劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『鯖の頭』参加者紹介vol.10 ~小川編~2019/03/18

 

大木です!

 

用言実行に定評のある大木、連続ブログアップやらせていただきますよ!

・・・すいません、いつもできてなくて。

 

しかし今回は本当にアップしますよ☆

店員役では最後ですね。新人店員小川役の紹介ですー!

 

 

まずは!

チーム鯖味噌・小川役

劇団まんまる・はなぶんこと英佑有紀!!

 

 

チーム塩鯖・小川役

こちらも劇団まんまる・シンセイ君こと北條真晟!!

 

 

 

 

それでははなぶんから!

独特の空気感が持ち味の、彼の独自の世界観に見るものを引き込んでいくスタイルは今回も健在。

・・・オーソドックスが苦手なところも(笑)

 

今回はコメディなので、小気味よいテンポ感を役者に求めているのですが

彼はその辺りがどうも苦手で四苦八苦しておりました。

しかし彼は「自分が出来ない」ことに関して「目を背けない」勇気を持つものであるので、

少しづつですが着実に、出来ることを模索し、身に着けていっております。

 

※四月になれば彼女は 公演時

 

オーソドックスを身に着け、お客さんを安心させた所に彼の「間」の世界に引きずり込めたら

勝ち!

ですね。勝てるよう残りの期間がんばってきましょう!

※なにもかけてない 上演後

 

 

 

 

 

お次はシンセイ君(脳内変換カタカナ)

 

今回の小川という役は新人の、仕事が出来ない役でありまして

彼の「イケボ」がその役と乖離しているところが難点でした。

※その辺ははなぶんも一緒でしたねー。

ラジオで鍛え上げられた巧妙なテンポの台詞まわしも新人の「それ」とは違っており

あえて「下手に」しゃべることに戸惑っておりました。

※吃音ヒーロー 公演時

 

 

最近ではその辺のバランスが取れるようになってきており、

公演時には「しょぼい新人・小川」を演じきれることを約束します。

いや、なんで俺が約束せなあかんのや?

シンセイ君、約束するそうです。

可愛い見学者が来たら必要な集中力が欠け違う集中力が発揮されるシンセイ君。

 

期待しとるよ☆

 

※楽ガキ帖 公演時  ※※余談ですが21(木)・(祝)の楽一楽座さんの公演にも彼は出演します。詳細はググってどうぞ。

 

 

実ははなぶんとシンセイ君は大学の先輩後輩でして、

そんな二人を二人一役という形でやっていってもらっております。

 

彼らに関わらずなのですが、今回こういうスタイルにしているのは

「ライバル関係」に似たような関係性を作り出すことも狙っております。

人間だもの。自然とそうなってくるものですよね。

 

この二人は最近の若者特有の闘志があんまり見えて来ない感じなのですが、

おっさんには気づけない何かがあるのかもしれませんね。

・・・ないならないでこのブログで煽ってやれと思ってもおります☆

 

まあ、頑張りなはれや!!

 

 

 

はい!次回はなんと3役紹介といきます!

こうご期待!

 

 

2015 劇団まんまる All right reserve.