劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

一思いに人おもい2019/06/08

人と人とが集えば交流が生まれ、

関係が生まれ、

軋轢が生まれ、

良き様にも悪き様にも形が出来る。

それはアナログだろうがデジタルだろうが同じ。

腹の探り合いをし疲弊し摩耗しながらそれでも、

人は集う。

 

 

清水です。

 

 

演劇なんて手間な事をする為に集う我々は、特に面倒臭い事も起こりがちではありますが、

過ぎてしまえば大概が微笑ましい思い出。

他所の人なら絶対腹立つ事も、仲間なら許せたりするんで、やっぱり特別なんでしょうね。

 

 

 

劇団シアターホリックさんの25回本公演『プールのある家』徳島公演、無事終了しました。

 

山本周五郎の表題作と『親おもい』『がんもどき』三つ通して描かれる貧しい街に息づく人々の悲哀と幸福。

代表松島さんと女優山田紫織ちゃんが2人きりで実に活き活きと表現していました。

 

 

綺麗事は1つも出て来ない作品です。

嘘や怠慢、強欲、狡さ、愚かさ…

人間誰しもに必ず潜む汚点を、真正面から見せられる様で、目を背けたくなる場面もありました。

それでも人々はそれなりに幸せを見つけ進んだり、見つからなくとも何とか頑張っていく。

Jポップエールソングみたいなあざとさや分かりやすさは無いけども、後ろよりは前向きな話です。

 

写真は以前カブフェスで『親おもい』を上演した際のプロフィール写真。

 

 

 

松島さんと初めて出会ったのは『劇王Ⅱ』の時でした。

徳島から初めてこの大会に出場者が現れたという事で、とても歓迎してくれたのを昨日の事のように覚えています。

 

 

松島さんは本当に人が好きなんだなと感じる人です。

書かれた作品に出てくるのは、原作がある物もオリジナルの物も、凄く人間らしい人ばかり。

そう言えば前回のツアーで松島さんが演ってたのは風俗の送迎のクズな人役でした。

去年のカブフェスではクズの彼氏役でした。

人間らしいっつか、もはや駄目な人なんですが、

でもね、皆、何故かしょーがねぇなーって許せるの。

 

だって、人間だもの、そんなとこもあるでしょーよ、

そんでも笑って生きてくしかしょーがねぇ。

実は最近ちょっと沈んでた私、このタイミングで松島さんに出会えて、何だか救われたなぁと思います。

 

 

折角なので合間に新稽古場も見に来て貰いました!

悪巧みしてそうな代表会談の様子です。

 

 

あっ、そうそう、何気に丸山裕介令和初書き下ろし、そして私も令和初の作品となった前座の『杉本お料理学校』も楽しく朗らかに終演しました。

本編の『プールのある家』にも食事のシーンが多々出て来たので、奇しくも食べ物繋がりになりました。ってそれは強引な括り方過ぎですね。

“人も、ジャガイモの皮も、むき合う事が大事なの”(『杉本お料理学校』より)

 

シアホリさんの『プールのある家』お次は9日(日)坂出です!

ちなみに1度見るとリピート割発動で次の観劇は500円になります。高知、徳島との上演順が変わればまた作品の感じ方も変わります。

徳島で観た方も観てない方も是非!

坂出公演の予約フォームはこちら

 

 

清水宏さん、シアホリさんと立て続けに県外の演劇が上演され、にわかに活気付いているここ徳島ですが、

お次は江戸川乱歩です!

地元劇団まんまるの出番です!

稽古も熱を帯びて来ております。

こちらも是非お運びを。

 

株式劇団マエカブ・劇団まんまる 合同公演
乱歩之回 -江戸川乱歩戯曲短篇蒐-

まんまる初の小松島公演!大正期に活躍した小説家「江戸川乱歩」の作品をそのまま舞台化しました。
上演ロケーションにも拘り、小松島市の歴史ある建物「大正館」にて行います。
いつものまんまるとは一味違う、ちょっとホラーで奇妙な乱歩の世界をお楽しみ下さい!

 

【上演作品】

「赤い部屋」「お勢登場」「百面相役者」
「一人二役」「指」より1公演3作品

【徳島公演会場】

大正館
小松島市小松島町字外開7-11

上演演目や駐車場情報はこちら

【徳島公演日時】

6月22日(土)
①15時開演②19時開演

6月23日(日)
③11時開演④15時開演

※開場は開演時間の一時間前

【チケット】

前売:1500円
当日券:1800円
 ※未就学児の入場はご遠慮ください

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.