劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

窮鼠チーズ2021/05/09

ウチ、Amazonプライム入ってるんですけど、

夜中にザッピングしてたら「窮鼠はチーズの夢を見る」が出てきて、思わず観ましたよね。

 

清水です。BLは映画、漫画、小説含めてこれが初めての鑑賞です。

 

 

去年観た映画の中で一番良かった。

成田凌くんと大倉忠義くんの純愛物。

 

何がいいって、これまで観た映画の中で一番、自分の恋愛体験に近い。

 

少ないながらも色々観たけど、男女の恋愛物はどれも女の子が可愛すぎて、どうにも感情移入し辛かったり、あくまで作品として楽しむ感じに留まるんだけど。

窮鼠は、相手と通じそうで通じない、駆け引きとか叶った時の嬉しさと壊れる怖さ、本当に絶妙に表現されてて。自分の過去の恋愛をいやでも思い出させられる。

とにかく潤んだ瞳の成田凌くんの顔がたまりません。子犬かよ。

多分、報われない恋愛をしていた時、自分もこんな顔してた。

まーーーこんな可愛くないけど!!!!!

 

 

 

演技をする時、感情は要らない説、よく聞きます。

でも、私は大事にしたい派です。

確かに、感情を掘りすぎると役なんだか自分なんだか分からなくなったり、独りよがりになりがちだけど、

所詮は私はへぼ役者なので、借り物の物語の人物を一から演じるなんて無理、自分を材料にして演じる方が成功に近いと思うのです。

血が通った役者の体や台詞を通して、見る人は追体験をし、心が動く。

その内、引き出しが増えたら、感情より理論で演技は出来る様になるかもしれません。

 

自分の体験を大事にしながら演技に向き合う事で、作品そのものもですが、自分の人生もきちんと解釈することが出来る、より自分を理解出来る。

演技って、人を知る凄い遊びなんだと思っています。

 

 

 

それにしても。

あの日、あの夜、好きな人が彼女と二人でドア押して出てきたコンビニで、ひとり切なく梅酒を買った事を今死ぬほど思い出しています。

映画館と違って家なので、応援上映かよって位悶えながら観ました。

おすすめの映画です、「窮鼠はチーズの夢を見る」

アマプラで是非ご覧下さい、そして語りましょう。

 

タバコを吸う成田凌くんになりたくて。

バカだねえ、お前は。

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.