劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

かんげき2れんげき2018/12/17

12月16日にちようびの日記

おおきしげみ

 

今日ぼくは、岡山県でcoicoiさんのおしばいと、徳島県にもどってきて楽一楽座さんのおしばいの両方を観てきました。

弾丸つあーでとてもとても大変でしたが、とてもとても楽しかったです。※運転していただいた、えみこさんのだんなさん、ありがとうございおつかれさまでした。

 

 

coicoiさんはお付き合いのある役者さんたちが出ており、「今までやったおしばいの中で一番ドロドロしてヤバい」とドロドロしてヤバい役者さんが言っていた通り、ドロドロしててヤバかったです。

 

ふざけた言い方してますが、本当に好きなおしばいでした。

台本も買ってしまいました。

 

 

演出の方のいめーじを役者・スタッフの皆さんが信じ、ついていっていっしょに作っている、とてもステキな舞台だなあと思いました。

 

あいろにーから来るおかしさや怖さの混じり合い・交じり合いをとても気持ち悪く良く感じさせるおしばいでした。

本当にだいすきです。あの感じ。

台本を読みながら、演出の世界観、役者の演技、変わりゆく衣装と舞台美術、先導される照明、戦慄を感じさせる音響とをはんすうしたいと思います。

 

 

楽一楽座さんはうってかわって若さを出したふれっしゅなおしばいでした。

ほぼ学生さんでこうせいされた劇団さんで、あれだけの舞台を作り上げるのはすごいなあと思いました。

特に舞台美術。

個人的には違うほーるならもっとハマるのになあと思いました。(声のひびきの良いほーるです。美術とのバランスが個人的に、です)

 

まんまるから客演でですやんとしんせいも出させてもらっておりました。とても良い機会を楽一さん、おっさんからもありがとうございましたです。

※おっさんと言えば、おっさん枠で出ていたまってぃ、さすがやと思いました。くれいじーとうがらしどらっぐやろうでした。

 

 

ですやんは、普段まんまるではやたら男の子の役や男の子の子の役、そして男の子の役をあてられがちなのですが、かわいい女の子(と周りが言いまわる)役をやらせてもらえてて良かったと思いました。

 

しんせいは、舞台上でウケていたのは良かったですが、去り際にやったった感を出していた表情がたまにきずでした。なかなかの、なかなかのどや顔でした。

 

楽一さんは初の長編のおしばいでしたが、二回目、いつになるかはわからないですが、また観たいと思いました。

また観たいと思います。いずれ。いずれ。

 

 

いちにちで二つのおしばいを観るのは、40のからだにはまあまあしんどかったのですが、良い時間でした。

40と言えば、coicoiさんのアンケートで40代に○をつける所で謎のだめーじを感じました。年齢で40と書くのとは違っただめーじでした。すいませんどうでも良い話でした。

 

 

来週末にも一日で二つのおしばいを観ますが、まいくっしょんを持って行きたいと思います。

二つのおしばいと言いましたが、公演自体はいっしょでAぱーととBぱーとに分かれたおしばいなので移動が無いのと、美味しいおうどんでがんばれそうです。

 

あ、そっちにも、まるやまとみやいの2人が客演として出させていただきます。楽しみです。楽しみにしています。

※個人的には四国で一番おっかけてる株式劇団マエカブのはっちんさんが出るのが楽しみです。ふぁんです。悪い?

 

来週末クリスマス直前から年始にかけて行うそちらの公演情報は下記にて↓。皆さんご来場したげてくださいね。

 

http://kabu.maekabu.main.jp/?eid=668

 

午前4時に目が覚めて変なてんしょんで書いたぶろぐでした。

なんかすいませんでした。おやすみなさいませ。

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.