劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

ご報告2021/05/17

どうも、副座長の鵜戸です。

 

 

お久しぶりでございます。ええ、それはもう本当に。

 

 

私が出演予定であった 株式劇団マエカブ公演「円卓の騎士 嘆きの剣、祝福の鞘と」を楽しみにして下さった方には、急に降板する事なってしまい御心配をおかけてしまった方もいらっしゃるかと思います。
今日は急に降板する事となった原因と現在の状況を報告させて頂きたいと思います。

 

 

 

まず降板する事となった原因ですが、本番前日の場当たり中に私が左足首を骨折する怪我を負ってしまい、出演できなくなってしまったからです。
怪我なく安全に公演を進める為に緊張した空気の中自分も油断をしていたつもりはなかったのですが、結果怪我をしてしまい後からこうしておけば防げたかもと色々案が浮かんでくる等、自分の至らなさを正に身をもって知る事となってしまいました。

 

 

その後病院で診察してもらい骨折と診断され、出演を断念し、代わりを岡田さんにお願いする事になりました。

 

 

公演終了後、徳島に戻って改めて病院で診察してもらい手術・入院する事になりました。
手術の内容は骨折した足首の骨をワイヤーで固定して骨の治りを良くするという内容でした。
手術をしても治る迄の時間が早くなる訳ではありませんが、骨を固定する事で骨の変形を防ぎ、ギプスを外すのが早く、その分リハビリにも早く入れ後遺症が残りにくいので、手術を受ける事にしました。

 

 

 

という訳で現在私は病院に入院しております。といっても手術は無事に終わり、ギプスも取れ、リハビリをしながら過ごしています。入院前の説明通りなら、あとは手術跡の抜糸が済めば退院できるとおもいます。

 

 

 

 

報告は以上でございます。
この件におきまして、公演の参加者を初め、公演を観て頂いたお客様など多くの方にご迷惑、御心配をおかけしてしまい本当に申し訳ありませんでした。

 

退院後もしばらくはリハビリや仕事(収入)の事なんだと色々と大変ではありますが、また舞台の上で皆様とお会いできるように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

P.S.
株式劇団マエカブより
今回参加させて頂いた株式劇団マエカブ公演「円卓の騎士 嘆きの剣、祝福の鞘と」ですが、公演後二週間が経ち、ご来場いただきましたお客様・全舞台関係者、並びに関係機関から新型コロナウイルス感染報告はございませんでした。感染拡大防止へのご協力に改めて感謝すると共に、株式劇団マエカブ公演「円卓の騎士 嘆きの剣、祝福の鞘と」とが無事に終了しましたことをご報告申し上げます。

 

 

との事です。
またオンデマンド配信チケットの方もまだ販売いたしております。私は出れませんでしたが、素晴らしい舞台になってますので、是非ご購入、御視聴頂ければと思います。

2015 劇団まんまる All right reserve.