

って表現してる言葉がありましたが

もう最近これが刺さる場面の多い事。

 

…止めよ、これ以上書いたら愚痴になる。

 

誰か飲みに行きましょう(笑)

 

 

そんな話は置いといて告知ですはい。

最近の劇団はというと

基礎稽古を続けながら客演の公演であったり

各々のライフワークに勤しんだりという日々でございます。

既にトップページや他のメンバーもブログで書いていますが

直近の2公演がこちら。

 

 

 

 

あ、もう1枚だけ写真を。

自分はと言うと

 

 

最近こんな方とお会いしてきました。

 

 

さて明日からは3連休。

最近天気もビシッと晴れる日が無いですから

そろそろ何も考えずに遊べる日が欲しいですねー。

 

そんじゃまた。

カブフェス終了!2018/09/20

こんばんはーですやんです!

 

先々週末、9月8日と9日!

皆さんご存知のカブフェスがありました!

私は、丸山さん作、オイスターズの平塚さん演出の『何もかけてない』に出演しました。

 

 

怒涛の3週間位でした。吃音ヒーローの徳島公演が終わってお盆めいいっぱい仕事したら、『何もかけてない』の稽古が始まりました。

 

初めての会話劇、初めての主人公、初めての3人劇。

そして、初めての平塚さんの演出。

 

思ってたより、平塚さんは優しかったんですが、、

いかんせん、平塚さんが求めてるものを自分の力不足で出せないという、壁に何度もぶち当たりました。

 

最終的に、私の所謂ツッコミの役は、センスやと。

 

センスって何??

と思いながらも、何とか食らいついていきました。

 

 

 

結果。。

正直なところ、色々できたりできなかったりでした。

 

 

悔しい気持ちでいっぱいです。

 

でも、一番今回駄目だったなと思ったのは、自分の中に沈みこんで、『一人で芝居をやってしまってた』事なんではないかなと思います。

 

できない、難しいって事にとらわれて、周りが見れてなかったなと。。

 

それが、すごくよく分かった2日間でした。

 

はい、絶賛闇期です。いや、もう2週間位たったんで、直りました。はい。

 

兎も角!今回、平塚さんに教えていただいたこと、すぐは無理でも一つずつ、自分のものにしていきたいと思います。

 

丸山さんが仰ってたセンスは知識だという言葉を胸に。

 

 

あと、いつも本公演とかでは、制作もさせていただいてて、制作兼役者という忙しい感じだったんですが、

 

今回は、制作の仕事がなく、物販の責任者もやっちがしてくれたので、いつも以上に役者に専念できました。

 

やっち急遽だったのに物販ありがとう!

 

 

それでは!

これはヤバい2018/09/18

、、、これはヤバい事になってきました!

どうも、最近「ヤバい」の多用により、著しい語彙力の低下が見られる大木です。

 

 

ヤバいのです。

何がヤバいのかと言うと、、、

 

僕は大学から演劇始めたので、今年でもう21年になるのですが、

、、、21年!長っ!!

字にして見るとヤバいですねぇ。そして21年やっててこんなもんかお前は、と。

自虐してみましたが、正直そうは思ってませんねえ。
まあ頑張っとるな、と(笑)

 

まあ、その約20年前位の話ですが、よく大阪・神戸辺りにプロのお芝居を観に行ってたりしたんですね。その当時の演劇部の先輩達に連れられたりして。

惑星ピスタチオ。NODAMAP。演劇集団キャラメルボックス。遊気舎。ランニングシアターダッシュ。ファントマ。世界一団。TEAM発砲・B・ZIN。とか、三谷幸喜さんの「笑いの大学」とか、数え上げたらキリがない位。

 

また、リリパットアーミー(現・リリパットアーミーⅡ)という劇団がございまして。

土曜日の深夜でしたかね。テレビ着けてたらお芝居が始まって。
リリパットアーミー「ベイビーさん」。

 

 

、、、面白かった。

 

世界観も好きだし、中島らもさんが台本無視して歌い出した後、共演の役者さんがキャラを壊さず「今までの稽古はなんだったのだ!」って激昂するという(笑)めちゃめちゃ笑いました。

 

その中で演出・出演もされていた、わかぎゑふさん。

 

 

わかぎさんは他にもプロデュース公演などで作・演出もされてて、これまたテレビで「お正月」や「お祝い」といったお芝居が流れてて。とても面白くて。良い話で。

縁あって、「お祝い」という作品はテアータさんに客演で出させていただいたりしてまして。

 

その、わかぎゑふさんの書く作品。しかもリリパットアーミーⅡの皆さんと同じ舞台に立つ事になるとは。
※詳しくは当HP「曾根崎情交」を☆

 

ヤッッッッッッッべえぞ!!!(高音域)

 

こんな事があるんですね!
しかも舞台でこれまたよく観ていたコング桑田さんもいるし!

 

 

、、、いや、人生ってわからないものですね。

とかく!!このような機会はそうそうあるものではないので、自身にあてがわれた役(想像はるかに越える出演シーン及び台詞量。シンプルにこれもヤバい)をちゃんとやれるよう、精進して参ります!

 

うおおおお!燃えてきました!!

 

共演の丸山くん。
浄瑠璃初挑戦の清水さん。てこげさん。さこっちさん改めえみこさん(さこっち呼び撲滅キャンペーン中とのこと)。宮井ちゃん。
やることそれぞれ違いますが、まんまるのアナザーフェイス、こんな事もやれるんやで!ってのを見せていけたらと思います!

 

観にきてね☆

 

Related Post

長き夢路を曾根崎の、森の雫と散りにけり2018/09/17

こんばんは、佐光です。
 
9月の頭、玉藻公園は飛雲閣で開催された「カブフェス」行ってきました。
全団体さんを観劇することはどうしても叶いませんでしたが、
楽団まんまるのみんなや「なにもかけてない」メンバーの勇姿は
しっかりと、しっかりと心に焼き付けてきましたよ。
 
ね。
 

あとね、ハンドドリップのコーヒー最高に美味しかった……
 
というわけで、今の劇団まんまるはふんわりした感じです。
次の舞台がある人はそれに向け、
ない人は基礎稽古、というような状態です。
 
私はといえば、役者として舞台に立つ予定はありませんが、
前回のブログでもちらっと触れたように
10月7日の舞台『曽根崎。情交』に向けて稽古に励んでいます!
 
……舞台には立ちます。
役者としてではなく、
浄瑠璃人形遣いとして!
 
この『曽根崎。情交』という舞台、
芝居と阿波人形浄瑠璃のコラボレーションという舞台なんです。

…おわかりですね?
この贅沢な出演者さんたち!!どういうこと!!
 
劇団まんまるからは代表の丸山さんや副代表の大木さんが役者として出演。
そして、阿波人形浄瑠璃の方では清水さんや高下さん、宮井ちゃん、そして私が
劇団まんまるから参加させていただく、というわけです。
 
徳島出身の方には馴染みの深いであろう「阿波人形浄瑠璃」……。
私は愛媛県出身ということもあり、まったくもって馴染みがありませんでした。
だからこそ簡単に「やりたーい!」と手を挙げたというのもあります。
 
無知って強いね!
 
そんなわけで、今回はじめて人形浄瑠璃について知ったことがたくさんあります。
 
人形浄瑠璃って、どんなんだろー。
操り人形みたいに上から吊るしたり、
パペットみたいに直接手を入れて動かす感じ?
…って思ってて。
そこからもう、全然知らなかった。
 
簡単に言うと、浄瑠璃っていう音楽(義太夫節)に合わせて人形を操るものを
総じて「人形浄瑠璃」って言います。
文楽ってきくのもそれです。
 
一つの人形は、3人で操ります。
 
主遣い(おもづかい):人形の頭と、右手を「差し金」で操ります。
左遣い(ひだりづかい):人形の左手を「差し金」で操ります。
足遣い(あしづかい):両手を使って人形の足を操ります。
 
今回は「曽根崎心中」という作品を演じるんですが、
その登場人物は「徳兵衛」と「お初」の2人。
そのため、人形遣いだけでも6人が必要になります。
 
一人の人形にたいし、人形遣い3人の息があうことではじめて
「ひとりの人間」が人形で表現されるわけです。
主遣いさんが司令塔のような感じで、一番たいへんです。
人形はとにかく重いうえに、表情を作ったり、動きの主体になるため
こちらは現役の人形座の先生方がご担当くださいます。
 
ちなみに私は、お初の足遣いを担当します!

 
浄瑠璃(音楽)に合わせて動きをつけるのですが、
これがとっても難しくって、苦戦しています。
観ると演るとじゃ大違い。お芝居も、そうですけどね。
ただ「座る」を表現するのがこんなに難しいなんて。
 
芝居パートについてはまた他の人が触れることでしょう。たぶん。
この「曽根崎心中」についてもお芝居中で言及されるはず。
 
こんなめったにない舞台に参加できること、とっても嬉しいです。
めったにない贅沢な舞台です。
ぜひぜひご予約の上観に来てくださいね★
予約はこちら→あわぎんホール 徳島県郷土文化会館
 
*おまけ*
いつも稽古でお世話になってる徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
阿波人形浄瑠璃に興味を持たれた方は、見てみてくださいね★
 

Related Post

アイドルはするものではなく、なっていくものなのかもしれないですね2018/09/14

まんまるブルーの小春日和

あっち、こっち、やっちです。

よいしょー。

 

 

劇団まんまる入団から約ひと月で、

PR大使としてアイドル活動を始めましたやっちです。

わーい。

 

 

この間はアイドルとして2度目のステージでした。

演劇フェスティバルのカブフェスで歌って踊らせていただきました。

ありがとうございました!

めっちゃ楽しかったー!

 

 

ところで先程から、

「アイドル活動を始めた」

「アイドルとして」

なんて当たり前のように言っているんですが、

アイドルってなんなのでしょう。

 

 

わたしの今までのアイドルのイメージは

橋本環奈のように可愛くて、

宮本佳林のように歌もダンスも上手で、

園田あいかのように明るい子。

 

 

 

 

 

 

 

でもWikipediaで調べると、アイドルとは、

「偶像」「崇拝される人や物」

「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」

を意味する英語(idol)に由来し、

文化に応じて様々に定義される語、とのこと。

 

 

あれ?

思ったより定義が曖昧でした。

 

 

たぶん、

たぶんですが、それぞれの思う

アイドル像ってバラバラなんでしょうね。

偶像ですから。

何を崇拝するかなんて人それぞれですから。

 

 

その定義で考えてみると、

「こういう人がアイドルだ」なんて決まりはなくて、

普通の女の子でも応援してくれる人がいるならば

その子はきっとアイドルなんです。

応援してくれるお客さんが

わたしたちをアイドルにしてくれているんです。

 

 

アイドルは始めるものじゃなくて

いつの間にかなっているものではないでしょうか。

 

 

これからどんどんライブやイベントで「村上弥生」を知ってもらって

わたしらしいアイドルになりたいな。

いつか誰かの一番のアイドルになって

楽団のライブや劇団の公演が、その人の日常の楽しみになったらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

僕らは夢を見てるんじゃない、見られてるんだ。2018/09/06

皆様、こんにちは。
そして、おはようございます。

 

劇団まんまるの小川です。
いや、まんまる劇団の小川、
もしくは小川劇団のまんまるといっても
過言ではありません。あります。悪しからず。

 

 

 

今回は少し趣向を変えて

『僕が見た嫌な夢 ベスト3』

を発表したいと思います。

 

 

 

もしかしたら発表しなくても
良いかもしれませんが、発表致します。

 

 

まず、僕が見た嫌な夢ベスト3は
以下の通りです。

 

 

 

では、第一位から!!

 

 

 

 

いや、普通は第三位からやけど、
ここは趣向を変えて

第一位からいきます!

 

 

嫌な夢って言ってるのに
ベストっておかしいかもやけど、
第一位の発表です!!

 

 

 

 

デロデロデロ。

 

 

 

デロデロデロ。

 

 

 

デロデロデロ。

 

 

(※ドラムロールです。)

 

 

 

デロ。

 

 

 

デロデロ。

 

 

 

デロデロデロ。

 

 

 

デロベロ。

 

 

 

デロベロデロ。

 

 

デロベロ。

 

 

ベロベロベロ。

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

デデン!!

 

 

 

 

だ、第一位!!!

 

 

 

 

 

でっかい熊が
ライフル銃持って、追いかけてくる夢。

 

 

 

 

でした!!

 

 

 

 

 

つ、続きまして。

 

第二位!!

 

 

 

 

全く、覚えてません!!

 

 

 

 

そして、

第三位は・・・!!!

 

 

 

 

覚えてません!!全く!!

 

 

 

 

でした!!!

 

 

 

すみません。

僕、目が覚めたら
見ていた夢を完全に忘れる系なんで。
というか、夢自体あんまり見ないんでね。

 

 

自分でも
どうして“ベスト3”なんかにしたのか、
どうして“一番嫌な夢”とかにしなかったのか
そんなことを考えてしまいます。

 

 

さて、第一位ですが。

 

 

そもそも
熊が追いかけてくるだけでも嫌やのに。

 

嫌というか危機一髪やのに。

 

しかもでっかいやつです。
ヒグマ的なやつです。
的なというか、もうヒグマです。
でっかいでっかいヒグマです。

 

ヒグマの時点で十分でかいのに
そのでっかい版ってことです。

 

蹄(ひづめ)がごっついんでね。
ガサーッていかれたら
完全に腸(はらわた)が

こんにちはしますよ。はらわたが。
こんにちはします。こんちはーって。

 

そいつがですよ。
ただでさえ危機一髪やのに。こっちは。
持ってますからね。
ライフル銃を。

 

 

いやいや。

 

あかんやろって。

 

 

鬼に金棒っていうか、
泣きっ面に蜂っていうか、
自然界の猛威に文明の力っていうか、

どうやってライフル持ってるんやっていうか、
ライフルなんかいる?って感じなんですけど。

 

 

夢なんでね。
僕もまあまあめっちゃ逃げるわけです。
熊もめっちゃ追いかけてくるけど。
たまにライフルぶっ放してくるし。

 

いやいや。
こんなんチートやんって。
チートスやんって。

 

遠距離戦にも強いし、
近距離にも激強じゃないですか。

 

遠距離戦が不利やからって
近づいて行ったら
蹄でガサーッですからね。
ガッサーッですから。

ほんで倒れ込んだら
強靭な顎でバリバリーッて。

 

いやいや。チートやんって。
こんなん完全にチートやん。
チートスやんって。

 

こんな奴どうやって倒すんやって。
考えるわけです。

 

まあ、何といっても夢なんでね。
僕もこんな奴に追いかけられてる
けど、まあまあ逃げれてるんでね。

 

お、これはもしかするぞと。

 

もしかすると一矢報いること
出来るかもしれんぞと。

 

 

考えるわけです。

 

 

考えに考えるわけです。

 

 

 

そこで、何か閃いた瞬間。

 

 

 

その刹那。

 

 

 

 

 

目が覚めるわけです。

 

 

おはよーって。
コケコッコーって。
チュンチュン、ピイピイって。

 

いやもう、朝かよって。
おいおい、朝なんかよってね。
学校でも行くかって。

 

 

まあ、そんな感じです。
これで、僕の夢の話は終わりです。

 

あ、いや。

僕の夢はまだ終わってないですけど。

 

 

終わるどころか

まだ見ることすら叶ってないですけど
必ずこの夢は実現出来ればと思います。

 

 

 

世界平和。

 

 

 

 

これはもう

全世界の人々の夢かも知れません。

 

 

この夢が実現するように。

 

 

少しでも周りの人々の心を
平和にしていけたら・・
なーんて、思います。思ってます。

 

 

それでは皆様、ごきげんよう。
小川でした。お疲れ様でした。

19 / 42« Top...10...181920...3040...Last »

2015 劇団まんまる All right reserve.