劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『鯖の頭』参加者紹介vol.4 〜久子編〜2019/03/10

大木です!

 

鯖メンバー紹介第4弾いきますよー☆

 

今回は主人公一太郎の弟次郎の奥さんの久子役のこのお2人

 

 

チーム鯖味噌・久子役

劇団まんまる えみこさんこと佐光恵美子!

 

チーム塩鯖・久子役

こちらも劇団まんまる さおりんこと美馬さおり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※右端のですやんはご愛敬

 

先ずはえみこさん。えみこさんは自然体なスタイルで舞台に上がれるタイプの役者さんで、大木が四国劇王にチャレンジした際にも出演依頼した方でございます。

 

 

 

 

 

 

 

※crab crackerの使い方 公演時

 

とはいえ今回は不自然なことをやたらやってもらわないといけない役ですので、稽古当初は本人戸惑うところを多々みせておりましたが、最近は役自体を楽しめてる感じがするので何がしか掴めてこられてるのかなと思います。

そうでなくてはあんなに「泣いたカラスがもう笑う」お芝居なんか出来ないでしょう。

まだ稽古時の話ではありますが、僕はめちゃめちゃ笑いました。(何がか気になるそこのあなた!文化の森に確かめにご来場下さいませ☆)

 

 

 

 

 

 

 

※吃音ヒーロー 公演時

 

 

彼女は「演技」というカテゴリーでお芝居をするのではなく、自身の「声」を台詞に乗せるタイプという認識です。

当然、それは誰にでも当てはまることかも知れませんが、彼女はそのきらいが強いイメージです。あくまで大木のですが。

 

 

そしてさおりんさん。

彼女は昔は役者さんの経験があったのですが、まんまるに入ってからは今回が初舞台!

お仕事や主婦業等などで機会が無かったので、今回は本人とても嬉しそう。僕も嬉しい。

というのも、演技的に団内でも基礎力は随一やと僕は思っておりますので、せっかくの力を発揮する場が無くてやきもきしてた所がありまして。

ぜひぜひ楽しんでいただけるとありがたい!さらに一緒に楽しんでいきましょう!

 

※吃音ヒーロー 公演時

 

上記は以前の公演でさおりんに作っていただいたステキ小道具で、今回の鯖でも彼女の作ったステキ美術が見所です☆

そして、えみこさんも今回小道具作成をしてもらってまして、こちらもとってもステキ小道具です☆

 

演技は逆のアプローチで同じキャラを、ステキな小道具・美術を今作に命を吹き込む二人を是非とも!舞台でご覧いただけたらと思います☆

 

はい!次回は一太郎の叔母でお店を切り盛りする長子役を紹介させていただきます!よろしくです☆

 

 

 

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.