劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

it’s lovely to be 402021/03/17

最近色々あって、ブログ書く気も起きませんでした。

ほら、引っ越しとか、東日本大震災から10年とか、誕生日とか、演劇しんどいとか。

 

 

清水宏香です。

 

私の話をしましょう。

や、いつだって私は私の話しかしないんですが。

劇団まんまるブログですが、私って結局演劇の話しかしないんですから問題は無いですよね。

 

 

高校生の時に演劇部に入って以来、ずっと演劇を続けてる私ですが、どういう訳か同級生に恵まれませんでした。

高校演劇部の同級生は5人。その内の1人の女の子がボス的存在で、同級生の男の子と付き合ったりちょっと派手な子でした。私とはカラオケ2人で歌ったり仲良かった時期もあったんですが。いつの間にかめっちゃ嫌われてしまいました。ほとんどの子はその子側に付いて、で、私は逆に先輩と後輩にはめっちゃ好かれてました。それがまた嫌われるのを加速させたりしました。同級生は引退する中最後まで部活に残って演劇を作ったのは私だけでした。

 

大学演劇クラブの時も私の代は不作で、先輩と後輩は人数多かったのに私の学年は4人位でした。それでも高校の時に比べたら随分上手くやってたんですが、ある時、3年か4年か忘れましたが、1人、本当に親友と思ってた子に絶交されまして。それからは一言も口を聞いて貰えませんでした。理由はまだ分かりません。未だに夢に見ます。それでも、私は卒論を書きながら最後の最後まで卒業生公演をやりました。

 

 

こうやって続くと、私に否があるんだろうなって思わざるを得ません。

それでも、演劇は続けて来ました。

私が辞める道もあったろうに。辞めませんでした。

私から辞めると言った事がある物は少ないです。クソなバイトとご飯を食べなければならない仕事だけでした。

 

 

私は、私から何かを辞めるのが苦手です。

だからずっと演劇を続けてるのかも知れないです。

でもね、もう、40歳が来ました。

ちょっとしんどいなって時も増えてきました。

歳下の子との差は開くばかりです。

 

 

しんどいって書きましたが、辞めたりはしません。

でも、休めと言われたんだとは思っています。

 

 

竹内まりや曰く、ラブリー40代に入りました。

これまで関わってくれた皆さん、ありがとう。

これからも関わってくれる皆さん、よろしくね。

 

 

 

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.