劇団まんまる

Theatrical Company
Manmaru

Blog

具体と抽象2019/04/22

今、この舞台に立っている人達は、
きっとこの舞台の幕が閉じて、少し休んだ後、
日常が戻って来ても、
或いは戻ってこなくても、
まだまだ長い間自分の好きなことや、
表現したいことを見つけて作ったり、
活動を続けていくんだろうなあ。

 

こんにちは安藤です。

 

いつか大きなビルを建てるまで。
次に演りたい芝居のため。
表現したいもののため。
色々あったけど、いま幸せだなって思えるまで。

 

 

大らかに皆がまとまっていて、
それぞれの役者さん、スタッフさんの熱量も感じられて、
最後はゆったりとした、でも芯の折れない母性のようなものに包まれながら、
緩やかに締まっていくあの感じ。

 

そう、何やかんやわちゃわちゃあった後の最後の締め方が好きでした。
終盤、夫婦二人での会話のシーンからは、丸山と清水さん家の食卓のような、
演劇人の二人だからこその空気感を感じたり。

 

遊び疲れ、動き疲れているけど話したい。
体は止まっているけど心は動いて、
空気は微動を続けるあの感じ。

 

一日中、または夜通し息を切らして、遊んだり動いたりした後、
山の向こうにふうっと顔を沈める、
海の向こうにぽっかりと顔を出す太陽のように、
青の薄くなった空の真上に、ひっそりと輝く月のように。

 

(鯖の頭の感想です。)

 

 

個人としての人にも、
集団としての全体にも段階やステージがあって、
今日まで色々ガツっとやってきたから、今の自分や集団があって、
やがて次のステージがやってきます。

 

人の心のフックに引っ掛かるって何でしょう。
それ以前に、自分の好きなことや、好きな時間って何でしょう。
作り出すには寝かせておく時間も必要だし、
動き出した後には一気に手を進めることも多いです。

 

表現。
頭を、心を動かすこと。
肌で感じたこと。
呼吸。

 

 

自分はそれを心から好きなのか、嫌いなのか、
今、それは本当に面白いのか。
カッコいいのか、カッコ悪いのか。
綺麗なのか汚いのか。
カッコ悪くて汚いけど、あえてそれがいいのか。
丁寧にまとめておくのか、雑に置いておくのか。

 

いつも考えます。
自分の好きなこと、やりたいこと、表現について。
ひとつのことを進めながら、そのひとつを終える前に、
次にやりたいものが見えてきます。

 

 

「旅」と「時間」をテーマに写真を撮ってきました。
ここ数年はずっと同じ、変わらないものでした。
今年に入って、そこにもう一つ、
「跡」というテーマが加わりました。

 

その辺を頭の片隅に置いて、
安藤の撮った写真を見返して頂けると、
また変わった見方が生まれるかもしれません。

 

そして、次の新しいイメージに向かって、
もう既に歩き始めています。
行きたい場所、会いたい人、撮りたい人と風景。
尽きることはありません。

 

写して残したい。
まんまるも次に進みますよね。

 

それでは、また。

 

https://www.andotoru.com

 

Related Post

2015 劇団まんまる All right reserve.