劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

近況。2019/02/26

どうも、丸山です。

 

ブログを書くのが随分間隔空いてしまいました。。。

 

なので、近況を。

観音寺のリールさんで、今月の16日に

『往来~綺堂・ホームズ・師走・新年。~』を上演しました。

僕は、前月・前々月の公演同様に先生役で出演しました。

宮井ちゃんも、同じくお亀役で出演。

んで、ですやんが今回林田役で参戦しました。

大正、江戸といった時代を行き来、往来しながら

岡本綺堂とシャーロック・ホームズの世界を感じるこの舞台。

何だかんだで3公演目になりました。

完全に前の二人が主役とヒロインですが、違います。

 

 

毎回、林田くんの役者が変わるという新鮮味があり

演出の玉井さんからは入れ替わった役者に応じて、芝居を変えていくよう指導頂きました。

実際、僕が演じた先生という役はそんなに動きのある役では無いのですが

それでも、相対する相手の年齢やキャラクター、関係性によって

微妙に意識するところを変えてリアクトしていけたと思います。

期間としては実はワンシーズン程度の座組だったのですが

なんせ公演数があったので、妙にチーム感が出来たなあって感じました。

そして、本番を経て、毎回ゲスト的に加わる新しい林田君と一緒に稽古を繰り返しながら

ジャズのセッションってこんな感じなのかなあと。

この企画の第2弾があるのか無いのかまだわからないけど

きっとマエカブさんの福家君が企画してくれると思うので

それを期待してまた自分の劇団で芝居をします。

 

 

 

 

 

で、次に3月末に上演予定の「鯖の頭」です。

こちらもガンガン稽古を進めています。

 

舞台は昭和か大正か、何せ今より昔の大阪船場の前売屋「糸喜」が舞台です。

僕はそこのどケチな社長、「一太郎」を演じます。

主役です。やったね。でも、ダブルキャストです。

んで、家内が一太郎の奥さん「しず子」を演じます。

夫婦で夫婦役をします。

家に帰ってもひたすら稽古しろという演出大木の深い演劇愛を感じるキャスティングです。

確かにちょいちょい家でも稽古してます。

「しず子」役もダブルキャスト、というか全体的にダブルキャストです。

さば味噌チームと塩サバチームに分かれてます。

 

昔、「パンドラの鐘」という舞台を蜷川幸雄と著者の野田秀樹が同時に演出するという

企画があったと思うんですが今回は演出は大木さんだけです。

夫婦で夫婦役をするんでいい夫婦感が出るはずです。

なので、観に来てほしいです。

 

こちら稽古中の写真。

 

 

時折、さおりんスクールが開校されます。

アットホームな稽古場です。

 

 

きっと、何も伝わっていない鯖の頭ですが

真面目に稽古してますのでまたそういった写真もご覧頂きますね。

是非、ご来場ください♪

 

公演情報はこちら♪

 

 

 

追伸

新年会したよ!!

 

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.