劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『鯖の頭』参加者紹介vol.12 ~林・およし編~2019/03/21

大木です!

 

先日のお約束通り今回は女性のみのご紹介です!

しかも4人!!

各々、銀行員 林・うどん屋 およしと2役を演じてもらっております!

 

 

林の出演順でいきましょう☆

 

先ずは、

チーム鯖味噌(30・15時)・林役(およしは塩鯖30・19時)

劇団まんまる・やっちこと村上弥生!!

 

 

お次は、

チーム塩鯖(19時)・林役(およしも塩鯖31・13時)

四国大学演劇クラブ・田中凛佳!!

 

 

 

そのまたお次は、

チーム塩鯖(31・13時)・林役(およしは鯖味噌31・16時)

劇団テアータ‘80・増岡香織!!

 

 

 

 

最後は、

チーム鯖味噌(31・16時)・林役(およしも鯖味噌・30・15時)

フリー・森野瑛梨!!

 

 

 

華やかですねー!

こちらの4名でそれぞれ2役演じていきます!

 

 

 

それではやっちのご紹介!

彼女は主に役者をやっておりますが、時には戯曲執筆、時には演出、

時にはイラストレーター、そしてアイドルと、複数のわらじを履いているマルチに活躍している女性です!

 

いろいろ迷いながら(笑)

 

・・・って大木に書かれたらプレッシャーに感じるような奴ですが、やってることに自信持っていかなあかんけん、

マルチ商法女優として頑張っていきなされー

 

※吃音ヒーロー 稽古時

 

商法ではないですが。

 

おっさんから見たら何か一つに絞る方が無駄なくていいんやないかなーって思ったりしますが、

ピストルさんも俺も含め誰のいう事も聞くなよとおっしゃってますし、やりたいこと何でもやっていきなさいな!

たのしんでね!

 

 

 

今度は田中さん!

 

彼女も大学に入って演劇を始めたくちですが、大学の学園祭公演では本当に初心者?

と思わせる勢いで演出をやられておりました!

・・・いやびっくりしました。

 

なんだろう、最近の若い子はイメージを具現化する力が僕なんかが若い時より比較的高い?強い気がしますね。

行動力もあったりしますし―――

 

※そつぎょう 公演時

 

ヤバい、おっさんが何か語りだしたんで止めておきます。

彼女は今回参加している四大生のなかでも「こう」と決めた時の意思表示が特に強い気がしますね。

 

そういう若い力は時に徹底力。時に融通の利かなさだったりを生んだり、様々な流れを作っていきますが、

願わくば、楽しくお芝居、やっていってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

・・・真剣におっさん臭がしてきたので歳が近い方を(失礼)。

増岡さんとはもう10年前後、大木はいろんな形でお芝居にかかわっておりまして。

 

最近ではうちの会社のドラマに2度ほど出ていただいております。

いつもいつも本当にありがとうございます!!

※四月になれば彼女は 稽古時

 

容貌によく合った優しい女性役を演じられることが多く、観客だけでなく

参加者にも温かい空気感をいつも提供してくれています。(これはみんな同感ですよね☆)

 

・・・

 

・・・そんな増岡さんですが、

今回の、およし役、

えらいことになっております。

 

みなまでは言いませんが、大木はクリーチャーという呼称をつけております。

 

・・・こうご期待(ニヤリ)

 

 

 

 

そして森野さん!

 

彼女は以前、都市伝説級の存在があやふやな劇団orangecycleの作品(野田秀樹作・「赤鬼」)に出ていただいたことがございまして、

それからもしょっちゅう声をかけさせてもらっていましたが中々都合が合わず、

今回久々に一緒にお芝居が出来ることと相成りました☆

※今作・鯖の頭 稽古時  (「赤鬼」の写真出てこなくて。スマホ以前・以後を考えさせられますねー)

 

ドラマの方にも出ていただいたことがあり、「これが欲しい」って役をシュッとやっていただける

かゆいところに手が届くタイプの役者さんです。

よくわからないですね。大木のニュアンスではしっかりくる呼び名です。すいません。

 

 

ちなみに森野さんのおよしもヤバいのですが・・・

 

いやいや、やっちも田中さんのも

それぞれ個性を際立たせた役になっております!

 

およしだけでなく林も!

 

嫌味タイプ・ドSタイプ(ちなみに大木はドS・ドMって言い方嫌いです)・ぶりっ子タイプにラブラブタイプ(なんやそれ)

 

 

・・・全部見るには4公演観るしかない!!!

 

 

・・・いやさすがにそこまではと思いますが、

せめて一日で塩・味噌両方の鯖を味わいやすい通し券なるものがございます。

 

鯖の頭

 

↑にて、ぜひぜひお求めくださいませ!!!

 

さて、次回は役者編はいよいよラスト!

文字通り物語のカギを握る存在!(そうか?)

金庫屋役の二人を紹介させていただきます!

よろしくです☆

2015 劇団まんまる All right reserve.