劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『鯖の頭』vol.9参加者紹介 ~木下編~2019/03/18

大木です!

 

 

週末の稽古に次ぐ稽古やらその中で県をまたいでの観劇ツアーなどなどで時間が無くブログアップ出来ませんでしたー!

「言い訳すんな!」といったところですが、本当に時間がありませんでしたのです、、、

ということで、連撃アップしていきます!うおおおおお!!

 

今回は腹ペコお調子者店員の木下役を紹介!

 

 

 

まずは!

チーム鯖味噌・木下役

劇団まんまる・暑来島(代表命名)こと来島正悟!!

※このドヤ顔。なかなかの暑苦しさです。

 

 

 

 

チーム塩鯖・木下役

こちらも劇団まんまる・鵜戸昌実!!

※一人鍋ではございません。

 

 

 

 

 

ほんでは来島君の紹介を!

「話が長い」ことで悪名高い大木を凌ぐとも言われる来島君。

東京でお芝居の勉強をしてきただけあって持っているものはかなりいい!

・・・んが、使い方を知らない様子で、今回の稽古中ダメにつぐダメをあたえまくりくさりまわりました。

愛情あふれるダメを結構ボロクソに伝えたのですが、彼は真摯に受けまくりくさりまわり

着実にその実力を発揮していきまくりくさりまわっています(もういい)

 

※爆心ツアー7 上演後の来島スマイル

 

 

瞬発力に関しては断内ピカイチですが、どうも一人で芝居しがちな彼でしたが

「受け」の演技に開眼しつつあり、めきめきその実力を発揮しつつあります。

ぜんぜんおもんないネタを持ってくることがタマにキズですが、

彼は今日も元気です。

 

※爆心ツアー7 稽古時 彼はオフショットの方がとてもいい顔をしています。

 

 

 

 

ほんでお次はうど君!(脳内ひらがな変換)

 

彼も昨年のネットワーク公演時から演出でよくかかわり続けておりますが、

伸び悩み組(大木の中での)の一員です。

しかし、一公演一公演着実に力をつけていっているのを大木は知っております。

 

※四月になれば彼女は 稽古時

 

 

ほのぼのしてる外観とは裏腹にとても熱いモノを秘めている男なのです。

・・・出し方を知らない(というか苦手)なのがたまにキズですが。

追い詰められると殻を破り良いものが出てくる「いやできるなら最初からやれよ」タイプの役者ですが、

本当に一公演一公演、脱皮スピードが上がってきています。

今後の彼も注目していきたいと思っております。

 

※吃音ヒーロー 公演時

 

実は今回の「木下」役は縁の下の力持ち的な役で、大木は難度の高い役として受け止めておりまして。

 

そんで、正直来島・鵜戸両名には荷が重いかもと思っていたところが正直なところでありました。

 

・・・ありました、です。本番では力を発揮できるものと信じております。

 

 

別に「腹ペコ」役というヴィジュアルイメージで決めたわけではないのです。

※それでも鵜戸君のBODYには説得力があまりにありますが。

 

 

 

信じとるけんな。

残りの日数がんばってこう!

 

 

ブログ書き出す前、おっさんの写真ばかり集めてテンション低めでしたが、

なかなかの長さになってしまいました。なんでや。

 

 

 

ほい!

次回は新人のぼんさん店員・小川役です!ご期待を!!

 

2015 劇団まんまる All right reserve.