劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

美しい景色を前に、遠い昔の誰かと繋がっている気がする。2019/03/03

1月、睦月。

2月、如月。

3月、どうも弥生です。

 

 

3月に生まれたので、弥生です。

弥(いよいよ)、草木が生い茂る月、弥生です。

桜月、夢見月、早花咲月、桃月、染色月。

他にもいっぱい3月の別称はあります。

昔の人は粋な名前をいっぱい考えますね。

そういったキレイな昔ながらの日本語を探すことが好きです。

 

 

言葉だけじゃなくて、ヴィンテージの服だったり廃墟みたいな建物だったり、少し古いものに魅力を感じます。新しいものも好きなんですけどね、そこに至るまでの色んな歴史を感じた瞬間、堪らなく高揚感を感じます。

 

 

なので例えば、同じ場所の今と昔の写真を見比べたりするのがすごく好きです。

 

 

 

 

 

 

 

こういうやつ。

あとは

 

 

 

 

 

 

 

こんなのとか、

 

 

 

 

 

 

 

こんなのとか。

すごく、好き。

「昔の人はこの風景をどんな気持ちで見たんだろう」

とかよく妄想します。

 

 

そんな感じなので、少し前の時代のお芝居とかも好きだったりします。

3月末にわたしが出演させていただくお芝居は、徳島演劇ネットワーク公演「鯖の頭」。

昭和初期の大阪船場が舞台のドタバタコメディ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですね。

写真を見てたら余計にワクワクしてきました。

一緒に昭和の空気を味わいながら笑いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

鯖の頭

 

 

 

公演の一ヶ月後には、もう次の時代が来ますね。

それもまた一興。

 

 

 

 

2015 劇団まんまる All right reserve.