劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blogcategory: 清水宏香

残春の訪れ…2016/05/18

残春とは…

 

「春の末」や 「晩春」のことを意味しており、

「わずかになった春の名残」
を表す言葉です。

現代の暦では3月下旬〜5月上旬までを指すそう。

 

 

…もう過ぎてんじゃん!

 

 

でもいーんです!!!

 

 

穏やかな日和もあれば時に激しい嵐を巻き起こす事もある春。

多面性がありますね。

 

このタイトルが付けられたお芝居「残春」で、春の名残を感じていただければと思います。

 

 

出演者の1人、清水です。

若い団員がポンポポーンと増えたので、もう今後はお母さん役しか回って来ないかもしれません。

「残春」でももれなく母のヤスコ役を務めます。

 

主役はアヤノ。演じるのはトニーこと東條。

妹役はアヤカ。背の高いナッチこと西内です。

そして、ユカという不思議ちゃんな恋人役を務めるのがズッキーこと松倉。

 

 

劇団まんまる初の女子だけのお芝居は果たしてどのような形になるのでしょうか!?

 

お披露目は次の日曜日22日(日)のC.T.T.松山です!

image

image

image

公演日時:2016/5/22(日)①13:00~②18:00〜
公演場所:シアターねこ(愛媛県松山市緑町1-2-1)
地図はこちら
チケット(上演協力金):
一般1000円
高校生以下500円
C.T.T.松山に劇団まんまる3回目の参加です!!

 

うわ、私全部出てる!

 

 

ちなみにちなみになんですが…

 

この「残春」は、演劇祭KOCHI2016の場をお借りしてお送りする、

劇団まんまる第3回公演

「出航!まんまる丸!」でも上演しますよ〜!

image

あくとちったはバラエティ豊かなラインナップ!2016/04/08

どうも、この時期にしかブログ書かない広報清水です。

 

いよいよ今週末のあくとちったvol.1、タイミング良くFM徳島の番組でも演劇情報コーナーが始まるなど、にわかに徳島演劇界が活気付いてきましたね、追い風を感じますね!

 

さて。

 

今回は、あくとちったに出てくれる沢山の皆さんをご紹介!

 

 

◆日本声優ゼミナール徳島校

image

声優になるための基礎訓練を徳島で学んでいる生徒達8人による朗読!

 

 

◆ヒノマル★プロジェクト

image

FMびざんで毎週金曜日夕方に大好評放送中のラジオドラマ「ヒノマル!」キャストと共にアテレコ体験!

 

 

◆四国大学ジャグリングサークル「ハッピーメーカーズ」

image

県内のイベントで引っ張りだこ!ハッピーメーカーズの皆さんによるわくわくジャグリング!

 

 

そして、NPO法人「アクアチッタ」の方によるコーヒーサービスもあります♪

 

 

4月1日にリニューアルオープンし、より一層ステキなイベントスペースになった第二倉庫アクア・チッタ。image

演劇イベントは初めてだそう!

劇団まんまる、パイオニアとしてその名を刻む事になります!

 

 

 

劇団まんまるの稽古も大詰めを迎えています。

image

こちらは「本気の昔話」用の小道具、はてさて何が上演されるのでしょうか!?

 

 

 

「徳島って、劇団あったんですね!」

県外公演を行った時に言われた言葉。

あるんですよ!めっちゃ元気に動いてるんですよ!!飛び出さんばかりにね!!!

 

県外公演で感じた、演劇熱の熱さ。

県内でも、感じてもらいたい。

 

 

皆さんのお越しを心よりお待ちしております!

あくとちったまであと少し!2016/04/02

広報清水です。

出会いと別れの春、劇団まんまるもメンバーの卒業(仮)などいろいろありましたが、新シーズンに突入しました。

 

今年度も改めて宜しくお願い致します!

まずは、次回の公演のお知らせです。

 

劇団まんまる主催

水辺の演劇祭

あくとちったvol.1

4月9日(土)10日(日)

万代中央ふ頭 第二倉庫 アクア・チッタで開催!

 

 

今回は、第二倉庫 アクア・チッタ共催の元、様々なゲストを迎えての公演となります。
10日(日)の昼の部は、

いつもの濃いまんまる色がマイルドに!

恋人同士やお子様連れの方にも安心して観ていただけます!

演劇の他、ジャグリングやラジオドラマ「ヒノマル!」、声優ゼミナールの朗読など多彩なラインナップでお送りします!
9日(土)10日(日)夜の部は、

いつもの劇団まんまるですご安心下さい!

シニカルな笑いに変なキャラ、下ネタ、色々あります!

もし、昼の部を観て、夜も気になるなぁという方は

チケットの半券を見せて下されば前売り価格でご入場頂けます!

 

チケット前売り1000円

小学生以下は無料!

 

❗️注意❗️

前売りと当日の料金が500円違います!出来るだけ事前に劇団員から直接ご購入、HPからのお問い合わせ、そしてチケットペイでのご購入を強くオススメします!

160223-0012

 

演劇

【劇団まんまる】

 

◆9日(土)10日(日)夜の部
「身内と身内とその身内」小川真弘 作

image

A:中西一斗
B:玉木葉輔
C:高下徹士

 

 

「キュービックルーブ〜blue&orange〜」大木茂実 作

imageblue:丸山裕介
orange:小川真弘
black1:玉木葉輔
black2:中西一斗
babama:高下徹士
babamaJr.:松倉葉月/新居美菜子

 

 

「珈琲吹いたw」丸山裕介 作

image
川田素饂飩:小川真弘
高下昌平:小川慶徳
野波依理子:新居美菜子

 

 
◆10日(日)昼の部
「キュービックルーブ〜黄谷くんと緑川くん〜」大木茂実 作

image
黄谷くん:中西一斗
緑川くん:玉木葉輔
赤井くん:丸山裕介
青木くん:小川慶徳
桃子ちゃん:松倉葉月
黒服1:西内捺美
黒服2:大木茂実

 

 

 

演劇の他にも今回は出演者、作品がいっぱい!

書ききれませんのでまた近日ご紹介します!

ギャラリー追加しました。2016/02/01

劇団まんまる、11月のC.T.T.以来毎月どこかで公演をする演劇マラソン期間が続いていましたが、ようやく少し速度を落とせそうです。

 

 

広報清水です。

 

 

今は最新情報にも掲載しております、劇団まんまるがお送りする新しい演劇イベント「水辺の演劇祭 あくとちったvol.1」に向けて動いているところです。

公演が迫っている時はプレスリリース作成してメディアにアプローチかけたりチラシ配布指示したりと忙しくしているのですが、

公演まで余裕がある時はやはり、HPの充実ですよね!

 

ということで、ギャラリーに公演写真をアップしてますのでご覧下さいませ。

 

もっとあるんですよ・・・厳選した各演目10枚なんです・・・。

 

徳島演劇ネットワーク公演の時の撮影枚数は、参加人数に伴いカメラマンが多く、2日で500枚超えてました。

本公演よりも多いよ!?

 

戦いもハリがあっていいですが、お祭りもワイワイガヤガヤ楽しくていいですね。

 

 

そんなこんなで、

写真を見て「面白そう!」「入ってみたい!」

と思った方はぜひ!

劇団まんまるの扉を叩いて下さい!

劇団員一同お待ちしております!

 

 

そうそう、最近一人増えたようです。

大岸ゲミーさん?大木茂実さん?どっちで呼んでもなんくるないさ~。

IMG_8926

オールザッツ演劇2016/01/25

早くも今年2回めの公演終わりました〜!

と言ってもオムニバスの公演の一団体としてなので、劇王明けのあの張り詰めた感も抜けたのもあり、楽しく臨みました。

 

広報清水です。朝型なのではありません、夜型です。眠るまでがトゥデイ。

 

ひとまずは、観劇にお越しくださった皆様に御礼をば。

本当に、本当にありがとうございました。

 

大雪というかつて経験したことのない天候の中での公演。劇場はホットでしたが一歩外に出ると徳島の街は真っ白になっていて呆然としました。

 

お客様は、劇場に来るだけでどれほどの苦労があったことか。

 

観劇を見合わせた方もいらっしゃるでしょう、実際、残念ながら舞台に立つこが叶わなかった子もいます。

 

そんな中観劇にお越しくださった事は感謝してもしつくせません。

どうか無事に帰宅出来ておりますように。
また、観劇を見合わせた方、これはもう致し方ありません、自然には勝てません。命のほうが大事です。

また次の機会にお会いできますよう、我々も精一杯努力してまいります!

 

主催公演ではありませんが、改めて、公演を打つ際の戒めにもなった日でした。

 

またおいおい写真などとともに公演を振り返りたいと思います。

image image

劇王2016/01/19

劇団まんまるが出来たきっかけについては、お話しましたっけ?

 

 

広報清水です。

 

代表の過去記事やメディアで記事にして頂いた物を探せばそれなりに出てくるんじゃないかと思うのですが、改めて書くと、

「2015年に劇王で負けたから。」

これが最初でした。

 

詳しくは劇王Ⅳで戦った感想含め代表に熱く語ってもらうとして。

 

ボロ負けしたあの日から1年、今年の四国劇王を決定する日が、リベンジの日がやって来たわけです。

 

1月16日・17日の2日間、我ら劇団まんまるは、2団体に分かれて上演しました。

まんまるは代表丸山が執筆、本公演でも上演した作品「丼の底」を、

そしてまんまるの作家の一人・小川真弘君は「劇団混沌(仮)」の代表でもあるので、今回はそちら名義で出場、高知の蛸蔵ラボvol.1や本公演でも上演した「六文銭」で勝負を挑みました。

 

 

結果は、

敵は強かった。

 

劇王にはなれませんでした。

 

 

四国劇王の頂点を目指し参加したのは総勢12の劇団、それぞれ自信作を引っさげて臨みました。

参加団体も控え室のモニターで上演を観る事が出来るので、これも劇王のひとつの楽しみでもあります。

 

シアターねこの真っ黒な舞台が、各劇団の時間毎に、まるで魔法にかかったかのように姿を変えて行きます。

それはたった20分間の魔法。

でも、その観劇の刺激は、数日経った今もまだ脳裏に焼き付いています。

もしかしたら私は魔法の粉を持って帰って来てしまったのかもしれません。

 

 

「演劇は風に書かれた文字」

有名な言葉ですね。

 

 

でも最近思うんです。これ、上演した側の考え方じゃね?って。

結構、観た側には残り続けるんだよなって。

今日なんかも、劇王で上演されたunitout玉井さんの作品「櫛と剣」の、役者さんの切ない表情や美しい殺陣が蘇ってきて、ジーンて来てました。

他にも脳内反芻している作品は多数です。

昔々、15年程前に観た青年座の「MOTHER〜君わらひたまふことなかれ〜」とか、ずっと感動が残ってますし。

 

お芝居する側と観る側。

その2つには舞台と客席という境目があって、リアルタイムではどうしてもすぐに交われないものがあったりする、言葉や題材が難しいとか、あるいは様々な技量不足で。

でも、ゆっくり考えてる内に、あって気がついて、なるほどな~って感心して。

そうやって、いずれ作品は、創り手と受け手の間で交じり合い反応する。

その時に演劇は本当の完成を迎えるのかもしれない。

 

 

劇王はその場で投票するものなので、その場で一番響いた作品が票を勝ち取り王に輝きます。

結果としてはそれが記録される訳ですが、でも、それだけじゃない。

どこかの誰かの脳内で、作品は記憶に残る。残り続ける。

それはそれは素敵な事だなと思います。

私たちの作品も、そうであればいいなと思ったりしてます。

 

 

ちなみに、記録にはもちろん、記憶にも色濃く残った高知の劇団「シャカ力」の作品「槍隊FORDIE」が今年の劇王に輝きました。

次のステージ、神奈川でも健闘を祈ります、YOU CAN FLY!!!

 

またおいおい、公演の際の写真もギャラリーに掲載していきますのでお楽しみに。

それでは、また次の舞台のお知らせをお待ちくださいませ。

image

劇王まで一週間2016/01/10

S__67010562

美容室で黒染めをしたらタオルが黒く染まります。

 

もはや黒いタオルを買うしか無いです。これも芝居のためですね。

 

ここ数年、芝居に合わせて髪型が決まっていく清水です。

 

 

我々がずっと目標にしてきました劇王Ⅳが、いよいよ次の週末に迫ってきました。

 

忘年会で上演した作品をブラッシュアップし、しすぎてもはや別物になった作品を上演します。

 

シアターねこでの、劇王のステージはどんな反応が返ってくるのでしょうか。

怖くもあり楽しみでもあります。

 

私にとっては2年ぶりの劇王。

今年は松山城見物して帰る2日目にしたくはない(泣)

 

 

 

さて。

劇王が終わったら劇団まんまるはホーム徳島で徳島演劇ネットワーク合同公演に参加します。

 

「オールザッツ演劇」

 

〜徳島演劇ネットワークとは〜

徳島の演劇団体・演劇人が集結し、地元の演劇環境の向上を目的に設立した団体です。

 

30年以上の歴史を誇る老舗劇団「テアータ’80」から、大学生の演劇部などなど県内のアマチュア劇団が揃い踏み、今回はオムニバス形式で団体別に上演、それぞれの持ち味を楽しめる公演です。

 

劇団まんまるは、夏に本公演で上演した「アイ」、香川のカブフェスで上演した「IN」の2本を再演します!

 

詳しくはFBのイベントページをご覧ください!

あけましておめでとうございます。2016/01/02

image

 

忘年会(第2回本公演の方です)が終わったかと思えば2016年が駆け足でやって来ました。

 

広報清水です。

あけましておめでとうございますm(*´_ _)m

2016年も、真剣に遊びながらお芝居に打ち込みたいと思ってますので、もどうぞよろしくお願い致します!

 

今年も劇団まんまる、公演に向けて動き出しております。

 

まずはコレですよね!

 

まんまる結成のきっかけとなったあの「四国劇王」

 

今年は、今年こそは雪辱を…!!!

四国劇王Ⅲ

 

さて、そんな鼻息荒いまんまるを一緒に盛り上げてくれる劇団員を現在募集しています。

 

興味と自信のある方はぜひ、前回の代表ブログや公演の記録であるギャラリーも参考にして下さい、そして勇気を持ってお問い合わせを!

 

いよいよ・・・2015/12/26

広報清水です。

いよいよこの日がやって来ました。

26日(土)、

劇団まんまる第2回公演の幕が上がります!

 

気になる演目を写真と共にご覧下さい!

 

①『元気でいるか?街には慣れたか?』
作・演出 杉本誠一
出演 中西一斗 西内捺美 玉木葉輔 矢野剛士 高下徹士
杉本誠一 小川真弘 丸山裕介 清水宏香 新居美奈子

IMG_2038

 

 

②『六文銭』(11月高知県蛸蔵ラボvol.1上演作品)
作・演出 小川真弘
出演 小川真弘 中西一斗 高下徹士

IMG_1803

 

 

③『母の光』(四国劇王Ⅱ上演作品)
作・演出 佐々木慶(World Wide Works)
出演 World Wide Works

 

IMG_2075

 

 

④『VS』 作・演出 丸山裕介
劇団まんまる・World Wide Works共演作品

1448210652321

 

 

⑤『丼の底』 作・演出 丸山裕介
出演 杉本誠一 清水宏香 玉木葉輔

IMG_2074

 

それぞれの個性の火花が散る秀作揃いです。

こうご期待!!!

 

S__59105283

「劇団まんまる」夏のまんまる祭りに続いてお送りする第2弾は、”忘年会”
クリスマス直後のキュンと切ない心を笑顔で埋める多分1時間半!
僕達と一緒に2015年、締めくくりませんか?
今回は愛媛演劇界の雄 World Wide Worksとの初コラボッッッ!!
これは見逃せませんよおお!!!

【公演日】
2015年12月26日(土)
【場所】
徳島市シビックセンター多目的ホール
【時間】
13:00/17:00(開場は開演の30分前)

【チケット】
前売り:800円
当日:1000円
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=2629

 

四国四県制覇の日!蛸蔵ラボvol.1参戦2015/12/01

11月28日土曜日。
朝8時30分に稽古場に集合した劇団員7人は、レンタカーに大道具や衣装を詰め込み、いざ高知県に向かいました。

 

 

清水です。

先週末の蛸蔵ラボの思い出を綴ります。

 

 

今回の公演場所は高知県にある、蛸蔵という名前のキレイな真っ白い倉庫です。

IMG_1796
ここで行われる演劇イベント「蛸蔵ラボ」は、高知の演劇ネットワーク演会の企画で、今回が記念すべき第一回でした。
出演は公募により集まった県内外の劇団やユニット総勢10組、劇団設立1年未満の劇団まんまるもご縁で出演の機会を得、今回は小川真弘作「六文銭」を上演させていただきました!

 

C.T.T.松山での「病気」と今回と、小川作品が立て続けに県外でお披露目となっております。

 

ちなみに六文銭は本公演でもブラッシュアップを重ねて上演しますので、徳島の皆さんも楽しみにして下さいね!

 

 

本番同様の写真は都合で撮れませんでしたが、結構奇抜な衣装を着ける作品でした。(詳しくはギャラリーをご覧下さい)

しかし、それら無しの状態で行ったリハーサルでも笑いが十分に起きていたので、改めて小川作品の安定の面白さを実感しました。
もちろん本番は、ほぼ満員の会場で起きる爆笑、爆笑、また爆笑!私も、何度も稽古場で観た筈なのにいっぱい笑ってました。

IMG_1801

初日の出演者と記念撮影。高下さんのオーラが凄いですね、今回が2回めの舞台とは思えぬ貫禄です。
他の団体の演目も、それぞれの面白さがあって全く飽きませんでした!

 

 

ちなみに私は2日目は仕事の都合で観られなかったのですが、この日は既にチケットソールドアウトと聞いたので、更にお客さんが入っていたようです。

 

 

第一回の企画でソールドアウトですよ。

 

 

改めて、高知の演劇人の熱さに触れて、徳島でももっと何かせなあかんなぁと思ったぜよ。

 

 

劇団シャカ力さんも面白かったみたいです、観たかった!

観られない代わりに、懇親会で代表の行正さんと写真一緒に撮らせてもらいました。行正さんが抱っこしてるのは団員春菜さんの息子くんです。って書くとお二人夫婦みたいですが違います。
IMG_1806
ちなみに劇団まんまる、この蛸蔵ラボで四国四県制覇を果たしました!!!
今後も徳島にとどまらず、面白いものを広めに四国四県飛んでいきますよ〜!

 

 

ですが!
その前に本公演が待ってます!
いよいよ12月に突入、本番まで1ヶ月を切りました!
チケット好評販売中、お問い合わせは劇団員もしくはHPのコンタクトよりどうぞ!
1444655139700

10 / 11« Top...91011

2015 劇団まんまる All right reserve.