劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

ぽかぽか2018/11/09

秋はきらい。
冬もきらい。
春はそこそこ。
夏はだいすき。
 
秋冬が苦手なのは、寒いから。
寒いと、身体が動かなくなるし、痛いし、
服とか、防寒にお金がかかるもの。
夏はあったかくてローコスト。しあわせ。
 
毎日、まいにちが過ぎていく。
わたしはわたしで毎日を生きている。
 
生きるとは、食事をすること。
栄養を摂れば身体がつくられ、不要な組織は排出される。
毎日少しずつ生まれ変わる身体は、たぶん、何年も前のわたしとは同一ではない。
 
わたしはわたし。
だけど、ここにいるわたしはちがう。
その頃のわたしじゃない!
 
同じ問いを投げかけても
たぶん、違う答えを返す。
なんなら、答えもしないだろう。
 
だからと勝手に落胆されても。
期待された答えを返さないからと
「変わったね」なんて言われても、
知らんがな、としか言いようがない。
 

 
一度しかない人生を、
自分の身体とこころを、
好きなもので満たしてしまいたい。
できるなら、みんながそうであればいい。
 
笑顔が素直に出てくる生活の健やかなこと。
満足と不満足を真っ直ぐに伝えられる生活の、じつに、健やかなこと!
 
ほんとうに健やかか?
ほんとうは、もう少しテクニカルに、感情をごまかして生活したいのではないか?
だってわたしは、いつだってアンビバレンスを好んで選択していたではないか。
そして、ほんとうにそれは過去か?
 
しみじみと変化を感じる秋。
冬がせまってくる。
わたし、わたし、わたし。
いまなお自分のことしか考えていないわたしを、その頃のわたしは、どう見るのだろう。

2015 劇団まんまる All right reserve.