劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

『乱歩之回』徳島・香川組 始動!!2019/05/14

大木です!

 

劇団まんまる副代表であり、

今回の合同公演

『乱歩之回―江戸川乱歩戯曲短編蒐―』で脚本・演出として携わっている、

大木です!

燃えております!!

 

 

平成を後にし、40代に足を踏み入れるも、

関係ない!!燃えているのです!!!

 

 

 

 

 

・・・いや身体はどうにもなりません。

マジで一年一年ダメージがひどくて、これからどうなるんか。

※清水さんとの病気と健康の話は欠かせません。

 

 

運動始めたいも、花粉だいぶ過ぎてるのにPM2.5?めちゃめちゃ体調不良です。

んでも!やるしかない!!!

やるしかないのです!!!!

やらない選択など無い!のです!!!

そんな中で5月の3(金・祝)、4(土・祝)と香川に出稽古にやってきました。

※厳密には初日の夕方辺りから体調不良がスタートするのですが。

 

 

 

金曜初日は顔合わせからの全体読み合わせ。

・・・仕事のですやん来られてたら全員集合やったけどなー!

残念!

んでもたくさん集まるのは嬉しい限りですね☆


※さりげにポーズをかますゆっきーな。

 

 

 

 

 

 

 

※さりげにチラ見をかます客演の藤本君(おい!徳島勢!)

 

 

 

 

 

 

 

 

※・・・おい香川勢!!(チャッピー君は真面目にストレッチしてると思われます)

 

 

 

 

 


※まあなんやかんやありつつ台本回して読み合わせに興じるのであります。

 

 

 

 

読み合わせ後は演目『一人二役』の段取り通し稽古を主に行いました。

※えみこさん演じる「細君」を視るチャッピー君こと三嶋氏。「視る」目が素晴らしい。

 

 

※仁後さん(大木の方が年上なのですが溢れ出す武士感からさんづけが欠かせない)の「楽しむ」姿勢が芝居に良き「血流」を与えてくれます。

えみこさんの憂いのある表情も、良き。(写真は拗ねているみたいな顔ですが)

 

 

スムーズな稽古!楽しい!!

この3人のバランスを各々でとっていく空気。

さらに演出で前から違うアプローチでバランスをとり色合いが変わる感覚。

艶かしいシーンを作りつつも笑いの絶えない稽古。
そのベースには適度な緊張感が常にある。

※最近気づいたのですが、僕は高頭先生に似た感覚で演出してる気がします。

 

 

 

 

 

その日の晩は懇親会。
とても美味しいイタリアンでした!ロビン君ナイスセレクト!

※乾杯音頭をとってくれた仁後さんありがとうございました!(大木は音頭苦手)

 

 

 

 

 

んんん、二日目!

 

 

先ずは『指』。

※パースの問題以上に背の割りに小さく見えるはなぶんの背中。悲しみ。

パーソナルスペースの狂った感じで与力さんに近づくゆっきーな(演出指示あり。もっと寄ってこ!)

 

 

徳島ではなぶん・ゆっきーな二人で稽古している時に出なかった「声」が、与力さんにより引き出されていきます。

「応じる」ことが出来て「ほほう!」と思いつつ、その先を行って欲しいと思いつつ。

 

 

期待、してます。

 

 

 

 

 

 

お昼休憩を挟んで・・・

※合流して飯を食むですやんと、お預けをくらう法兼君。

 

 

 

 

 

 

 

午後からは『お勢登場』。

※ヴィジュアル強度高いお二人。内情は大人の色気講座をちょっと怒られながら受けているロビン君の図。

 

 

 

※どこからどう見ても仲良くお手てをつないでいる訳ではない藤本君&大木。与力さんに見てもらっているのです。

藤本君の常軌を逸した目。いいよ~。

 

写真は無いですが、チャッピー君の普段見ないタイプのお芝居。

初稽古から演出の想定を超えまわって来るあずにゃんこと繁中さん。

・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・楽しい。

楽しさでどうにかなりそうな位楽しい稽古。

それは、これからどんどんどんどんどんどんどんどん良くなっていくであろう、

これから出来上がっていくお芝居を想定してのことです。

 

一回一回の稽古で各演目の色合いも変わっていきます。

 

 

 

 

 

6月15日㈯・16日㈰、香川・ヨコクラうどんさん。

6月22日㈯・23日㈰、徳島・大正館さん。

 

 

ぜひ!お越しください!!!

後悔させません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015 劇団まんまる All right reserve.