劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

忽那・地獄の漢飯(おとこめし)act.12020/12/07

これは、芝居と食に命を懸けるまんまるの漢達の情熱の記録である。

 

 

今回の登場人物

丸山(38)

座長。漢飯界の熱き闘将。その強靭な胃袋と食への意識の高さでいつも忽那を漢飯地獄に陥れる。忽那の残飯処理係その1。ちょいポチャ。(写真左上)

 

うど(35)

副座長。漢飯界のファンタジスタ。彼の通った後には肉片一つ残らず空の皿があるのみ。忽那の残飯処理係その2。鬼ポチャ。(写真左下)

 

しんせい(23)

ヤングライオン。インドカレー屋でナンではなく頑なにライスを頼み続ける漢飯界のトリックスター。漢飯より女を優先しがちな軟派者。中肉中背。(写真右上)

 

晋作(19)

新入団員。自分の家に帰れない程の脅威の方向音痴。若さ故か無知故か知らんが常に忽那を驚かせる喰らい方をする漢飯界のスーパーノヴァ。中肉中背。(写真右下)

 

忽那(33)

俺。アル中。持ち前の気の弱さと劇団の調和を目指すあまり、いつもまんまるの漢飯に付き合わされ、いつも食べきれず残飯処理係に頭を下げ続ける漢飯界永遠の補欠。食の好みと量がジジイのそれなのに徳島に行く度繰り返される漢飯地獄に苦しみ、心の中で徳島のことを煉獄と呼んでいる。ヒョロガリ。(写真左中)

 

 

 

――2020年12月某日

四国劇王参加のため忽那の住む愛媛県を急襲したまんまるの漢達。

丸山:よし、じゃあ晩飯食いにいくか
晋作:行きましょう!
しんせい:がるるるるる
うど:じゅるり(涎
忽那(まずい…このメンバーはまずい…ひょんなことから劇王参加団体唯一の男のみとなったこの座組…絶対漢飯になっちゃう…!)

 

丸山:今日の飯は…い〇なりステーキだ!!!!
晋作:行きましょう!
しんせい:がるるるる
うど:じゅるりじゅるり(涎涎
忽那(いきな〇ステーキか…行ったことないな…最近俺、肉あんまり食えんなってるけど、大丈夫かな…)

 

~忽那・地獄の漢飯「いき〇りステーキ編」~

 

忽那(ここがいきな〇ステーキか…綺麗な店内だな…)
そこそこの賑わいを見せる清潔な店内、肉の焼ける匂いと音が忽那以外の食欲を極限まで駆り立てる。

忽那(さて、店員さんは…よし、可愛いぞ)

席に着く一同。
感染対策も完璧である。

テーブルには漢達を飽きさせず無限の食に誘うべく多数の調味料が置いてある。
そしてメニューである。

忽那(肉!肉!!肉!!!肉ばかりじゃないか!肉しか置いてないのかこの店は!)
忽那(そして量!!150g、200g、300g、450gだと?バカじゃないのか、450gってほぼ0.5kgだぞ、Kg単位で肉を食うなんてもう獣じゃないか。)
忽那(そして下限が150g…食えるのか、俺に…今日は昼も漢飯に付き合わされ俺の胃袋は未だナンでギチギチだ…)※昼飯はカレーでした
忽那(100gとかないのかな…店員さんに聞いてみようかな…いや、やめとこう、飯もロクに食わないヤサ男だと思われたくない…ここは頑張って150g食べるか)※シャイ&プライドの高い男・忽那

 

店員:ご注文はお決まりですか?
丸山:○○ステーキとハンバーグのセット、計450gで。

忽那(さすが座長…なんの躊躇いもなく450gを行くか…)

丸山:今回のこれで肉マイレージが合計3000ポイントなるんよー。※1ポイント=1g

忽那(肉マイレージ…!?なんだそのシステム…!こいつ、今まで〇きなりステーキで食べた肉量を管理されて喜んでやがる…!それこそ動物園で飼われる獣同然じゃないか…!恐るべき管理社会…)

うど:じゃあ私は○○ステーキとハンバーグ、計450gで。

忽那(うどさんはまあ当然だな、むしろメニューが450gまでしか載ってなくて良かったとさえ感じる…あればあるだけ食うからなこの人は…)

晋作:じゃあ僕は○○ステーキ450gで!

忽那(なにィーーーーー!?!?晋作、おまえ、大丈夫なのか!おまえ、今日のお昼も丸山さんに合わせて辛口カレーを頼んで、あまりの辛さにルーを大半残したばかりじゃないか!)

忽那(人に合わせるのやめろ!自分を貫いていいんだ!まんまるはみんなが好きに意見を言える、風通しの良い劇団を目指しているんだ!汗と涙を流しながら味気のないナンだけをむしゃむしゃ食べ続けた哀しい昼飯を思い出せ!)※しかもなぜかナンは千切らずにかぶりつくスタイル

忽那(いいか、先輩に合わせるなんていう体育会系なことをされたら、俺が困るんだ!俺まで合わせなきゃいけなくなるだろ!俺みたいな中間年齢層のことを考えろ!)

しんせい:じゃあ俺は…

忽那(しんせい、こいつは安心だ、こいつはみんなで和気藹々と食事を楽しむ中、ひとりだけ無言で激辛料理にチャレンジしているようなトリッキーな奴だが、食べる量は大したことがない)
忽那(そしてなにより!こいつには!!先輩に合わせるだとか!後輩の目を気にするだとか!そういった感性が皆無!!!いいんだよ、自分の好きなものを好きな量だけ食べればいいんだよ…)

しんせい:○○ステーキとハンバーグセットを…300gで。

忽那(300g…意外と食うじゃないかこいつ…流石はヤングライオン、肉は別腹なのか…)

忽那(これは困ったぞ…ここで俺が150gなんて言ったら劇団内の調和を乱す…店員さんにも笑われるかもしれない…!)※シャイ&プライドの高い男・忽那

 

店員:ご注文は?
忽那:えーと、生ビールと…○○ステーキを、ひゃ…いや、200gで!
店員:かしこまりました
忽那(言っちゃったよー200gって言っちゃったよー大丈夫か俺、食えるのか俺)

 

店員:セットのライスは大盛りにできますが、どうされますか?
丸山:大盛で。
うど:大盛で。
晋作:大盛で。
しんせい:大盛で。

忽那(なにィーーーーー!!!肉450gの上に白飯大盛だと!?まだ食うのか!!狂ってやがる…!どいつもこいつも狂ってやがる…!)

店員:お客様はどうされますか?
忽那:あ、え、あの、その…
漢達:…

忽那(無理だ!!絶対無理だ!肉だけで200gだぞ!大盛なんて絶対無理だ!!)

漢達:…

忽那(なんだその目は!見るな!そんな目で俺を見るな!いや、むしろ見ろ!俺の体を!細いだろ!入らんぞ!どこにもそんな余裕はないぞ!)

店員:…

忽那(いや待て待て。ここで俺が普通盛りを頼めばこの店員さんはどう思うだろう。ああ、こいつ見た目通り食も細いんだな、男らしくないな、そんな風に思われるんじゃないか。いや絶対そうだ。こんな見渡す限り肉肉肉、肉の匂いが充満している店でバイトしようって女だ、絶対に色黒で筋骨隆々で背の高い、目の色変えて手掴みで生肉にむしゃぶりつくような、ワイルドな男が好きに決まっている。ダメだダメだ、この子に失望されるのだけはダメだ。)※主観です

忽那(それに!晋作!こいつはまだ入団ほやほやの新入団員、今回が初芝居、初スタッフ、初愛媛のトリプル童貞!まだなにもわからないヒヨっ子同然!芝居の先輩として、なにより人生の先輩として、これが忽那だ!というところを見せつけないと!)

忽那(よし!言え!言うんだ!俺!大盛りと!大きい声で!劇団内に更なる調和をもたらすため、皆で同じもの食し、同じ空間を共有し、笑顔で明日を迎えるため!言え!言うんだ!)

忽那(大盛くらいなんだ!たかが米だ!食える!食えるぞ!俺!食って劇王も獲って店員さんも落とせるぞ俺!)

忽那:あ…え…じゃあ…
漢達:…
店員:…
忽那:お…お…お…
忽那(だ、だめだ…言えない…恐ろしい…声が出ない…)

 

 

忽那:……………普通盛りで………
店員:かしこまりましたー

 

 

忽那の地獄は続く――※結局食いきれんくて丸山さんに食べてもらいました

 

 

 

おまけ

丸山さんはそのわずか数日後に徳島のイオンのいきなりステーキに行き、肉マイレージをランクアップさせたのでした(妻報告)

 

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.