劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『鯖の頭』参加者紹介vol.3 ~次郎編~2019/03/09

大木です!

鯖メン紹介第3弾は、主役一太郎の弟(次男)次郎さん

 

3度の飯より女房好きな次郎を演じるのはこの2人!

 

劇団シカスカル代表・劇団まんまる・三日月リリィ

くっつんこと忽那一樹!!

 

劇団orangecycle 安福仁志!!

 

どちらもやたら女性に人気があることもあり、女房役の久子とベタベタする事に抵抗が無い(女性慣れしてない男の役者は腰が退けがちなのです)という一点だけで彼等をキャスティングしました。

嘘です。

 

各一太郎との絡みを考えて、「丸山君にはくっつん」「藤本君には安福」と、ほぼノータイムで脳内キャスティング出来たのです。

相性の良さは稽古にて即反映済です!!

本番が楽しみー!

 

・・・ということで、役者の紹介。

 

くっつんは愛媛を代表すると言っても過言では無い役者で、コメディからシリアス、なんでもござれの男。

あとやたらモテる。

※爆心ツアー7 稽古時

 

やたらモテるので、「次郎は今まで女にモテてこなかったから女房にベタぼれなんよ」という役のイメージを伝えたところ、「そんな経験ないからわからん」と嘯く強者。

舞台上ではこの上ない味方ですが、そこから降りると男性の敵です。みんなで石投げましょう。

※目の覚めるようなブルー 公演時

 

石投げんとい下さい。公演が終わるまでは。

くっつんが稽古に入ると流れが・空間が変わり、無意識にでしょうが立っている他の役者の意識まで変えていく事の出来る稀有な役者です。残りの土日稽古が楽しみです!

 

ほんでやすふく。

※クリスマスキャロット 公演時

 

招来のお調子者。ノリとノリだけでここまで生き抜いてきた男です。

「国民の弟」「年下の男女に関係無く人気がある男」

ふらふらしながら生きてる感じですが、やたら人に好かれております。あと、意外に真面目(笑)

※コンビニ ゲネプロ時

 

その隠れ真面目な一面は、同じ役を演じているくっつん演技を外から眺めている彼の表情から見て受け取れます。

とはいえ僕が直で見てた訳ではないですが、周りの人から「普段見ない神妙な顔でくっつんを見てた」という。

 

ああ見えて、学ぶ姿勢というのをしっかり持ってる奴なのて、くっつんと組ませた事は正解やと思っております。

あと、こうやって褒められる事を心底恥ずかしがるところも知っています。

 

あ、あとうちの劇団員です。orangeなんとかの。

 

 

・・・はい!てな感じで二人のイケメン(大木は雰囲気イケメンと思っている)を見られたい方は是非とも劇場へどうぞ!

演じているところは、なお!良いですよー!!

 

明日はこの次郎の女房役の久子役の紹介です!

よろしくです☆

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.