劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 森田貴

生出演させていただきます!2019/02/27

こんにちは、森田です。

 

今日はまずお知らせです!大事!

 

明日2月28日!

NHK徳島さんの『とく6徳島』という番組に

メンバーが出させていただきます!

http://www4.nhk.or.jp/P2799/

番組内の1コーナーで稽古場の様子を生中継で取り上げていただきます!

放送は18時10分から!

徳島県内の方ぜひご覧くださいねー!

 

よしっ!お知らせでした!

 

 

話変わります。

 

前にも似たような事を書きましたが

割と何でもやってみようという気質なんですね。

芝居始めたきっかけもそんな感じで。

結果、まあまあ多趣味になりました。

 

最近ここのブログで自分が書いた内容を見返してみると

プロレス、ゲーム、DIY、麻雀、旅行。

ここは何のページですかと叱られそうですが

今日も懲りずにそんな話だぞオイッ!

私フットサルもやっとります。

1、2ヶ月に1回程度ですがなんだかんだで4年くらい、ぼちぼち続いてます。

まあサッカー経験者に敵う訳もなくコテンパンなんですけどね。

 

一緒にグローブが写ってますが

サッカーのゴールキーパーにあたる「ゴレイロ」ってポジションにはまってます。

初めて試合したときにやったのがこのポジションで

華麗に股抜きシュートを喰らってとんでもなく悔しかったのがきっかけです。

あとはまあ、元々野球あがりなので

スピードボールに割と強かったのが向いていると言われたので。

 

本当ね、何でもやっておくもんだと思います。

趣味だと言われればそれまでですが、結構回り回っていろんな場面に繋がります。

仕事とか普段の生活とか、もちろん芝居にも。

あとはまあ、シンプルに自分のいろんな幅を広げるのは面白いですし。

 

そしてもちろん、芝居もです!

皆さまに観に来て頂いて

公演を通して何かが繋がるきっかけになれればと。

ぜひお越しくださいねー!

鯖の頭

公演まで…あと31日!ちょうど1ヶ月!

 

あざしたっ!

近況。2019/02/26

どうも、丸山です。

 

ブログを書くのが随分間隔空いてしまいました。。。

 

なので、近況を。

観音寺のリールさんで、今月の16日に

『往来~綺堂・ホームズ・師走・新年。~』を上演しました。

僕は、前月・前々月の公演同様に先生役で出演しました。

宮井ちゃんも、同じくお亀役で出演。

んで、ですやんが今回林田役で参戦しました。

大正、江戸といった時代を行き来、往来しながら

岡本綺堂とシャーロック・ホームズの世界を感じるこの舞台。

何だかんだで3公演目になりました。

完全に前の二人が主役とヒロインですが、違います。

 

 

毎回、林田くんの役者が変わるという新鮮味があり

演出の玉井さんからは入れ替わった役者に応じて、芝居を変えていくよう指導頂きました。

実際、僕が演じた先生という役はそんなに動きのある役では無いのですが

それでも、相対する相手の年齢やキャラクター、関係性によって

微妙に意識するところを変えてリアクトしていけたと思います。

期間としては実はワンシーズン程度の座組だったのですが

なんせ公演数があったので、妙にチーム感が出来たなあって感じました。

そして、本番を経て、毎回ゲスト的に加わる新しい林田君と一緒に稽古を繰り返しながら

ジャズのセッションってこんな感じなのかなあと。

この企画の第2弾があるのか無いのかまだわからないけど

きっとマエカブさんの福家君が企画してくれると思うので

それを期待してまた自分の劇団で芝居をします。

 

 

 

 

 

で、次に3月末に上演予定の「鯖の頭」です。

こちらもガンガン稽古を進めています。

 

舞台は昭和か大正か、何せ今より昔の大阪船場の前売屋「糸喜」が舞台です。

僕はそこのどケチな社長、「一太郎」を演じます。

主役です。やったね。でも、ダブルキャストです。

んで、家内が一太郎の奥さん「しず子」を演じます。

夫婦で夫婦役をします。

家に帰ってもひたすら稽古しろという演出大木の深い演劇愛を感じるキャスティングです。

確かにちょいちょい家でも稽古してます。

「しず子」役もダブルキャスト、というか全体的にダブルキャストです。

さば味噌チームと塩サバチームに分かれてます。

 

昔、「パンドラの鐘」という舞台を蜷川幸雄と著者の野田秀樹が同時に演出するという

企画があったと思うんですが今回は演出は大木さんだけです。

夫婦で夫婦役をするんでいい夫婦感が出るはずです。

なので、観に来てほしいです。

 

こちら稽古中の写真。

 

 

時折、さおりんスクールが開校されます。

アットホームな稽古場です。

 

 

きっと、何も伝わっていない鯖の頭ですが

真面目に稽古してますのでまたそういった写真もご覧頂きますね。

是非、ご来場ください♪

 

公演情報はこちら♪

 

 

 

追伸

新年会したよ!!

 

Related Post

見よ、北條は、赤く燃えている!2019/02/24

こんばんは、北條です。

僕はこの記事を約1週間前に書いております。

僕は今徳島にはいません。

京都にいるのです!

 

前回出させて頂いた「楽一楽座」の音響として、

全国学生演劇祭に出撃しております。

 

という訳であんま関係ないんですけど、昔の話をさせてください。

2009年2月22日、今から10年前です。

僕はこの日初めてピッチャーをやりました。

これはマウンドに上がる少し前、投球練習をしているところですね。

 

それまでは主にレフトとかサードとかをやっていました。

ですが1つ下の子が本当に粒ぞろいで、僕も練習量は誰にも負けないつもりだったのですが、

守っていてもファインプレーもできない、打ってもホームランは打てない「普通」な僕は

2009年になり、スタメンから外れることが多くなりました。

運動神経自体が元々良くなく、足が遅く肩もダントツで弱かったのでとにかくつらい毎日でした。

 

そんな僕に転機が訪れたのが2月。

基本的に肩が強い子にしかピッチャーをさせてもらえなかったこのチームで、

一人のコーチが僕をピッチャーに推薦してくれたのです。

理由は「コントロールが良いから」と「フォームが綺麗だから」。

藤川球児投手に憧れていた僕はずっと家で親父に座ってもらって投球練習をしていました。

風呂上りにはタオルでシャドーピッチングを毎日していました。

投手に推薦された理由を聞いて、今まで頑張ってきて良かったと思うと同時に、

絶対、抑えてやろうと思いました。燃えてました。

 

そして2月22日、練習試合でついに登板の機会が来ました。

しかし相手は市内で一番強いチームだったのです。全国大会2年連続出場の強豪です。

僕は5回から登板しました。もう負けている状況での登板。

絶対俺も打たれるんやろうなぁ、とか思いながら初めてプレートに足を掛けました。

そして投げてみると・・・全然打たれないんですよね。

内野ゴロ、内野ゴロ、内野ゴロ。

1イニング目はたった6球で終わりました。

このチーム、速い球はめっちゃ練習してたけど遅い球が来るのは予想外だったそうで。

結果的に3回1安打無四球無失点の文句なしの内容でした。

 

実は2月22日、親父の誕生日なんです。

最高の誕生日プレゼントになりました。

その後も投手として活躍でき、選手としてのアイデンティティを確立できました。

間違いなく2009年の2月は僕にとっての転機の1カ月です。

 

あれからちょうど10年、ジャンルは違えどまだ僕は勝負の世界にいます。

10年前のように、もう一度輝きます。

そして、京都で得たものを持ち帰り、また強くなります。

見よ、北條は、赤く燃えている!

古き良き時をクラーシック2019/02/24

こんばんは、森田です。

 

CSでプロレスの名勝負列伝って番組やってたのでなんとなく視てましたが

改めて考えたら50年も前の試合でした。

BI砲対ザ・ファンクス。

 

「BI砲」ってのはジャイアント馬場、アントニオ猪木のタッグ。

プロレス知らん方でも分かる説明不要レベルの2人ですな。

 

スポーツでも演劇でも音楽でも

高い表現力ってのは時代が変わっても色褪せません。

今観てる私たちでも唸らされる説得力があります。

こういったアーカイブ作品ぜひ観てみてください。

結構面白いですよ。

 

 

ちなみに。

BI砲と対戦している外国人タッグ「ザ・ファンクス」。

実の兄弟タッグで兄貴がドリー・ファンク・ジュニア、弟がテリー・ファンク。

 

おや、まんまるで前回上演した『吃音ヒーロー』にもそんな兄弟がいたような…。

 

 

さて、そんな日本のプロレス創成期からさらに遡ること数十年。

昭和の初めが舞台のお話がこちらー。

鯖の頭

公演まであと34日!

 

あざしたっ!

脱・社会人2019/02/23

こんにちは

そろそろ社会人からの卒業を考えている

坂東です。

もう、いいか とおもいまして。しかし、

日本で暮らそうと思うと色々お金がかかるもんですね。

でも、今しかできないことに集中し

やっていくという決断をするために、

とりあえず全てをリセットしたくなりました。

頑張ります。

自分の無力さや弱さに気づいたのの最近です。

時々、行き場のない虚しさに押しつぶされそうに

なりますが、前を向いて歩いていこうと

思います。

では、また

インガオホー2019/02/23

どうもー団員の鵜戸です。

 

2月も終盤。まだまだ寒いですが、少しずつ日も長くなったりしてじわじわと春の訪れを感じ出す頃だと思いますが皆さんはいががお過ごしでしょうか?体調崩したりしてませんか?

 

 

 

私は今週思いっきり風邪をひきました。いくらかっぱの代わりになる上着だったとしても雨に濡れながら帰ったのがまずかったみたいです。油断大敵、自業自得、因果応報ってやつですかね。

 

 

 

んでもう一つ健康に関するホットな因果応報ネタがありまして……虫歯の跡が悪化したのです。10年以上前に治療した虫歯の詰め物が数年前には取れて歯に大きな穴が空いたままでした。

 

 

﹙痛くないし、そのままでいっかー﹚

 

 

なんて考えていたのですが、先週にその穴の奥が腫れて痛くなり約10年ぶりに歯医者に行くことになってしまいました。

 

 

 

腫れが収まるまで手が出せないとの事で、薬だけ出してもらい約一週間の放置プレイの末今日抜歯してもらいました!

歯医者……苦手な人も多いと思いますが、個人的には結構好きです……痛くなければ。

あの色んな器具や機械。メカとかマシンとかドリルとか大好きな自分からすると歯を弄くられながらもワクワクしてしまいます……痛くなければ。

 

 

 

で、今日は抜歯ということで痛くないなんて事はないということで恐怖とワクワクが半々位の気持ちで歯医者に向かったのですが、いざ処置が始まってみると思ったより痛くなかったんですよね。特に麻酔が。

 

 

 

個人的に歯医者の麻酔はやたらと痛いイメージしかなく、

 

「痛みを感じさせない為の麻酔が痛くてなんだかんだでその後の処置も結局痛い」

 

という何とも理不尽な感じがしてしょうがなかったのですが、数10年ぶりの抜歯﹙小学生以来かな?﹚で意外と痛くなくて拍子抜けしました。

 

むしろ歯の健康についてのダメ出しの方が痛かったです。……耳が。

 

 

 

 

とまあ、ようやくここ一週間近く悩まされていた虫歯の跡問題も一応の解決を迎えたというわけで、夜勤明けからそのままな事も手伝っていつもよりハイテンションな感じでブログを書いております。いえーい。

 

……なんて余裕でいられるのも麻酔がまだ効いてるからなんですけどね……w

 

それでは皆さんはこんなことにならないように健康に気をつけてお過ごしくださいませー

 

 


こんな私もチーム塩鯖で出演しております。よろしくどうぞー

鯖の頭

 

 

 

 

現実夫婦と舞台夫婦2019/02/21

ちょっとのろけ気味なので…

苦手な方はすみませんm(_ _)m

 

さおりんです。

 

今回の舞台での私の役は

ラブラブ新婚さんな感じ(´▽`)ノ

 

現実の私はラブラブ新婚期間なんてなかった

んですよね∑(OωO; )

新婚時はそれはそれは疲れる期間でした。

 

付き合ってるときから

うちの主人はメールをしても

普通に話しても敬語な人で

「~お願いします」

「分かりました」

みたいな業務連絡かっていうような

事ばっかりで

新婚ラブラブなんて事はまぁ…ないですよね

 

1番ビックリしたのは

結婚式の前撮りで私が背中を虫にかまれて

背中を見て欲しいとお願いしたとき

断られました…

恥ずかしくて見れないので

実家に帰ったときに母に見てもらってくださいと

 

∑(OωO; )??

 

私達夫婦は結婚式の半年前に籍を入れていたので

そのときには結婚してたんですけどね

見てもらえませんでした(^-^;)

 

そんなラブラブからはかけ離れた

新婚夫婦だったので

今回みたいな役どころは凄く新鮮です(^-^)

演じるのを考えると楽しいです(´▽`)ノ

 

もう結婚してけっこうたちましたが

下の名前で呼ばれることはありません。

旧姓の名字のニックネームのままです。

もう、今までそうなので

下の名前で呼ばれることは

ないでしょう(ゝω・)

 

ですが最近は

簡単弁当と言いながら仕事に行くときに

私にお弁当を持たせてくれて

劇団に通わせてくれて、

劇団に行くときには、

おにぎりとお茶を用意してくれたり

一息つくときに、一緒に飲み物用意してくれたり

 

主人はそんなに嬉しいことなのかって言いますが

うれしいに決まってるやろ~(≧w≦)

なんかちょっとしたら機嫌良いなぁってニコニコ

してくれる主人を見るとなんかますます

私までうれしくなっちゃう(〃'▽'〃)

 

でも、

新婚夫婦のラブラブとは違うなぁ…(o´∀`)b

 

結婚当初は気を遣って疲れてたけど

今はすっかり気遣いが減って

気楽になりました(´▽`)ノ

 

もちろん、喧嘩もいっぱいしますけどね…

 

そんな私が

ラブラブ新婚夫婦を演じますよ?!(≧◇≦)

ちゃんと演じられているのか

確認お願いします(´▽`)ノ

 

銭の花の色は清らかに白い2019/02/21

以前に悲喜交々だとブログに愚痴ったその日に軽い交通事故に遭ってしまったので

このブログもしやデスノートかしらと思い始めてます。

清水です。

良い事ばかり書く様にしよう。

 

 

先日の事ですが、劇団員のモリタと夫婦役のお仕事をしてきました!

 

今ブライダルの新演出として注目されている『メモリプレイ...

清水 宏香さんの投稿 2019年2月18日月曜日

 

かなり長い付き合いになるモリタは大学の演劇クラブの後輩です。

共演回数は他の劇団員に比べてダントツ多いです。

しかしほぼ20年後も一緒に芝居してるとは思わなかったなぁ。

短い稽古期間でしたが、若い子達を引っ張ってってくれて本当に助かりました。

 

劇団まんまるでは映画、ドラマ、その他演劇が必要な場面のお手伝いをお引き受けしています!

詳しくはお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

そう、夫婦役と言えば。

ネットワーク公演では夫婦で夫婦を演じます。

 

 

私の演じる妻しず子は、お前はスローモーションやと言われる程色んな動きや喋りがおっとり、のんびりしてるんですが、

この前の稽古で、夫の一太郎を演じる夫の丸山代表(ややこしい)が、演出のおーきさんに呼応がいい感じだと言われた時にこう言ってました、

 

『普段の宏香が出掛ける前に鍵が無いとかでよくモタモタしてるから』

 

しず子と私の共通点、全く気付いてなかったのですがどうやら似てる様です。

 

 

そんなしず子、実は劇の最後に壮大な告白をするんですが、その点も似てたらいいのになと思う次第です。

 

それが何かは…

 

 

 

どちゃくそネタバレなので言えません!

気になる方は観に来てね!

 

大阪船場を舞台にした昭和人情喜劇!

徳島演劇ネットワーク第6回公演

『鯖の頭』(作・花登筺)

3/30(土)15時〜/19時〜

3/31(日)13時〜/16時〜

徳島県文化の森県立21世紀館内イベントホール

一般前売1,500円/学生前売1,200円

※当日は300円増/未就学児無料

Related Post

春になって花をつけるまで2019/02/19

こんにちは、森田です。

 

私普段はごくごく普通のサラリーマンですが

仕事柄世の1ヶ月先を行くもんで今がまさに繁忙期。

年度末に向けて必要な諸々をせっせと拵えております。

これやってると毎年あっという間に2月が終わります。

 

つーことで春に向けて先日父ちゃんは自宅で雛人形を出しました。

いつもの飾り棚では1歳の末娘がわやくちゃにすること必至なので

今年はどうしたもんかと思案した末

使わなくなったベビーベッドの上という暴挙に。

動物園みたくなってますな。。。

ただえらいもんで、効果は絶大ですこれ。

人形たちにも何となく申し訳ないが今年はこれでいこう。。。

 

そんなこんなで春に向けてのご案内ー。

鯖の頭

公演まであと…39日!

 

あざしたっ!

 

長く短い祭2019/02/16

食べ物が美味しく、風は強いけど過ごしやすい気候で、
街の中心から少し車を走らせれば山や川などの自然があって、
一日の始まりの空気は新鮮で、

 

他に必要なもの、時々欲しくなるものといえば、
面白い人との繋がりと、
自分自身の楽しいこと、やり甲斐のあるものを見つけること。
娯楽は自分から足を運べばどこかにあるから。

 

こんにちは安藤です。

 

 

自分一人で、
一人一人が集まって、
部屋の中で、
皆のいる場所で、

 

さあ何をやろう?となった時、
実際に手を動かし始めた後、
どこまで深く掘れるのか。

 

見ている人は、
椅子に座って画面の前から、

 

お客さんは、
劇場の観客席から一歩も動かずに、
どこまで旅が出来るのか。
遠くへ、知らなかった世界の裏側へ、
初めて目にする風景の中へ。

 

 

必要なものはもうこの街に、
この土地にひと通り揃っています。

 

毎日100%満たされている訳じゃないけど、
六分目、楽しい日は八分目くらいまで満たされるから、

 

さあ、じゃあ、次は?

 

という事です。
そういう段階なのではと思います。

 

"人生なんて 飽く気ないね まして若さはあつちう間"
"永遠なんて 素気ないね ほんの仮初めが好いね"
"この侭ぢゃまだ終れない"
"花盛り 色盛り 真盛り まだ"
東京事変 - 長く短い祭

 

 

熱量。
進んでいる方向。

 

一番居心地のいい自宅から、
人ひとりを引っ張り出せるもの。

 

僕も私も同じだと思えること。
それなら僕は...と考え始めること。

 

共感と想いが生まれる場所。

 

思考が頭から全身に巡って、
手と足を動かさずにはいられない場所。

 

届かせてくれよ。
届かせることが出来るんだから。

 

僕もやるぞ。
出し惜しみは無しだぜ。

 

Related Post

1 / 3123

2015 劇団まんまる All right reserve.